STOP! 連れ去り
      2010 / 03 / 28 ( Sun )
      先日、レストランの前を通りがかると、店内にいる
      飼い主さんを待っている様子のワンちゃんを
      見かけました。

      通りに面しているお店でしたので、交通事故も
      心配でしたが、それ以上に「連れ去られないかなぁ?」
      と気がかりでした。

      犬の盗難は、様々な状況で発生していると耳にします。
      深夜や不在時に敷地内に侵入しての連れ去り、飼い主さん
      がお買いもの、または外食中に連れ去る などなど・・・。


      「まさかぁ」と思う方も多いかもしれませんが、
      その「まさか」は、いつ、どんな人にも起こりうることかも
      しれません。(もちろん私にも!)

      これまた我が家の話しで恐縮ですが、昔飼っていた
      犬(当時は外飼でした)が、ある日誰かに連れ出され、
      駅前に繋がれているところを保護されたことがあるそうです。

      知人宅でも数年前、同様の事件があったことを聞きました。

      盗難の目的は様々でしょう。
      自分で飼う、転売目的、繁殖目的 etc....

      迷子と同様、盗難も防止する手立てがあります。

      例えば外飼いの場合、留守にする時や夜間など人目の届かない
      時には極力玄関先に犬を入れる、犬を店先に繋がない など。

      百歩譲って、もしやむにやまれず短時間店先に犬を繋が
      ざるを得ない場合は、店内から犬の様子に目を配ることが
      できるお店を選ぶ、近くに人がいる場合、「すみませんが、
      もうしばらくいらっしゃる場合は、ちょっとの間
      犬を見ていてもらえませんか?」とダメもとで声をかけて
      みるなど、愛犬の安全のためにできるだけの対策を講じて
      あげてほしいなぁと切に思います。

      大急ぎで用事を済ませて愛犬の待つ場所に戻ったら、
      そこに犬の姿はなかった・・・という事態は、考えたくも
      ありませんが、「本当はいつ起こってもおかしくないかも」
      という位の気持ちでいた方がよいように思います。

      何かあってからでは、取り返しがつきませんものね。

      犬の盗難という許し難い行為を働く人を責める前に、
      まず私たちが飼い主として必要な予防策を可能な限り
      講じているか、今一度見直してみたいものです。

      CIMG1292+(2)_convert_20100328224000.jpg
      近くで様子を見ている私をチラリ。
      知らない人から見れば、私が不審者(笑)


      (PS)
      我が家の連れ去り事件は、どうやら
      子供によるものだったそう。

      欲しくなって自宅に連れて帰ったものの
      お母さんに怒られて、返すに返せず
      駅に繋いだ模様。

      (想像図)
      Scan_Pic0002+(2)_convert_20100328224026.jpg

      しかしこの犬、現役の猟犬(Eセッター)だったのに
      トコトコ大人しくついて行ったんですね。

      父が南北戦争の名将にちなんで「Lee」という名前を
      付けたらしいのですが、穏やかで人当たりのよい性格まで
      似たらしく。。。
      まぁ、そんな犬だから子供にも好かれたのでしょう。
      (幼い私はブチ顔のリーが怖かった・・・・)
      23 : 07 : 07 | 防災・防犯 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
      <<『なごみちゃん 犬を飼う』 | ホーム | 愛犬とソファと洋館>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL
      http://teamwill.jp/tb.php/82-63c908e8
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |