高齢盲導犬 ずっと一緒に
      2010 / 04 / 18 ( Sun )
      昨日の早朝、車に積もった雪を払いながら、
      冬眠明けの生き物たちは、たまったものじゃないだろうなぁ
      と心配になりました。
      道ばたの花もうなだれてとても寒そうに見え。
      23日あたりからまた寒さが戻ってくるとか。
      おおーい、春よいずこに??

      さて、4/16の読売新聞朝刊に、「高齢盲導犬 ずっと一緒に」
      との見出しで、引退した後も老後を使用者宅で過ごすことに
      なった盲導犬が取り上げられていました。

      盲導犬は引退後、訓練所へ戻り、繁殖元のブリーダー、子犬時代
      を過ごしたパピーウォーカー宅、引退犬飼育ボランティア宅
      、引退盲導犬のための施設のいずれかで余生を送るケースが
      ほとんどのようです。

      今回のように、引退後、盲導犬ユーザーが自分の「愛犬」として
      手元に置くケースは珍しいといえます。
      引退した盲導犬をユーザーさんが引き受けた場合、次の盲導犬は
      貸与されません。

      新たな盲導犬との生活を諦め、再び白杖で歩く覚悟を決める。
      日常生活を支えるパートナーのいない不便と老後の介護。

      それがユーザーの方とご家族にとってどれほど大きな決断
      であるか・・・・。

      ちなみにこちらは引退したパートナーを引き取った、
      あるユーザーさんが書かれた本。

      ずっと一緒に―盲導犬が老いたとき
      田中 真由美
      ぶんか社
      売り上げランキング: 94777



      リタイア犬が年老いて寝たきりになった場合、介護を手伝って
      くれるボランティアのサポートがあれば、ずいぶんユーザーさんの
      心身の負担が軽減できることでしょう。
      (ちなみに、盲導犬は、選択繁殖の徹底が背景にあってか?
       平均的に長寿傾向にあるようです。)

      寝たきりの大型犬の介護には、相当「気力・体力」を要します。

      引退犬飼育ボランティアに関心はあるものの、状況的に
      難しいという方々が交代でユーザー宅での介護アシスト
      ボランティアをするというのはいかがでしょう?

      なんて、つらつら考えながらハッと思い出しました。

      そうです、TWの寄付プロジェクト!

      (ブログで紹介した書籍のアフィリエイトフィーを北海道
       盲導犬協会の老犬ホームに寄付するという計画)

      アフィリエイト報酬、本日現在0円なり。

      アクセスや紹介本の件数を考えれば当然の結果。

      今更ですが、本日当ブログのサイドバーにオススメ本を表示
      してみました。

      でも、どだい今のTWの状況では目標額に到達することは
      至難の技です。いっそ、6月の代々木公園で開催される
      フリーマーケットに出店して寄付金を調達する方が
      一番確実かも...。うん、そうだ、そうしよう!

      ということで、6月のフリマに参加してみようと思います。

      売り上げをあげて、収益の一部を寄付に回せるように
      なる日を目指して!


      (おまけ)

       今、一番観たい映画はコチラ!(動物関連ではありません)

      「オーケストラ!」
      100205_orchestra_main_convert_20100419021643.jpg
      かつてロシア・ボリショイ交響楽団で活躍していた元指揮者と楽団員
      たちの驚くべき計画とは?

      クラシック好きな方、いざシネスイッチ銀座or
      ル・シネマ(渋谷)へGO!
      ※シネスイッチでは、金曜がレディースデイ。
       女性は900円で鑑賞できます。

      公式サイトで予告トレーラーがご覧になれます。
      (サイトはダウンロードにちょっと時間がかかります)

      私の映画センサーがピコピコ反応中。
      これは必ず映画館で観るべし!な一本(多分)

      オーケストラ! 公式サイト
      23 : 17 : 39 | TW 寄付プログラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
      北海道盲導犬協会 老犬ホームより
      2009 / 09 / 10 ( Thu )
      先日、北海道盲導犬協会の老犬ホームで犬達のお世話を
      されている方よりお便りをいただきました。
      老犬ホームの様子が紹介されていますので、皆様にも
      ご紹介させていただきますね。

