生きているんだな
      2015 / 08 / 07 ( Fri )
      最近、玄米を食しております。

      誤算だったのが、玄米は発芽させずば摂取メリット少なし、という事実。

      で、水に浸けて発芽させているわけですが、気温が高い時期でも
      なかなか芽がおでましにならず・・・・。
      (下手をすると2日近くかかるでしょうか。)

      hvsXsCL8JtbTdUS1438923477_1438924688.jpg


      でも、芽を出した玄米は形状がキュート


      玄米って生きているのですね。






      foodpic6311196.jpg

      こちらは現在のフィンベニ。


      ちょいとシンクロ。









      先月、3代前の愛犬マロに良く似たアレックス君が
      お泊りに来てくれた際のこと。

      foodpic6311198.jpg






      興奮のあまり、休日の朝はよからマロを知る高校時代の友達にメール送信。


      ブログを見てみて!
      マロにすごく似てるから!!



      foodpic6311199.jpg





      foodpic6311200.jpg





      foodpic6311197.jpg






      foodpic6311205.jpg


      ほどなくして友達から「確かにそっくり!」と返信が。

      そしてこう続いていました。


      今でも子犬だったマロが、いっちゃん(※私のこと)の
      緑色のミキハウスのお弁当袋にちょこんと入ってた姿を
      思い出すよ~。






      ・・・・・・・・・



      え?





      私、まったく覚えておらず。




      確かにそんなお弁当袋を愛用していた記憶はあり。

      でも、その中にちんまり収まった子犬のマロの姿は、私の記憶から
      すっかり消え去っていました。
      (同日、クラス一の美人さんに抱っこされた直後に
      お粗相しちゃったマロははっきり覚えているのですけれどw)




      マロは、高校のクラスメートの他校のお友達が拾った子犬で、
      クラスメートが放課後、教室にマロを連れてきてくれ引き渡しを受けたのでした。

      その時、マロを自分のお弁当袋で包んで家まで連れ帰った光景を
      友達は覚えていてくれたのでしょう。





      こうしてすっかり忘却の彼方にやってしまった思い出が
      無数にあるのだろうな・・・・としんみりしました。


      と、同時に。



      亡き愛する動物たちが、生前の彼らを知る人々の記憶の中で
      確かに生き続け、折に触れて思い出してもらえる。
      それってなんて嬉しいことだろう、ありがたいことだろう!
      しみじみそう思いました。



      もう実体は消滅してしまったけれど、
      覚えてくれている人々が存在する限り、
      彼らもある意味、今なお生きているんだ、と。



      そんなことをね、最近つらつら思うのですよ。
      お盆が近いせいかなぁ・・・・。



      nonちゃん、マロのことを覚えていてくれてどうもありがとう!!

      私もnonちゃん家のメリコやソラ、ネムやチノオ、スミッコそして
      よつばちゃん&こはるちゃんたちの思い出、忘れないよ。



      (おまけ)

      foodpic6311210.jpg
      お迎え待ちのアレックス君と、






      foodpic6311211.jpg
      ケリーちゃん家にお譲りいただいたお洒落なレインコートを着て
      なぜか還暦ちゃんちゃんこじみてしまったオラ・・・。






      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村
      paw red
      15 : 42 : 33 | つぶやき | page top
      | ホーム |