コラム更新のお知らせ
      2010 / 05 / 02 ( Sun )
      待ちに待ったGW、皆様いかがお過ごしでしょうか?
      幸いお天気にも恵まれ、絶好の行楽日和が続きますね!

      気温も暖かくなり、多くのワンちゃんたちはいよいよ本格的な
      「換毛期」の到来です!

      そんな時期にぴったりなテーマで芝田先生がコラムを書いて
      くださいました!

      その名も 「犬のお手入れについて」

      ぜひご覧くださいね。


      我が愛犬の抜け毛も、日に日に増える今日この頃。
      こまめなブラッシングの必要性を実感しています。

      しかもこれからは湿度も増して蒸れやすくなる季節。
      脇や内股、耳の後ろ、尻尾の付け根、お尻周りなど、
      ブラッシングがやりにくく犬も嫌がりやすいところは、
      毛がもつれやすいですよね...。
      それを放置してガンコな毛玉にしてしまうと、皮膚が蒸れて
      皮膚炎や皮膚病になってしまうことも(>_<)。
      また、こまめに注意深くブラッシングすることで、
      ノミ・ダニといった寄生虫や身体の異常の早期発見にも
      つながります♪

      そうはいっても、忙しい日々の中、そうそうお手入れにかける
      時間が確保しにくいのもまた現実。

      (ああ、今日もお手入れおサボリしちゃった・・)と後ろめたい
      気持ちになった経験は多くの方がお持ちでしょう。

      「よっし!今日はフサフサのピカピカにするぞぉ!」と張り切って
      ブラシを手にするも、絡まった毛を梳かそうとすると愛犬に逃げ
      られたり、抵抗にあったりすることもしばしば。
      イライラしてつい、「コラ!じっとしてなさぁい!!」と声を荒げて
      ましまう自分に自己嫌悪...(>_<)なーんてこと、ありませんか?
      (中には、ひさしぶりにブラシを握ったら、つい熱中して
      2時間近く(!)も毛玉と格闘してしまった・・・という方も)


      これでは、愛犬にとっても飼い主さんにとっても、
      ブラッシングはストレスいっぱいの経験になってしまい
      かねませんよね。


      ブラッシングを続けるコツを、芝田先生がコラムで次のように
      教えてくださっています。

      「一回に全身やろうとせず、部分的に分けて、毎日(もしくは
       定期的に)少しずつでも続けること」


      腕のよいトリマーさんは、できるだけ犬の体に負担をかけないよう
      手早く完全に梳かす技術をお持ちですが、それは専門の教育と
      経験があればこそ。

      私たち飼い主は、短時間でも、こまめにブラッシングを「続ける」
      ことで「毛のもつれ」を最小限にとどめられるよう心がけることが
      大切なのだと思います。


      余談ですが、ブラッシングをどうしても億劫に感じる方は、
      あらかじめ決めた日(または時間)に「必ずブラシを手に
      持つ」ことをまずマイ決めごとにされてはいかがでしょうか?
      ※手にするのみで、ブラッシングしなくてもOK。
      ブラシを手にとる習慣がつけば、しめたものです!

      また、つい頑張りすぎてしまう方は、制限時間を「○分」と決めて
      厳守する決まりを作ってみては?
      制限時間内に終了しなかった場合、続きは後日!


      最後に、先生がコラムで紹介くださったブラシの写真をご紹介
      しますね。


      まず「ピンブラシ」
      56321_convert_20100502123428.jpg

      ピン先が丸く、太いので、スリッカーより
      被毛、皮膚に負担がかかりにくい。
      被毛の柔らかい犬や長毛種におすすめ。



      お次は「スリッカーブラシ」
      RSSM-00-1_convert_20100502123329.jpg

      小さな毛玉をほぐしたり、巻き毛の子を
      ブラッシングする時に使用。
      ※細い針金が剣山状になっているため
       力加減には注意が必要!


      そして「コーム」
      4934656642405.jpg

      もつれがないか、確認する時などに使用。
      ※ブラシについた抜け毛をコームでかき
       取って捨てるとグッド。


      最後は「獣毛ブラシ」
      main_convert_20100502123404.jpg

      豚やイノシシなどの毛でできたブラシ。
      主に短毛種の艶出し、抜け毛取りなどに使用。


      お手入れ道具はネットでも購入できますが、ペットショップや
      ホームセンターなどで実物を手にしてご自分が使いやすいものを
      選べるとよいですね。
      (大きなドッグショー会場でも、お手入れ道具が豊富に出品
       されています。)

      お値段はピンキリで、家庭で使用する場合はプロ使用である必要は
      ないと思いますが、100円ショップの品もどうかなぁと・・・・。

      直接犬の被毛、皮膚に当たるブラシ選びには、当たりの善し悪しも
      考慮できるとよいですね(^_-)

      最後はスリッカーブラシの正しい持ち方の写真です。
      (※先生のコラム中の写真もご参照ください)
      suriltuka-02.jpg
      3本指を軽く添えて鉛筆を握るようなかんじで

      (※力加減を知るために、まず自分の手の甲に軽く
        スリッカーブラシを当て、甲と平行に上から
        下へ動かして力具合を知る方法もあります。
        手の甲が赤くなったり、痛みを感じる場合は
        力が強い証拠。)
        

      ちなみに、こちらはNGな持ち方。
      suriltuka-01.jpg
      この持ち方ですと、どうしても力が入りすぎ
      ゴシゴシ皮膚を痛めることにつながりやすいです。


      わからないことがあれば、かかりつけのトリマーさんに聞いて
      みましょう!
      ちょっとしたコツやアドバイスがいただけるかもしれません。

      また、もしトリマーさん主催の「お手入れセミナー」があれば
      参加してみるのも一つの手ですね。

      臆せず、どんどんプロの知恵を活用すべし、です♪


      (おまけ)

       TWで開催した「お手入れ教室」の写真から1枚。
      CIMG1259_convert_20100502124643.jpg
      さまざまなグルーミング道具や、デンタルケアグッズが並べ
      られています。
      参加いただいた方の中には、ピンブラシやスリッカーブラシを
      はじめて手にされた、という方もいらっしゃいました。
         

      こちらは、K様の愛犬ボス君のお手入れ中の写真。
      お顔周りをスリッカーで梳かしています。
      CIMG0853_convert_20100502140935.jpg
      ボス君、とてもお利口さんでした^^
      15 : 08 : 13 | お知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
      <<Splendor in the Grass 草原の輝き | ホーム | 極北1600km 犬ぞりレース>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL
      http://teamwill.jp/tb.php/97-ddb07a7a
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |