ご縁
      2014 / 10 / 15 ( Wed )
      「うちにも柴犬がいるんですよ。」


      それは、チームウィルを立ち上げて、まだ間もない頃。

      お泊り組の柴犬ちゃんを連れてお散歩中、穏やかな物腰の
      品のよいおじいさまにお声掛けいただきました。


      「うちの子は○○といいます。」


      微笑みながら、優しい視線を柴ちゃんに注いでくださいました。

      IMGP0731.jpg



      とても嬉しかったです。

      付近にお住まいの方に、お声をかけていただけたのは
      それがはじめてでしたから。


      この場所にホテルをオープンしたのは、「代々木公園に徒歩圏内」で
      「閑静」な住宅街にあり、「建物のレトロな雰囲気」が気に入ったから。

      近くに親しい知り合いも、お客様もいないゼロからのスタート。

      心細く感じた時間も、正直多々ありました。


      そんな時に、ふんわり向けられたおじいさまの優しい笑顔と
      お言葉が、私の心をほんわか照らしてくださいました。


      その後も何度か、東大で愛犬を連れてお散歩中のおじい様に
      お目にかかりました。
      やはり優しい笑顔を犬たちや通りがかった私に向けてくださいました。

      IMGP0728.jpg


      ここしばらくお姿をお見かけしておりませんでしたので、
      今朝、東大散歩をご一緒くださったご家族に思い切ってお尋ねしました。



      ママさんから、昨年他界されたと伺いました。



      IMGP0739.jpg




      おじい様は、ご存じなかったことでしょう。

      たまたま一言二言交わしただけの相手が、
      その時いただけた笑顔とお声掛けをずっとありがたく思い続けていること、

      いつも東大のベンチの前を通るたび、愛犬たちと仲睦まじく過ごされていた
      おじい様のお姿を思い出していることを。




      そのおじい様が深い愛情を注いでいらしたワンちゃんのリードを今、
      自分が託され東大をこうして歩いている。


      これがご縁というものだろうか、と思いながらゆっくりゆっくり
      歩を進めた朝でした。


      おじい様にもご家族にも安心していただけるよう、がんばります。
      14 : 37 : 51 | つぶやき | page top
      | ホーム |