半兵衛くんとルイ
      2015 / 03 / 15 ( Sun )
      foodpic5923003.jpg
      現在のお預かり組。


      他の子にしつこくしないフィンちゃんをハッチ君と同部屋に。
      お互い我関せずで、うまくやっていますw。






      foodpic5923005.jpg
      フィンちゃん、ありがとうね。






      foodpic5923008.jpg
      早速いつものベッドでぐも~






      foodpic5923048.jpg
      ハッチ先生も、ぐも~




      おかげで、ブログ更新がはかどること!






      昨日、ホテル見学に来てくれた柴犬の半兵衛くん。

      foodpic5922616.jpg
      まだ7ヶ月のお子ちゃまです






      eFM0RNzapjtfQkK1426395348_1426395395.jpg






      CMKj6nMqWVMEBIk1426395420_1426395497.jpg
      カメラに興味津々。





      ご家族のお話では、とてもデリケートな性格で、
      たくさんのワンちゃんがいる環境では萎縮しがちだとか。


      なんとなくですが、半兵衛くんもこじんまりした静かな環境を
      好むタイプではないかなぁ、とお見受けました。


      当ホテルを含め、既に3箇所見学に行かれたというパパさんママさん。
      半兵衛くんにぴったりのホテルがきっと見つかるはず!!




      foodpic5922619.jpg
      もちろんチームウィルとご縁があれば嬉しいですね






      半兵衛くんを眺めながら、我が家の初代コリー「ルイ」を思い出しました。

      繊細で控えめなところが似ているな、と。



      ルイは生まれ持った体質も影響したのかもしれませんが、
      見知らぬ環境に身をおくことに、ものすごいストレスを感じる子でした。

      ちょっとしたお出かけをすると、十中八九、出先で血便。

      「ガラスのハート」とは、まさにルイのことだ、と思いました。

      ルイを咎めたいときは、ちょっと固い表情をして、声音を低くして「ル~イ~」と
      呼ぶだけで十分で、大声で叱咤したり、激しい物音を立てることは
      怯えさせてしまうため御法度でした。

      「蝶よ花よ」で何ら問題なく育った、哀しいほど優しく穏やかで繊細な
      本当に愛らしい犬でした。

      Ou5cXGMDXIxONWA1426381155_1426381242.png


      私がドッグホテルを始めるにあたり、念頭にあったのはこのルイでした。

      ルイのように気質が繊細で、家族の心配が尽きない虚弱体質の子でも、
      安心して託していただける存在になりたい、その一心でした。


      開業に先立ち、ペットホテル業界のリサーチを一切行わなかった理由も
      ここにあります。(今にして思えば下調べ程度はしておくべきだったかも・・・汗)


      私のものさしは常に、「ルイがくつろいで過ごせるか。」
      「ルイを安心して託せる環境にあるか。」です。


      この5月に17回目の命日を迎えるルイですが、
      まぎれもなく彼もチームウィルの立役者の一人であります。


      そんなことをつらつら思った昨夜でした。


      20130331202201d3c_20150315145539622.jpg
      ルイよ、もう17年になるんだなぁ・・・・。




      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



      人気ブログランキングへ

      15 : 04 : 09 | ホテル日記 | page top
      | ホーム |