日本獣医生命科学大学の「遊学講座」について
      2010 / 04 / 19 ( Mon )
      ブログのテンプレートを変えてみました。
      (ちょっと字が小さめかな?)

      さて、今日は一般の方々を対象とした日本獣医生命科学大学
      主催の公開講座(無料・予約不要)のご紹介です。

      5月7日の会を皮切りに、毎月1回開催される予定だとか。
      日頃の研究成果を、大学教員から直接伺う機会も貴重ですが、
      堅苦しい講義ではなく、対話の中で、大学を身近に感じて
      もらいたい、という大学側の心意気が素晴らしいと
      思います。(「遊学講座」という名前もよいですね)

      開催日時と演題・講師は次のとおりです。
      (※予定は変更になる可能性がありますので、定期的に
        サイトをチェックされることをオススメします)


      開催日     演題・講師

      5月7日(金)    ①生殖補助技術とその利用
                -ハタネズミ編-
                < 岡田 幸之助 講師 >


                ②犬猫の心臓病と腎臓病
                -大学病院でやっていること・感じていること-
                < 竹村 直行 教授 >

      6月18日(金)  ①魚のストレスを診断できるか?
                -新たな病気予防の取り組み-
                < 倉田 修 准教授 >
        
                ②骨から学ぶ動物の身体
                -なぜネコはイヌより木登りが上手なのか?-
                < 大石 元治 助教 >


      7月9日(金)    ①腸の健康は赤ちゃんの時から
                -腸内細菌の定着と腸内環境の変化について-
                < 大橋 雄二 講師 >
       
               ②食肉のおいしさは香りが決め手
                < 松石 昌典 教授 >


      7月16日(金)   ①牧場のお仕事
                < 吉村 格 准教授 >

                 ②ペットとの別れ
                -悔いのない最期を迎えるために-
                < 鷲巣 月美 教授 >


      テーマ:「大学の知」
      主催:日本獣医生命科学大学 地域社会生涯学習委員会
      会場:日本獣医生命科学大学 第一校舎  ※教室は当日掲示
      予約:不要(直接会場へ)  費用:無料
      (各講義:1時間)

      問合せ先
      日本獣医生命科学大学 地域社会生涯学習委員会
      〒180-8602 東京都武蔵野市境南町1-7-1 
      TEL 0422-31-4151(内線344)
      E-mail:chiiki-kouza@nvlu.ac.jp
      関連サイト:http://www.nvlu.ac.jp/open/002.html/


      最終日に「ペットとの別れ」を担当される鷲巣月美 教授
      は、肝疾患、腫瘍の分野で有名な先生ですが、「ペットロス」
      の問題にも、力を入れて取り組んでおられます。

      昨年、「終末医療と安楽死 ペットロスについて」と題した
      鷲巣先生の講演に参加する機会がありました。
      その時、先生の次の言葉が特に印象に残っています。

      「飼い主はペットから命を含めた『全権委任状』を預かって
       いるのです。
       飼い主は、ペットの代弁者として、獣医師への情報提供、
       治療方針(場合によっては安楽死)すべての決定権を
       担っているのです。」


      だからこそ、獣医師と密にコミュニケーションをとることで、
      治療の選択肢、必要な処置とそれに伴う注意、投与薬剤に対する知識、
      治療費など、細部まで疑問を解消しておくことがとても大切。

      また、よりよい動物医療を受けるために、自分と動物にとって
      ベストの病院を(できるならば、動物が若く元気なうちに)探して
      おくことが重要と述べられました。
      (鷲巣先生が考える「よい獣医師」とは、「質問にきちんと答える」
      「家族の意向を聞き入れてくれる」「家族に責任を押しつけない」
      「自分の意見を押しつけない」「飼い主と一緒に考えてくれる」との
      ことした。)

      ペットロス、安楽死の問題は、とても深く、重いテーマです。
      このことについて、いつか機会を見て触れたいと考えています。

      (PS)
      ご参考までに、鷲巣先生の著書を2点ご紹介します。

      ペットの死、その時あなたは
      鷲巣 月美
      三省堂
      売り上げランキング: 209374





      (おまけ)

       このコ、ご存じですか?

          charo.gif

      NHK英語番組「リトル・チャロ2」の主人公 子犬のチャロ。


        50_6_convert_20100419183402.gif

      父は前シーズンから番組にハマっていますが、
      私は、チャロの可愛らしさマイってます。(声は、純名理沙)

      d0039168_11163010.jpg

      チャロ可愛いすぎ。
      19 : 08 : 27 | 講習会・セミナー関連のお知らせ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
      <<犬用介護マット などなど | ホーム | 高齢盲導犬 ずっと一緒に>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL
      http://teamwill.jp/tb.php/94-20d1c133
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |