凛として
      2014 / 09 / 18 ( Thu )
      foodpic5375786.jpg





      foodpic4078714_201409161011402f0.jpg





      lynn-1.jpg






      lynn-4.jpg





      foodpic5375775_201409180004218a1.jpg






      foodpic4496335.jpg






      foodpic4690924.jpg






      lynn-2.jpg





      foodpic4825294.jpg
      お散歩が大好き。





      foodpic4729051_20140916101900ed2.jpg
      まぶしい。






      foodpic4777721.jpg
      暑い・・・。






      foodpic4823774_20140916101142fe2.jpg
      凛として、立つ。






      foodpic5375778.jpg
      ちょっと休憩。






      foodpic5375780.jpg





      foodpic5375783.jpg








      foodpic5375781.jpg






      foodpic5375785.jpg






      foodpic4716339_20140916102340b7d.jpg





      foodpic4716342_20140916102339c01.jpg


      可愛い可愛い黒柴ちゃんが、旅立ちました。
      17歳目前でした。

      その名のとおり凛とした、ママとパパの自慢の子は、
      家族思いでありました。
      本当に良い子でした。

      もうすぐ17歳とハイシニアではありましたが、
      旅立つ数日前までママの手作りごはんをウマウマ美味しく食べ、
      お水も自分でゴクゴク飲み、
      1週間前には、東大をぐるりお散歩しました。

      いつか「その日」が到来するであろうことは頭にありつつ、
      「but not today」と思っていました。
      その日、9月13日も・・・・。

      最後の最後まで、気力と気骨溢れるあっぱれな子でした。

      この小さな体で、ずっとママを支えてきたんだなぁとしみじみ思いました。

      偶然のタイミングと出会いが重なり、往診で緩和医療を施してくださる
      信頼できる獣医さんのご協力のもと、ママさんが望んでいた自宅での
      看取りができました。
      凛たんがママにそうさせてあげたのだろうな、と思えるほど、
      これ以上ない絶妙なタイミングとご縁に恵まれました。

      「凛は運がいい」とママさんは何度もおっしゃいましたが、
      運に恵まれていたのはママさんだったのかもしれません。
      それだけ互いに想い想われ、支え支えられて
      共に年数を重ねてこられた証拠かな、とも思いました。


      凛たんが亡くなる数日前、ママさんから伺いました。

      いつお別れが来るかわからないから、
      ぎゅっと抱きしめていつも言っているんです、と。


      「凛ありがとうね。

       一緒に過ごせて、とっても楽しかったし本当に幸せだよ。」


      (ああ、なんて幸せな子だろう、なんて幸せなご家族だろう)

      付き添った病院の待合室で、しみじみ思ったのでありました。



      foodpic4798365_201409161011404cf.jpg

      凛たん、よくがんばりました。
      これからは、リードなしで自由にお散歩に行けるね。
      若かりし頃、スイスやヨーロッパ各地で満喫したトレッキングも。
      走り回っておいで、凛たん。

      05 : 38 : 40 | つぶやき | page top
      | ホーム |