青空つれづれ
      2015 / 12 / 11 ( Fri )
      12月中旬の寒さ一転、もわっと温かい一日でした。

      雨がやんだ10時半すぎ、遅めのお散歩へ。
      途中、道路端でアゲハ蝶によく似た蝶々が1匹目にとまりました。

      日傘が何度もおちょこになるほどの強風を受けつつ、
      飛ばされまいと羽を広げたり、畳んだりしてコンクリートにしっかと
      踏みとどまっていました。

      12月中旬の冬真っ盛りに蝶々かぁ・・・。
      暖かい日はそう続かないのに、やっていけるのだろうか?
      そもそも仲間はいるのか・・・。

      暖冬は嬉しいけれど、こういうのを目の当たりにすると
      ちょっと複雑な気持ちになります・・・・。

      ぽかぽか陽気に誘われ、うっかり冬眠から覚めてしまったり
      開花してしまう動植物が増えませんように!



      foodpic6569688.jpg

      ちなみに、今朝は園児に「あ、大きいノラが来た!」と言われたオラ。

      (ノラちゃうしw)と胸の中でひとりツッコミしていた私ですが、

      ふとハッ!

      ひょっとして、「のらくろ」の「のら」だったとか!?


      いやいや、さすがに時代的にそれはないか。


      i320.gif



      m_nh_03.gif

      た、多分・・・・・。







      現在、ちょいとおめめ(左目のみ)の調子が今ひとつなオラ。

      先日、久しぶりに青空診療所に行きました。

      foodpic6625838_20151211102822422.jpg

      おお!看板がリニューアルされている!






      foodpic6625840_20151211102821e82.jpg
      裏面


      サラッと書いておられますが、

      これ、ものすごく画期的な診療内容かと・・・・・。

      そういば、先日うちのお客様で、青空先生と動物行動治療専門の先生との
      往診診療を体験した方から伺ったのですが、両先生とも高齢の愛犬を看取られた
      ご経験がおありだとか。

      やはり、自宅でのワンちゃんの痴呆症状(もしくはそれが疑われる様子)を
      実際に先生方に確認いただいた上で、診断・アドバイスを受けられる点は、
      ご家族にとっても安心ポイントだと感じます。

      ありそうで、本当にないんですよねこういう診察って。


      宣伝・広告をほとんどなさっておられないため、
      ほぼクチコミオンリー。

      この日、診療所でばったりお会いしたワン友さんも、
      お知り合いからのご紹介で、セカンドオピニオン目的で
      通院されたのだそうです。

      じわじわクチコミの広がりを感じました。
      本当に気持ちがよく頼りになる先生ですので、治療方針に迷われた時は
      一度青空先生にご相談になることを周囲にもついお勧めしてしまいます。
      (あ、けっして回し者ではありませんので念のためw)


      本当に、通院可能距離にお住まいの方(自分も含め)は
      恵まれているなぁ・・・・と思います。

      foodpic5875450_20151211160057f5b.jpg



      病院ついでに。

      道で会うたび、モフ男にガウガウするシニアのワンちゃんいました。
      きっと昔からご近所さんのアイドル的存在なのだろうな、と思われる
      とても可愛い子。

      ご家族に歩行介助してもらいつつ、ぽったりぽったり歩いているのですが、
      モフ男をみかけるや、勢いよく向かってこようとします。
      (お互い男子。自分より体の大きな同性に向かっていくのは、
      本能的でノーマルな行動かと。)


      ですので、極力モフ男をその子に近づけないようお互い避けて
      いましたので、ご家族と言葉を交わす機会はありませんでした。

      こちらにガウガウ向かってこようとするその子を見るたび、
      私は内心ホッとしていました。
      (よかった、あの元気があれば、まだまだ大丈夫!)と。


      その子が、いつからかモフ男とすれ違っても
      向かってこなくなり、少し心配していました。

      そんなある朝。

      お散歩からの帰り道、その子のパパママとお嬢さんが急いで
      タクシーに乗り込むお姿をお見かけしました。

      なんだか胸騒ぎがしました。


      そのしばらく後、ワン友さん経由でその子が亡くなったことを
      聞き知りました。


      その子が病院で亡くなったのかどうかはわかりません。

      でも、もしそうだったとしたら。

      ご家族が、かなうなら最期は住み慣れたおうで・・・・・・と
      いうお気持ちをお持ちでいらしたとしたら。


      メモを添えて、そっと郵便ポストに青空先生のお名刺をお入れすることも
      できたなぁ・・・・・と今になって思います。



      先日朝のお散歩中に、お一人でお散歩中のパパさんをお見かけしました。

      パパさんの視線は、モフ男に注がれていました。

      私は言葉はかけませんでした、かけられませんでした。

      なぜかその時、「犬を飼うってステキですか?」の次のフレーズが
      思い出されました。


      10年以上にも及ぶ犬との長い暮らしの中で、
      あなたが得られるものは、
      「犬の純粋で、まっすぐな、あなたへの愛」。
      そして「たくさんの、やさしい思い出」・・・・・
      たったそれだけです。
      たったそれだけのことを、
      自分にとってかけがえのないものだと思える人だけが、犬を飼ってください。

      犬を飼うってステキです。
      あなたがステキな人なら。



      本当に素敵なご家族でいらっしゃいました。

      家族で協力しあって立派にワンちゃんと添い遂げられました。

      私はパパさんに、心の中でそっと頭を下げました。


      16 : 41 : 01 | つぶやき | page top
      | ホーム |