FC2ブログ
      せつない
      2016 / 11 / 13 ( Sun )
      昨日、デイケア組のKちゃんと近くの商店街を歩いていますと、
      彼がお父さんとこの界隈をお散歩していた頃からの昔馴染みの方々より
      次々お声がけいただきました。

      (Kちゃんは、このお近くで10年間お父さんと暮らしていましたが、
      4年ほど前にお引越し)

      懐かしい面々との再会を喜んでいる最中、Kちゃんがハッ!!と何かに
      吸い寄せられるように視線を向けたのがわかりました。

      最初、お散歩中のワンちゃんでも来たかな?と視線を追うと
      スラリと長身でサングラスを召された男性が歩いていらっしゃるのが
      見えました。

      Kちゃんは、男性が通り過ぎた後も、じいっと後ろ姿を見送っていました。


      そばにいらした昔馴染みMさんも、合点がいった表情でした。

      そして優しく、なだめるように、おっしゃいました。



      「Kちゃん、お父さんは、もういないのよ・・・・・。」



      私はなんともいえない気持ちで、その言葉を聞いていました。


      でも、おそらくKちゃんはわかっている。
      お父さんとは、もう会えないことを。
      私は内心、そう思っていました。

      きっと、私たちと同じだ。
      亡き最愛の存在とよく似た面影を持つ相手に
      つい見入ってしまう私たちと同じ、と。

      いや、そう思いたかったのかなぁ・・・。


      夕方のお散歩終盤。

      Kちゃんは、迷わず前のおうちにスタスタスタ。
      お父さんと10年間暮らしたおうちの階段をタターッとあがって
      入る!と動きません。

      そのことを、現在のママ(お父さんお嬢様)にご報告しますと
      ママさんがぽつりおっしゃいました。

      「あそこに行けば、父に会えると思っているのかしら・・・。」


      なんともいえない切なさが、こみ上げました。

      私たちには、本当のところはわかりません。

      でも、できるならKちゃんが淡い期待感からではなく、
      長年の習慣で足を向けているのであれば、どんなにいいかなぁ・・・・と
      思ってしまいます。

      おうちの入り口前で、頑として動かないKちゃんに心の中で
      語りかけていました。

      (お父さんは、ここにはいらっしゃらないんだよ・・・・・。)


      しばし無言の押し問答の末、やっと諦めたKちゃんがとぼとぼ
      階段を下りてきてくれました。


      もしこの光景をお父さんもご覧になっているとしたら、
      それもまたせつないなぁ・・・・と思った夕方。
      11 : 33 : 29 | つぶやき | page top
      愛犬のイラストに思う
      2016 / 11 / 11 ( Fri )
      最近、愛犬のイラストを描いていただく機会がありました。

      さすがプロ!な素敵な出来栄え♪♪

      でも、一点違和感を感じた点がありました。

      それは「目」でした。

      お写真に忠実に描いてくださっているのに、なぜ違和感を感じるのだろう・・・。

      しばらく考えて、はっと思い至りました。

      そうか、目に生気が感じられないんだ・・・。

      既に他界している子なだけに、せめてイラストではイキイキした
      雰囲気を・・・とどこかで期待していたのかもしれません。

      あらかじめ、こちらの要望をイラストレーターさんにお伝えできれば
      よかったのかもしれませんね。

      描いていただいたイラストを知人と眺めていたときに、
      目をすべて黒く塗りつぶすのではなく、ほんの少しでも瞳に
      薄い箇所を残していただけたら受ける印象が違ったかな?と
      私見を伝えると、その方はおっしゃいました。

      「それは、私たち(素人)が言うことではないから。」


      そうか、そうだよな・・・・。
      プロの方が心を込めて描いてくださった作品に素人が口を
      挟むなんてどだい失礼なことだよなぁ・・・・。
      プロの眼でご覧になり、よかれと思ってそのように仕上げてくださったに
      違いないのです。
      それを、絵のことは何もわからぬ素人が思いつきで
      口を出すことではない。そう納得しました。


      でもその後しばらく経って、こう思うようになりました。


      依頼主である家族が受けた率直な印象・感想の
      フィードバックをサービス提供者が得られることは
      けっして益無いことではないのでは・・・と。

      これはイラストに限らず、サービス全般に言えること。
      美容サービスであれ、私のようなホテル業であれ、動物医療であれきっと然り。

      「自分の思い、気持ちを汲んでいただけている。」

      家族がそう感じられることが、信頼感・安心感に繋がるのでは
      ないかなぁ・・・とイチ飼い主目線で思う昨今。



      ゆえに私は自問自答せずにはいられません。

      よかれと思いつつ、ひとりよがりのサービスになってなっていないか、
      ご家族の気持ちをしっかり汲んだ対応ができているか 等々...
      とはいえ、自分のフィルターを通している限り、実際のところ
      そこまで拾いきれているのか不安感はぬぐえません。

      ですから、TWをご利用くださるお客様がたには、忌憚ない感想を
      お知らせいただきたいのです。
      送迎やトリミングサービスなど、現行対応できないことには
      ただただごめんなさい(>_<)ですが、その他のサービスについて
      うちの子にはこの点をもっと気にして、こうしてもらえたらより
      安心できたかも・・・といったご意見、心から大歓迎です!!

