がーんばれ。
      2015 / 03 / 09 ( Mon )
      昨夜、ちょいと困りましてん。


      ガウちゃんをお宅に送るべく、お帰りの準備を整え「さぁ帰ろう!」



      foodpic5904154.jpg

      何度呼んでも、反応なし。





      foodpic5904155.jpg

      寝入っていて本当に聞こえないのか、

      はたまた聞こえないフリをしているのかは不明。






      お約束のお時間が刻々と迫っていたため、
      がんばってなんとかマントを着せることに成功。




      foodpic5904160.jpg

      が、テコでも動こうとせず。






      foodpic5904159.jpg
      リードを引くと、「ふんぬっ!」とふんばります。






      foodpic5904156_2015030915012758c.jpg

      いやいやいやいや。

      おうちでママたち待ってるし。

      もう夜の9時半だし。






      foodpic5904161_20150309150126977.jpg

      お帰りになる気、まったくなし。



      仕方なくモフ男にリードを付けて、先に行かせますと、すんなり後をついてきました。


      モフ男GJ !


      きっと、お引越し直後でおうちがまだバタバタされていることを
      察知したのかもしれませんね。







      foodpic5904314.jpg

      で、現在のガウちゃん。



      ぜったい寝る場所認定されてるとみた。



               image4215.gif    image4215.gif    image4215.gif  



      ガウちゃんのお宅に伺っている時、エレベーターが開きました。


      「おっ!ガウス!!元気だったか?」


      エレベーターから降りてみえた男性が、懐かしげにガウちゃんに声をかけて
      くださいました。



      以前、この方が高齢のワンちゃんと一緒にお散歩されているお姿をよく
      お見かけしました。


      ゆっくり、ゆっくり、愛犬に歩調を合せながら。

      そしていつも、「がーんばれ、がーんばれ。」と優しく励ましながら
      歩いておられました。



      ある日、モフ男を連れてお二人を追い越しざま、
      (がんばっているね!)とワンちゃんに心の中でエールを送りました。



      すると、背後で声がしました。



      「16歳半なんです。」


      振り返ると、ワンちゃんのパパさんでした。


      愛おしそうに、誇らしそうに、そうおっしゃいました。


      こちらまで、なんだか嬉しくなりました。



      「そうなんですか!
       自分の足でお散歩ができるのは、本当に素晴らしいです。
       あっぱれですね!」


      そうお伝えすると、それは嬉しそうに破顔されました。




      それからしばらくして、お姿をお見かけしなくなりました。


      だいぶ経って、ガウ凛ママさんから、ワンちゃんが天寿を全うしたことを
      お知らせいただきました。


      今でも時々ふと、シニア犬を連れた方をお見かけすると、

      「がーんばれ、がーんばれ」

      の掛け声を思い出す時があります。


      愛犬に合わせ、一歩一歩ゆっくりゆっくり歩を進める
      背の高いパパさんのお姿と共に。



      久しぶりにお元気そうなお顔を拝見して
      ちょっと嬉しくなりました。



      がーんばれ


      がーんばれ。



      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村
      16 : 15 : 42 | ホテル日記 | page top
      | ホーム |