ノーリードと東大おさんぽ大好き隊のおはなし
      2016 / 01 / 09 ( Sat )
      今年はじめてのお野菜便。(すべて無農薬)
      foodpic6686465.jpg
      ほうれん草、ルッコラ、水菜、春菊、花菜、金時にんじん、聖護院大根♪

      「次回は1月22日お届けです。
       暖冬で色んな作物が大きく育ち過ぎてきていますので、
       たくさん食べてください。よろしくお願いいたします。」と、生産者の荒牧さん

      はい、喜んでー

      荒牧さんは、京都は京丹波町で無農薬野菜作りに励んでおられる生産者の方で、
       「食」への革新的な取り組みが評価され、2015年の「ザ・ハーヴェスター(※)」
      (主催:東京ハーヴェスト実行委員会)に選ばれました。
      ※「ザ・ハーヴェスター」を受賞できるのは、全国で20人のみ。

      荒牧さんのお野菜定期便は、7~8種の無農薬野菜が送料&税込で2,000円と
      良心的なお値段でもありますので、駒場界隈にお住まいの方で、
      安心なお野菜をお求めの方にはお勧めです。(お届けは月2回)
      (自宅配送ではなく、毎回上原のkosmos lane marketさんに受け取りに
       行かなくてはいけませんが)




      foodpic6686466.jpg
      ちなみにこちら、ちょうど1ヶ月前に届いたお野菜たち。

      うむ、確かにすくすく育ってる気がする。

      特に大根とにんじんがw。

      次回の便も、とても楽しみです♪

      荒牧さん、本年も美味しいお野菜をよろしくお願い致しますm(__)m




      illust4171_thumb_20160109103848dfa.gif


      さて、今日の本題。


      「東大でノーリードのワンちゃんを見かけたので、
       飼い主さんにご注意しておきました。
       また東大が立ち入り禁止にでもなったら、本当に困りますもの・・・・。」

      と、お客様。



      昔からこの界隈にお住まいのこちらのお客様、
      過去に一度、駒場東大キャンパス内への犬の立ち入りが禁止された時期を
      実際にご経験されていました・・・・。

      今から15年以上前になるのでしょうか。
      ワンちゃんを連れて海外赴任からお戻りになり、従前のように東大にお散歩に
      向かわれると、門が閉鎖され「立ち入り禁止」となっていたそうです。

      それから数年後、再び門が開かれ、犬のお散歩をまた楽しむことができるように
      なって現在に至る、と。


      実は、私も以前東大でよくお目にかかるワン友さんからも次のようなお話を
      伺っておりました。

      昔、東大の野球グランドは「犬の社交場」と化していて、ノーリードで
      遊ばせている方々も少なくなかった。
      ところがある日、ウォーキング中のご高齢者にノーリードの犬が飛びつき、
      大けがをさせてしまう事件が起き、おおごとになってしまった。
      それを機に、それまで犬のお散歩を黙認してくださっていた大学側が
      「立ち入り禁止」措置を講じ、その状況が3~4年続いたように記憶している、と。


      近隣住民の陳情や大学関係者のとりなし等もあり、「立ち入り禁止」措置は
      一応解除されて今に至るわけですが、当時をご存知の方々は、皆さん常に
      危機意識をお持ちのようです。

      私のように当時を体験していないnewcomerがどんどん増え、危機感に
      温度差が生じてしまうのは仕方のない気がいたします。


      だからこそ、状況を知っている以上、見て見ぬふりではなく、
      情報共有をできるだけはかり、
      「東大をお散歩できなくなったらとっても困る!!者同士
      お互い気をつけていきましょうね」とお声掛けしていきたいと思いました。


      以前ブログでも触れたかもしれませんが、
      お近くのお店で偶然駒場東大の職員さんとお目にかかる機会があり、
      直接伺ったお話です。

      構内への犬の立ち入り禁止措置については、毎年必ず議題にあがるそうです。
      教職員の間でも、賛成意見と反対意見が二分され、
      近隣の方々との関係も考慮の上、「持越し」となっている現状と伺いました。
      その職員さん曰く、個人的には犬の立ち入りには賛成、とされつつも、

      「構内をノーリードにするのだけは、やめていただきたいです。
       教職員、学生の中には犬がどうしても苦手な人や
       体質的に犬アレルギーを持つ人も実際にいるので・・・・。」


      と、釘をさされました。




      駒場東大内への犬立ち入り再開に、大きく貢献くださったと
      噂される先生とご愛犬に、つい先日代々ランでお目にかかりました。

      その子も今年で12歳。
      噂が正しければ、駒場キャンパスが再び犬に門戸を開いてくれてから
      はや11年経つわけですね。

      この間、犬に起因する大きな事故・トラブルがなかった所以でもあろうと思います。


      が、何かアクシデントが起こってからでは遅い、遅すぎるのですよね・・・・。


      お客様の、勇気あるブレない対応に、新年早々襟を正された思いです。

      監視をするのではなく、
      非難するでもなく、
      理解を求めていく、
      求め続けていく。


      だって、本当にたくさんの子たちが

      「東大散歩だーい好き!」
      なのですもの。


      IMGP8862.jpg



      foodpic6686443.jpg



      foodpic6686444.jpg




      foodpic6686448.jpg




      foodpic6686446.jpg





      foodpic6686451_201601090917366fb.jpg




      foodpic6686449.jpg




      foodpic6678057_20160109091508c99.jpg




      DSC_0448_20160109123720ca1.jpg
      (がるママさん撮影)



      IMG_2019_201601091237201d4.jpg
      (同上)




      foodpic6686459_201601091240332fe.jpg





      foodpic4777737_20160109124321db0.jpg
      ね♪

      12 : 52 : 35 | つぶやき | page top
      | ホーム |