      当ブログでも何度も書いておりますが、
      「クレーマーと思われないかしら??」などという杞憂はまったく
      不要です。


      厚かましいお願いではありますが、
      チームウィルのサービス向上のため、何かお気づきの点がありましたら、
      遠慮なくフィードバックいただけますと幸いです。

      みなさまご協力よろしくお願い申し上げますm(__)m


      (おまけ)

      ちなみに何年か前、あるイラストレーターさんに
      名刺用にベリーとゴンの2ショットのイラストを描いていただきました。

      BerryandGonta.png
      こちらがモデルとなったお写真。




      TEAM WILL様ご依頼品 (1)
      最初に出来上がったイラストがこちら。

      私の希望した「ふんわり優しい」イメージにはどうしても感じられず、
      もう少し柔らかい雰囲気に、と再度お願いしました。






      修正版
      そうして描いていただけたのがコチラ。


      結局描き直しをしていただいてしまい、恐縮しまくりの私に
      こんなお言葉をくださいました。

      「こちらもご家族に喜んでいただけるイラストにしたいので
       まったく大丈夫です!!」

      先様の気持ちが、本当にありがたかったです・・・・。




      foodpic7347487.jpg
      そして現在の名刺。


      本当は、名刺もポスターやHPに登場するTWのマスコット犬で
      統一するのがベストだと、デザインのプロの方よりアドバイスいただきました。

      でも、結局変更せずじまい。
      イラストレーターさんが、こちらの気持ちを汲んで描いてくださった
      二人のイラストですものね^^




      (おまけ)
      BerryandGonta.jpg
      こちらは自作。


      ・・・・お、お絵かきは上手下手ではなく、
      要は気持ちですよね、気持ち、うん!


      13 : 39 : 22 | つぶやき | page top
      2016 / 11 / 10 ( Thu )
      きのう、たい焼きの差し入れをお客様よりいただきました。

      久しぶりに目にするたい焼きを眺めながら、ふと思い出しました。
      母校の近くに、有名なたい焼き屋さんがあったっけな、と。
      確かしっぽまで餡がぎっしり詰まっていたような・・・・。
      でもはっきりした記憶は残っておらず。

      一方で、卒業以来はじめて、なのにありありと鮮明に
      よみがえった光景があります。

      ちょっと厳しめなランガー先生(ドイツ人)が、顔をくしゃくしゃにして
      声をあげて笑っておられた姿と、先生をいつも笑わせる張本人を名指しする声。

      “Herr Mihara!(ミハラさん)”

      先生が彼の名を呼ぶたび、教室内からくすくす声が。

      厳しいランガー先生に、時にたどたどしいドイツ語で
      ひるまずモノ申すこともあったこの愛すべき学生を、
      先生も可愛くおもっていらしたことをクラスメートは皆知っていました。

      ランガー先生とミハラ君のどちらも真剣なのにどこか可笑しいやりとりに、
      しーんとしていた教室にどっと笑いが響くこともままありました。


      ちなみに我がドイツ語学科には「三匹の熊」がいました。

      小柄で可愛いMiyukiちゃんは「子熊」で
      私が「白熊」
      そしてこのミハラ君は「汚い熊」(!)

      そういって笑う親友Y君に、なんでオレだけ!!と顔を赤らめ抗議していた
      ミハラ君の姿を思い出します。


      最高のムードメーカーのミハラ君は、
      クラスメートのみんなに好かれました。
      いじり、いじられ、みんなで笑って、楽しかった。




      昨日、学生時代からの友人経由で、ミハラ君の突然の
      訃報を知りました。

      海外出張先にて、蚊が媒介する伝染病に感染して、と聞きました。


      私が最後にミハラ君に会ったのは、卒業して2年ほど経った頃でしょうか。
      本当に偶然、愛知県内のレストランでばったり!!
      商社マンらしく、スーツに身を包んではいましたが、
      人懐こい笑顔と温和なクマさんのような雰囲気は変わらずでした。
      やっぱりそのときもお友達と一緒で楽しそうだった。
      わらっていました。


      笑顔の彼しか、思い出せません。
      だからお別れは、みんなで集ってあーだこーだ思い出話に花を咲かせ、
      笑って涙するほうが、彼もよろこんでくれる気がするのです。

      11 : 46 : 00 | つぶやき | page top
      「バラが咲いた」におもう
      2016 / 09 / 23 ( Fri )
      お恥ずかしながら、私は歌謡曲は本当に疎いです・・・。

      有名な「バラが咲いた」という歌も、覚えているのは冒頭部分のみ。

      で、今日はじめてラジオで全曲とおしで聴いたのですが。

      かなり意味合いの深い歌だったんだなぁ・・・と。


      バラが咲いた バラが咲いた 真赤なバラが
      淋しかったぼくの庭にバラが咲いた
      たったひとつ咲いたバラ 
      小さなバラで淋しかったぼくの庭が明るくなった

      バラよ バラよ 小さなバラ
      そのままでそこに咲いてておくれ
      バラが咲いたバラが咲いた 
      真赤なバラで淋しかったぼくの庭が明るくなった

      バラが散った バラが散った
      いつの間にかぼくの庭は前のように淋しくなった
      ぼくの庭のバラは散ってしまったけれど
      淋しかったぼくの心にバラが咲いた
      バラよ バラよ 心のバラ
      いつまでもここで咲いてておくれ
      バラが咲いたバラが咲いた
      ぼくの心にいつまでも散らない真赤なバラが





      「自分が愛した存在は、色褪せることなく心の中でずっと輝き生き続ける。」


      そんなメッセージ(いや宣誓かな?)を私は(勝手に)受け取りました。


      学生時代に教わった、フランスの実存哲学者
      ガブリエル・マルセルの次の言葉がふと思い出されました。


       人を愛するとは、
       『いとしい人、あなたは決して死ぬことはありません』 と言うことである



      教えてくださった先生によれば、愛する者の「永生」を確信することが
      相手への誠実さなのだとマルセルは捉えていたようですが、
      キリスト教(おそらくカソリック)信者のマルセルのいう「永生」とは
      意味合いが異なれども、相手の心の中で生き続けることもまた
      一つの「永生」といえるのではないかなぁ・・・・。

       『いとしい人、あなたは決して死ぬことはありません』

      たしかに最強の愛のコトバですよね・・・。


      14358845_292677891117052_6018496693012923549_n.jpg
      赤いバラならぬ赤い曼珠沙華@夕方の東大




      14449895_292677934450381_706196090004269287_n.jpg
      あんど、赤いレインコートの男子。




      14424956_292651474453027_5875728166319375214_o.jpg



      14446147_292651504453024_303798457735161700_n.jpg



      14449741_292651447786363_9183387306180010349_n.jpg
      濡れちゃってごめんね




      (おまけ)

      _aa20.jpg
      2010年9月22日撮影


      6年前の昨日は中秋の名月。
      牧場でベリーと眺めたのでした。

      額に葉っぱをつけたベリーがかわいくて
      「どろん♪」なんて冗談を言って笑いましたが、
      その10日後に本当に私の前からどろんするとは
      このときは夢にも思っていませんでした。
      この日、すでに暗くなってからの牧場詣ででしたので、
      当初ベリーを同伴するか躊躇しましたが、
      彼の大好きな場所に連れていってあげることができ
      本当によかったです。

      23 : 32 : 21 | つぶやき | page top
      憶ふ
      2016 / 09 / 16 ( Fri )
      ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)氏の長男、一雄さんが
      著された父への思慕にあふれた著書(現在絶版)より。

      八雲氏は、一雄さんがまだ10歳の時に突然ご自宅で急逝されたことを
      はじめて知りました。
      ご自身もそう長く一緒にいられないことに、うすうす勘付かれていらした
      ようで、長男の一雄さんを厳しく(特に勉学面で)教育されていたそうです。

      一雄さんの手記から一部ご紹介します。
      とりわけ末尾の一節に、私は心から同感します。



      誰か大事な存在が亡くなった時、
      その肉体はもうどうやっても取り戻すことができませんが、
      その誰かが灰になった後も、面影は残された人のそばを去らず、
      世界中にゆるやかに広がっていくものだということを
      語りかけているように思います。

      それは、そっくりな誰かに出会うということとは別の
      (そうそういるものではありません)、もっとかすかな、
      しかし、どこにいても、同じ生き物でなくても、もしかしたら、
      ただ、音や色のようなものでも、面影がよぎって懐かしい。そういう感覚です。

      そして、それがある限り、ある意味永遠に悲しいのですが、
      しかし、誰も愛していないという寒々しい孤独からは、
      包まれて守られ続けるのです。

                     小泉 一雄著 『父「八雲」を憶ふ』 より


      kobushi.jpg


      16 : 52 : 57 | つぶやき | page top
      <<前のページ | ホーム | 次のページ>>