おトクさんとボール遊び
      2015 / 09 / 28 ( Mon )

      こちら、23日にお泊りに来てくれたはじめましてのトクちゃん。
      モフ男とほぼ同い年のトイプーの女の子です♪

      foodpic6437566.jpg

      後肢が不自由なのですが、本人ちっとも気にせず
      至ってhappy-go-lucky で元気な女の子





      食べること、

      そしてなによりボール遊びが大大大好き!!




      お部屋の中でもたっぷりしましたが、

      やはり芝生の上は格別のよう。



      foodpic6437540.jpg

      投げる?





      foodpic6437541.jpg

      投げる??





      あそーれっ♪





      foodpic6437548_20150928144508427.jpg

      この猛ダッシュぶりをお伝えできないのが残念です。







      foodpic6437542.jpg

      ボールをくわえて戻り・・・





      foodpic6437544.jpg

      むんっ。





      foodpic6437552.jpg

      ぽうっ!



      このように私にポーンと投げてよこすことも(驚)!






      foodpic6437562.jpg

      次はやくはやく~!






      foodpic6437559.jpg

      私がモタモタしていると、フライング気味にw。






      foodpic6437578.jpg

      こうして毎日たくさんママとボール遊びをしてハッピーなトクちゃんは、
      確かにdisabilityはあれど、QOLはけっして低くない、と思いました。






      foodpic6437574.jpg

      トクちゃんや。





      foodpic6437586.jpg

      かれこれ30分近く遊んでるし、そろそろ行きましょか。






      foodpic6437594.jpg

      モフ男と並んで、東大をスタスタ闊歩。





      foodpic6437596.jpg
      ね♪



      時々こうやって、楽しそうなお顔を私に向けてくれるのですよ

      ある程度の段差や砂利などの凸凹面も問題なく歩けます。






      foodpic6437591.jpg

      犬用車いすと出会う前は、ご家族もトクちゃんのQOLに悩み、
      行く末をとても悩まれたそうですが、現在はこのとおり!


      昨日参加したJBVPフォーラムにて、現在3頭の愛犬の介護をされている
      ドッグトレーナーの矢崎潤氏がいみじくもおっしゃいました。


      犬はとにかく前向きな生き物。
      犬は犬として「今」を楽しもうとする。
      だから、家族も凹み続けるのではなく、
      どうやったら今のその子が楽しく過ごせるのか、
      前向きに考えを巡らせ続けてあげてほしい。




      トクちゃんが、大事なことを気づかせてくれました。

      トクちゃん、またボール遊び一緒にしようね!





      (余談)

      実は、トクちゃんのママさんが当ホテルをお知りになったきっかけは、
      お世話になっているシッターさんだったそうです。
      その方と私は一度も面識がありませんが、どうやら先方のお客様の中に
      当ホテルのお客様がいらして、その方の評価がとても良いので、
      問合せされてみては?とお勧めくださったのだそうです!

      とってもとっても嬉しかったです


      ママさんは、ハンディキャップのある子を預かってくれる
      ペットホテルはないですから、預かっていただけるだけで御の字です、と。




      でも、これはあくまで私個人の印象ですが、
      恐らくうちのようなペットホテルは、他にもあるはずだと思うのです。

      ただ、そういったホテルは、うち同様こじんまり経営で、

      いかんせん情報発信力に乏しい

      こつこつブログやSNSを更新していても、なかなか検索に
      引っかからず、本当に必要とされているご家族に情報が
      いき渡りにくいのではないかなぁ・・・と。


      こちらをご覧の皆さまにも、
      愛犬のハンディキャップの有無や健康状態、年齢を問わず
      地道にコツコツ情報収集を重ねて、できればお近くで「ここだ!」と
      ピンとくる愛犬のお泊り先を見つけてあげていただきたいとなぁ、と
      思います^^。



      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村
      paw red


      18 : 20 : 58 | ホテル日記 | page top
      | ホーム |