青空診療所へ。
      2015 / 10 / 23 ( Fri )
      foodpic6503574.jpg
      先週は雨で断念した青空診療所へ行きました。






      foodpic6503578.jpg
      シェビバビちゃんにお付き合いいただいて。

      通りが気になって気になって仕方のないお二人さん。






      foodpic6503575.jpg
      ただ今、診察順番待ち。


      今朝は、青空診療所の看板鳥、可愛いグロスターカナリアのチェルトナム君と
      スージーちゃんがお外にいたので激写したかったのですが。





      foodpic6503576.jpg
      コヤツ、カナリーちゃんたちに大興奮し、ケージ越しに体当たり。

      その振動で落ちたカナリーちゃんたちのレタスをすかさず
      お口にいれようとするシェビーちゃん・・・・・・。


      カナリーちゃんたち、ほんとごめんなさいでした。


      しかし可愛かったなぁカナリアさんたち

      やっぱり一羽の時より、お仲間が増えて動きがイキイキしていました

      相棒ができてよかったね、チェルトナム♪






      今朝は、東大でよくお目にかかる顔なじみのワン友さんと青空診療所に
      ご一緒しました。
      他院でいろいろ検査をしたものの、原因不明で調子がすぐれない、と。

      青空先生の診察後、明るい表情のママさんがお戻りになりました。

      「今後進むべき方向性が見えてきたのでよかったです!」

      そして笑顔でワンちゃんとお帰りになりました。

      こころなし、ワンちゃんの足取りや表情も先程より快活に見えました。


      よかったなぁ・・・・・。
      順調に回復していきますように!!


      いつも思うのですよね。

      動物家族のために、セカンドオピニオンを求めようとお決めになった
      ご家族の勇気、ご意志こそが尊いと。


      かつての私のように病院ジプシーになる必要は全くありませんが、
      たとえ長い付き合いのある主治医であっても、
      治療の効果が芳しくない場合は、積極的にセカンドオピニオンを
      求めるべきだと私個人は考えています。

      そしてやっぱり「餅は餅屋」。

      私たち一般飼い主の想像をはるかに超える速さで、
      動物医療の分野でも専門化が加速していると感じます。

      適切なタイミング・診察理由で、最適な専門医を紹介いただける大切さ。
      その恩恵をダイレクトに受けるのは、まぎれもなく動物たちという事実。

      最近周囲を見渡して、つくづく思う今日この頃です。

      お近くにお住まいの方で、セカンドオピニオンをとお考えのご家族には
      まずは青空先生をお勧めしたい我が家であります。



      以上、今週の青空通院日誌!?でした。




      (おまけ)

      そうそう、お兄ちゃんですが。
      今朝私の目の前でお椅子に自力で飛び乗っておられました。
      foodpic6503613.jpg
      お兄ちゃんの本気を垣間見た気がしました。






      そして現在。
      foodpic6503715.jpg

      お椅子以外でお昼寝する気さらさらなし・・・・・。







      foodpic6503716.jpg

      そして今日も寂しく?一人寝バビたんでありました。




      そろそろお散歩に行きたいんだけどなぁ・・・・・。


      16 : 10 : 41 | 飼育・介護関連 | page top
      | ホーム |