都内でもご注意あれ!東洋眼虫
      2016 / 01 / 14 ( Thu )
      foodpic6697923.jpg
      昨夜、フィンちゃんはいつものように私と一緒にぐっすりこん♪




      そして今朝、目覚めてべっくらしました。

      foodpic6697922.jpg
      私の足元に、いつのまにかオラまでジョイン!!


      この狭いソファーベッドに、よく三人で寝ていられたなぁ・・・・・。

      (ちなみにホテルのソファーベッドは、二つともこちらの「スイミー」です。)





      foodpic6697925.jpg
      1時間後。




      foodpic6697928.jpg
      更にその1時間後。



      新年も、やっぱり密着度の高いフィンベニ組でありますw。





      foodpic6697921.jpg
      余談ですが、ちょいと思い立ち、ここしばらく
      PC作業中はバランスボールを椅子代わりにしているのですが。





      foodpic6697931.jpg
      なぜかフィンちゃんがお付き合いしてくれます。





      foodpic6697929.jpg
      もれなく「前足ぽむ!」つきでw。

      昨夜も私がメール返信を終え就寝するまで、こうして待ってくれていました

      と、いう自慢。






      foodpic6688638_20160114161550542.jpg
      そうそう、実はフィンちゃんママからオラ用にと、タイガーバームの
      天然虫除けスプレーを昨年末にお譲りいただいたのでした!
      (ママさん、いつも本当にどうもありがとうございます





      foodpic6688636_201601141615519e1.jpg
      実はモフ男くん、なんと・・・・・・

      左目に虫を飼っておりました


      昨年11月頃、左目に目ヤニが出始め、いろいろ目薬を試しましたが
      改善見られず・・・・。
      IMGP9517_201601112040442a1.jpg
      夜寝る前に点眼しても、朝起きるとこんな事態に・・・・。




      結論から申せば、
      なんと「東洋眼虫」という寄生虫に感染しておりました!

      獣医さんによれば、東洋眼虫の感染報告は西日本に多く、
      関東、しかも都内ではほとんど聞いたことがない、と大変驚かれました。

      東洋眼虫の幼虫を潜ませたショウジョウバエの一種「通称メマトイ」が
      どこかでモフ男の涙液を吸った時に、眼虫の幼虫がオラの目に入り、
      3~5週間かけて成虫になった模様です。

      獣医さんが摘出くださった成虫を拝見しましたが・・・
      白い極細の糸ミミズといったところでせうか・・・・・
      (気になる方は、「東洋眼虫」で画像をググってみてください。)

      点眼麻酔(局所麻酔)をし、一匹一匹ピンセットで取っていくわけですが、
      嫌がって動いてしまう子は、やむなく鎮静または全身麻酔で処置することに
      なるそうです・・・・。(オラは幸い局所麻酔のみでいけました)

      摘出後(計4匹いました)、念入りに目を消毒薬で洗浄いただき、
      1週間弱「タリビット(抗菌点眼薬)」を点眼したのちに、
      結膜の充血もすっかり引き、元通りの目に無事戻りました!



      foodpic6688640_20160114161549c84.jpg
      せんせ、ありがとでしたー!!  by オラ


      東洋眼虫は、どうも目ヤニが多いなぁ、充血しているなぁ・・・・というのが初期症状で、
      症状が進むと、オラのように結膜炎や、場合によっては視力の悪化も伴うそうです。


      頑固な目やにの原因が眼虫の仕業と判明する前は、
      「ぶどう膜炎」「強膜炎」はたまた「鼻腔内腫瘍」の可能性もちらっと示唆
      されていたため、

      「眼虫でよかったー!!!」というのが正直なところでした。


      が、問題は感染場所の特定です。


      仮にお散歩ルートが感染源だった場合、再感染の可能性は高いでしょう。
      東洋眼虫はフィラリアなどと異なり、重篤な影響を及ぼさないとされますが、
      やっぱり避けたい。
      全力で避けたい!



      翌日ホテル近くの別の動物病院でも念のため目をチェックいただいたところ、
      驚愕の事実を知りました。

      そちらの病院では、4年前から述べ4頭も
      東洋眼虫に感染した患犬を診察されているのだそうです!

      全頭しっかりフィラリア予防をされており、
      駒場東大近辺に住み、
      黒い毛色の子・・・と。

      中には、翌年も感染した子がいるそうで。


      ぐげげげーっ!!



      ソッコーで目黒寄生虫館に電話をして確認しました。
      ※目黒寄生虫館は寄生虫を専門に扱った世界でも唯一の研究博物館で、
       平成25年にアジア獣医師会連合大会にて、「東京都におけるイヌとネコの
       東洋眼虫寄生状況と中間宿主メマトイ類の調査」を発表しておられます。


      調査・発表を担当された研究員の方に伺ったところ、
      発表された「東京都内のイヌにおける東洋眼虫の寄生状況 4.0%」とは、
      都内で野犬として収容された犬におけるデータであり、家庭犬は含まれないこと。
      感染した犬の捕獲場所は「八王子市内」「羽田空港近くの空き地」等で
      目黒近郊ではなし。
      また、目黒区内における感染報告は感知していない、とのことでした。

      メマトイは、通常は樹液を吸うもので、自然の多い場所に出現しやすいと。
      (水辺の有無は問わず)

      モフ男くんの感染場所として考えられるのは以下5か所。

      (1)駒場東大内
      (2)駒場野公園内
      (3)東大リサーチキャンパス内
      (4)代々木公園内
      (5)実家近くの空き地

      個人的には、(1)~(3)の可能性が高い気がしております。

      モフ男くんの眼虫を摘出くださった獣医さん情報によれば、
      今春から、全国規模で東洋眼虫の感染調査が実施される予定とか。
      東大の先生が中心となって調査指揮をお取りになるようですので、

      まずはぜひ、お膝元の駒場キャンパス周辺から
      調査をスタートさせていただけないものかと!!




      というわけで、まだ感染場所は確定されていませんが、

      念の為「駒場池」には立ち入らない。

      メマトイが出現するシーズン中は、目を保護するゴーグルを着用&
      虫除けスプレーをモフ男くんのバンダナや首輪にスプレーするなどの
      自衛策が必須だと感じています。

      なんでも、メマトイにはハッカスプレーが効くそうですが、
      効果が持続しないのが難点だとか。

      北見ハッカ通商 ハッカ油ビン 10ml スプレー




      夏場のよるんぽは、日が沈んだ後となりますが、
      木々の多い場所ではなく、住宅街をメインコースにすることも検討中です。

      暖冬の影響で、今年はメマトイの出現が例年より早い可能性大。

      メッシュのゴーグルを早めに手配しておこうと思います。
      犬用ゴーグルで知られるドグルスでもメッシュタイプがあるようですね。

      P1017634.jpg
      photo from modern dog




      ドグルスのサングラスは一応持ってはいるのですが、
      オラは苦手ですぐ外そうとします
      sun protecter
      視界が狭いことを嫌って、生垣などに頭をこすりつけて
      ずらしてしまいがち・・・・。
      それに私が気づかず、東大をお散歩中、犬好きの警備員の方に
      「ずれちゃってるよー!笑」とお知らせいただいたことも何度か・・・・(汗)



      そのようなこともあり、今年はメマトイ予防に主眼を置き、
      試しにメッシュタイプに変えてみようと思います。
      (あんどタイガーバームの虫除けスプレーで!)


      というわけで、都心にお住まいの皆さまも、
      念のためメマトイにはお気を付けくださいませね。

      (愛犬が黒い毛色または鷹揚な性格だったりシニアの子は特に!!)


      以上、オラの東洋眼虫注意報!?でした。



      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村
      paw red

      18 : 45 : 11 | 犬の病気関連 | page top
      | ホーム |