新年の抱負 ~種と根っこ~
      2010 / 01 / 05 ( Tue )

      いよいよ2010年。
      新年になって5日目を迎えました。
      2010年が皆さまにとりましても幸多き一年でありますように。
      本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

      皆さま、お正月はいかがお過ごしでしたか?
      今年の三が日はお天気に恵まれ、初日の出や初詣には沢山の方が
      おでかけになったことでしょう。

      私は、大部分の時間を動物たちとまったり過ごしました。
      遠出はせず、牧場で遊んだり、自宅で一緒にゴロゴロしたり..。
      (ん、普段のオフの日と変わらないか(^_^;))

      新年の抱負を胸に、昨日からお仕事を開始された方も多いこと
      でしょう。
      TEAM WILLの新年の抱負を述べるにあたり、まず、先日知人宅に
      お邪魔した際に見聞きしたお話からご紹介したいと思います。

      そのお宅には、樹齢100年近い見事なケヤキの木が空高くそびえて
      いまして、私は「ほえ~。すごいなぁ...」と惚れ惚れ見上げ
      ながら、両腕の長さの4~5倍の直径はあろうかと思われる幹の
      周りをぐるり歩いておりました。

      と、突然「コツン!」とつま先が何かにぶつかり、危うく
      前につんのめりそうになりました。
      下に視線を落とすと、そこにあるは地表に現れた木の根っこ。
      ぶっ太い幹から伸びた根っこも、これまた太い!

      「大きな木はさすがに根っこも見事ですね。
       つまづいちゃいましたよ、あはは」

      照れ隠しに、お近くにいらしたこのお宅のお父様に
      声をかけますと、こんな言葉が返ってきました。

      「そりゃぁ、これだけの木を支えるには、根がしっかりして

        いないとね。

       木の根っこはね、樹高と同じくらいの長さがあると

        言われているんだよ。

        地表からは見えないけどね。」


      再び木を見上げますと、地上からゆうに20メートルは
      あろうかという高さ。

      地中に伸びる根っことあわせて40メートル!?
      口から出るはまたもや「ほえ~・・」の一言。
      ありとあらゆるものを養分として少しずつ少しずつ
      根をはり、成長し、土台をしっかり築いて100年かけて
      大木となったケヤキの木。

      TEAM WILLが目指す姿のヒントが、この根っこに
      詰まっていました。
      といっても、決して大木を目指すという意味ではありません。

      背丈が短く、幹も細く、けっして目立たなくとも、嵐や台風
      に負けず、倒れず、すべての出来事を養分にして、ほんの
      わずかずつでも「芯」をしっかり地面にはやし続けるTW
      独自の木を目指すこと。
      これは、私たちにとってとても大きなチャレンジです。

      そして、肝心の今年の抱負はといいますと・・・。
      現在のTEAM WILLは、いうなればまだ種子。
      それもまだほんの小さな種です。

      昨年は、たくさんの方にご協力いただけたお陰で、どうにか
      こうにか畑をならし、種を蒔く準備が整いました。
      今年は、種を蒔き、土をかぶせ、水やり、栄養を与え発芽を
      目指すシーズンです。

      失敗や悪天候、期待したような成果に見舞われず、ガックリ
      することも多々あることでしょう。
      でも、樹高20メートルにも達するケヤキの木も、始まりは
      鉛筆の芯の先ほどの小さな種だったはず。
      そして木の種子は、草花とは異なり蒔いてもすぐには芽を出さず、
      発芽するタイミングをじっと待ち、「その機」が到来したら
      ひょっこり芽を出すことしばしばだそうです。

      地表に芽が現れずとも、クサらず慌てず今、やるべきことを
      しっかりやり続け「その時」をワクワク楽しみに待つ「種」
      であること、それが今年の抱負です(^_-)

      今年もワクワク楽しいことをたくさん企画しようっと!

      新年早々、まとまりに欠けた文章に、最後までお付き合い
      くださり、どうもありがとうございました!

      皆さま、どうぞよい一年を^^!

      image4476.gif
      image4468.gif




      12 : 54 : 21 | ごあいさつ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
      <<愛犬家とは | ホーム | ありがとう、そしてよいお年を!>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL
      http://teamwill.jp/tb.php/61-f77c2324
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |