FC2ブログ
      光の子
      2014 / 08 / 05 ( Tue )
      一番、幸せを掴んでほしいと願い続けてきた子でした。


      突然病を発症してからこの12日間、

      一分一秒、病院で必死にがんばってきました。


      私が、友達やお客様とたわいもない話で笑っていた時も、

      ドラマを楽しんでいた時も、

      お出かけを計画していた時も、

      がんばっている彼に意識がいかなかった時も常に・・・。



      そんな彼に「がんばって!」と声援を送ることはできませんでした。

      死力を尽くして戦っている相手に、

      「もっとがんばれ!」とはどうしても言えませんでした。

      でも、回復を心から願っていました。祈っていました。



      今日午前、がんばって、がんばって、がんばり抜いた

      一頭のコリーが旅立ちました。

      曇りなく笑う、光の子でした。






      もし生まれ変わりがあるなら、

      犬でもヒトでも、どんな動物でもいい。

      今度こそ、家族からありったけの愛情と関心を注がれ、

      健やかな身体で生を謳歌できますように。


      そしてまたこんな屈託のない笑顔を見せてくれますように。

      o0406058513025034206.jpg

      いっちゃんの魂よ、どうか安らかなれ・・・・。




      最後に・・・


      預かりさんご家族の深い愛情と頭の下がるほどの日々の献身なくば、
      ここまでの笑顔を引き出すことは難しかったことでしょう。
      彼にとって預かりさんは、「ボクの家族」だったはず。
      であれば彼にも、ちゃんと家族がいたのです。


      (※画像は、預かりさんのブログから拝借いたしました。)

       
      21 : 22 : 18 | つぶやき | page top
      | ホーム |