ありがとう と ごめん
      2015 / 12 / 15 ( Tue )
      夕方、犬たちと東大へ向かう途中、
      大通りを急ぐ私の靴の裏に「ぶすり」と何かが刺さった感触がしました。

      ん?と靴の裏を見ますと、画像の画びょうが見事に「ぶっささって」いました(汗)
      foodpic6638978.jpg
      コヤツです。




      ・・・・・・・・・・・・



      うっわー!!!
      犬たちが踏まなくてよかったぁぁあ!
      セーフ、セーフ、超セーフ!!!




      どっと冷や汗。


      他には落ちていないか、ざっと見渡すもとりあえず見当たらず。


      どこかのお店の看板からぽろり落ちて転がってきたのでしょうか??


      でも画びょうくんよ、

      嫌味でもなんでもなく、
      私の靴に刺さってくれてほんとありがとおおー!



      ちなみに、よく見る町内掲示板の周囲も画びょうが落ちている確率高し。
      お散歩組の皆さま、お互い気を付けましょうね!






      その1時間後。
      既にとっぷり暗い東大を歩いていますと、ベンチの上に見覚えのあるワッペンを発見。

      泥をかぶってはいたものの、それは間違いなく私がお散歩バッグに付けていて
      数日前に無くした「駒場わんわんパトロール」のワッペンでした!


      おおおおー!
      もう出てこないものと諦め、ボビーちゃんママに発注ご手配をお願いしようと
      思っていた矢先。
      どなたたが拾って、ご親切にも目に留まりやすいようベンチに置いて
      くだすったのですね。

      どこのどなたか存じ上げませんが、

      もう本当にありがとうございます!!(感涙)

      foodpic6638975.jpg

      どうしてもちょい汚れは残ってしまいましたが、
      もう無くさないよう大事に管理します!

      ほんと、嬉しかったなぁ・・・・・・。


      以上、今日のありがとさんな出来事でした



      (つぶやき)

      ある獣医さんがブログで、とても正直なつぶやきをしたためておられました。


      攻撃性が高いため、診察・治療に苦慮する患猫(末期がんの治療中)
      がいるそうですが、どんなに大変でもその子を診させてほしいと思っている。
      その理由は、飼い主さんがとても良い方だから、と。

      治療に関して無駄に口を挟まず、獣医師のやり方を尊重してくださる
      丁寧で穏やかな人柄の飼い主さん。
      その信頼に応えたい!という気持ちが先生の原動力だと
      私は(勝手に)受け取りました。

      その先生は、最後にこう結ばれていました。

      「患者ではなく、飼主で気持ちが変わるのは、獣医としては欠格かもしれません。
       でも、人間なので、そんなものです。」

      とても正直な先生だなぁ・・・・・と思いました。

      獣医師も人間、そのとおりですね。


      頭では理解していたつもりでしたが、
      私はその点を見落としていたように思います。



      愛する動物の命が危険な状態にあり、
      彼の「死」が「いつの日か」ではなく、「遠くない将来」に必ず訪れると
      宣告された時、果たして私は、不安や泣き言を口にせず、
      不信を抱かず、獣医師のやり方に全幅の信頼を置いて治療に口を挟まず、
      いかなる時も穏やかさを失わない、良い人でいられるだろうか??


      うう・・・自信がまったくない・・・・。
      そもそも、人間としての出来、素養がはなから違う気がする・・・・。



      そもそも「治療に口を挟む」とはどういうことを指すのだろう・・・・。

      提示された処方、治療方法に、自らの不安や根拠を挙げて
      Noを表明することも、それに該当するのかなぁ??



      私は今の主治医を信頼し、自分の感じたこと、疑問は率直にお伝えし
      自分が納得しきれない治療は見合わせてもきました。
      私の気質や不安を受け止め、一定の理解をいただけているものと
      思い込んでいましたが、先様も人間。
      やはり、どこかやりにくさを感じておられたのかもしれません・・・・。
      ひょっとしたら、それが「相性」というものなのかなぁ??


      「良い獣医師」は、「良い飼い主」と引き合うのかもしれません。


      なんだか自分の、不甲斐ない飼い主っぷりを
      突きつけられた気がしてちょっとへこみましたね。

      そして何よりすまん、モフ男・・・・・。

      01 : 18 : 30 | つぶやき | page top
      | ホーム |