      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      前略 この度は、盲導犬育成事業にご理解いただきまして
      ありがとうございました。
      お電話いただきとても嬉しかったですし、感謝しております。
      期待にこたえられるようにこれからも仕事がんばっていきたいと
      思っています。
      老犬ホームはたまたま仕事を終えた犬達を最期まで看ていますが、
      心ある飼育者の方はみな、ご自宅で介護をされ、見届けている事だと
      思います。特別だとは思っておりませんが、たくさんの方に応援され
      励まされ、温かいお言葉をいただいて私達は日々頑張ることが
      できています。
      今回は、ご協力いただきまして本当にありがとうございました。
      機会がございましたら、是非、協会に見学にお越しくださいませ。
      少しですが、ホームの様子をお知らせしたいと思います。

      老犬ホーム全景
      CIMG0252_convert_20090907115431.jpg


      CIMG0259_convert_20090907115541.jpg


      皆さまの温かいご支援、励ましのお言葉に心から感謝申し上げます。
      犬達が元気なのは皆様のお陰です。
      どうぞこれからも温かく見守っていただきましたら幸いに存じます。

      時節柄、くれぐれもお身体に気を付けてお過ごしください。
      この度は、ありがとうございました。

                                        草々

       
      さようなら。
      CIMG0253_convert_20090907115621.jpg


      ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      同封いただいた「協会だより」には、引退した盲導犬をご家庭に迎えら
      れた老犬飼育ボランティアの方のお話も掲載されていました。
      引退犬の多くは、よいご縁に恵まれ札幌市内および近郊にお住まいの
      飼育ボランティアさんの家庭に迎え入れられているようです。

      また、同協会では、盲導犬の育成を資金面から継続して応援する
      「サポート会員制度」もあるようです。

      子犬サポート会員: 年会費  3,000円~
      老犬サポート会員: 年会費  5,000円~
      盲導犬サポート会員:年会費 10,000円~

      財団法人 北海道盲導犬協会 ℡ 011-582-8222

      ご参考までに^^

      13 : 13 : 10 | TW 寄付プログラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
      TEAM WILL寄付プログラムについて
      2009 / 08 / 30 ( Sun )
      このたび当ブログでAmazonアフィリエイトプログラムを開始
      することといたしました。
      ブログで紹介する犬関連の書籍やDVD等を、ブログを通じ
      Amazonで購入いただいた場合、ご購入代金の3.5%~8%
      が紹介手数料としてTEAM WILLに支払われる仕組みです。

      そして、この紹介手数料全額を毎年年1回(原則8月末)
      引退した盲導犬のための老犬ホームを運営する財団法人
      北海道盲導犬協会に一括寄付させていただきます。
      (寄付金額等についてはこちらのブログでご報告いたします)

      同協会は、1970年より盲導犬の育成を開始し、8年後の
      1978年には世界初の盲導犬の老犬ホームを完成させました。
      (ちなみに先日ブログでご紹介した「老犬介護用持ち手付
      食器」は同協会の開発協力商品です)

      09年8月末現在、40頭の引退盲導犬のうち、36頭が一般
      家庭に引き取られ、同協会の老犬ホームで余生を送る
      引退犬は4頭とのことでした。

      財団法人北海道盲導犬協会のホームページ
      ミーナの玉手箱
      ※老犬ホームのページ「RETIRED DOGS」は内容が一部
       古いため現在リンクが飛ばないようになっているそうです。

      ちなみにホームページ名の「ミーナ」とは、北海道盲導犬
      協会から誕生した第1号盲導犬ミーナ号に由来しています。

      余談ですが、日本トイザらスでは、同協会の老犬ホームへの
      サポートの一環として、盲導犬をモチーフにしたオリジナルの
      ぬいぐるみを制作し、「ミーナ」と名付けて全国の店舗で販売
      しています。
      ミーナの売上の一部は、老犬ホームをサポートする資金として
      北海道盲導犬協会に寄付されます。

      日本トイザらス株式会社ホームページ

      日本トイザらス ニュースリリース

      img_foundation_01.jpg
      右:Lサイズ(おすわり型) 2,999円(税別)
      左:Sサイズ(寝そべり型)  999円(税別)
      背中には取り外し可能なハーネスが付いています。
      お子さんや、お孫さんへのプレゼントに喜ばれそうですね♪

      TEAM WILLがどれだけの貢献ができるのかはわかりません
      が将来的には、紹介手数料総額と同額をTWが上乗せして
      寄付する「マッチングギフト制度」的要素を取り入れられたら
      いいなぁ!などと構想をふくらませています。

      はは、夢は大きく!です^^

      ですが、まずは、身の丈に合った方法でコツコツ地道に
      まいるとしましょう。

      以上、趣旨ご理解いただけますと大変幸いです。
      どうぞよろしくお願い申し上げます。
      23 : 53 : 55 | TW 寄付プログラム | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
      <<前のページ | ホーム |