残念です。
      2014 / 05 / 25 ( Sun )
      お客様の中に、いつも元気一杯!なフレンドリー君がいます。

      玄関を大ジャンプしてお庭にダッシュし、勢い余ってすってんコロリン。
      周囲を笑顔にしてくれる、天性のムードメーカーです。

      そんな彼が、実はパテラ(膝蓋骨内方脱臼)で、
      最近お散歩中に2回も膝が外れていたことを
      今日はじめてママから伺いました。

      絶句しました。

      パテラ持ちの子は、スリップもジャンプも厳禁です。

      なぜもっと早く、獣医さんからママに注意喚起がなされなかったのだろう、と
      残念に思いました。

      主治医がご家族に果たしてどこまでパテラについて説明されていたのか、
      ご家族がどの程度パテラについての知識がおありだったかはわかりませんが、
      もう少し早いタイミングで、住環境に配慮してあげることができていたら、
      進行は防げたやもしれません。

      愛犬をこよなく大切にされている飼い主さん。
      全幅の信頼を置く主治医からしっかり注意喚起がなされていたなら、
      何をおいてもまずフローリングの滑り防止対策や、高い段差のある玄関に
      スロープを設置されたはずだ、と私は思います。


      パテラとは、簡単にいえば、「ひざのお皿」が外れてしまう、ひざ関節の病気です。
      主に小型犬に多く見られ、脱臼の度合によってグレードI~IVまでの
      四段階に分けられ、重症もしくは進行が想定される子はオペが施されます。

      一概にはいえませんが、低いグレード(Ⅰ~Ⅱの初期)の子の場合は、
      抗炎症剤や関節保護サプリなどの内科的治療と、体重管理、スリップ防止などの
      住環境の見直しを図ることで経過を見るケースが多いです。


      本日のレントゲンの結果、脱臼が進行していることがわかり、
      近い将来オペも視野に入れて検討中、とママさんから伺った時、
      なんともやるせない気持ちになりました。


      パテラだったとは・・・。

      もしわかっていたらなぁ・・・。




      ママさんのお電話の主旨は、もし仮にオペを選択した場合、
      TWとしてのサポート体制に関する事前確認でした。

      今後の治療や留意点に関する意見を求められたわけではありません。

      が、私は余計なお世話を承知で、こうお伝えせずにはいられませんでした。

      「一度外科専門医のセカンドオピニオンを検討されては?」


      主治医を信頼しきっておられるママさんには、
      歓迎されない提案とわかりつつ。

      これまで幾度となく飲み込んできた言葉を
      今日、はじめて口に出しました。

      おそらくママさんにお伝えするのは、最初で最後だと思います。


      揺るぎない拠り所、安心感を与えてくださる獣医師は、
      私たち迷える飼い主にとって何よりもありがたい、時に神さまのような存在です。
      私もそのような主治医に恵まれたなら、どれほど精神的負担が
      軽減されるだろうと心から思います。

      でも、最終判断を下すのは私たち飼い主。
      愛犬にとって、その時々の最善策を選択するためには、
      (本当にこれが最善の治療なのだろうか?)と多角的に検証する視点を
      持ちあわせないことには危ういな、と思うのです。

      それは時間も手間もお金もかかることですし、
      これまで享受してきた安心感を手放し、
      不安の中に身を置くことになるかもしれません。
      それでも私たちが、自分なりの判断基準を持とうと努力することが、
      客観的かつ信頼性の高い情報を得るべく努めることが、
      ひいては愛犬のbenefitに繋がると、私は信じています。


      今のママさんが必要とされているのは、
      出過ぎたことは口にせず、求められたことだけをしっかりこなす
      プロフェッショナルなのかもしれません。



      まぁ、なによりがっかりしたことは、
      パテラを見抜けなかった自分自身ですね。

      思えば、これまでのママさんとの会話の中でもヒントがあったわけですし、
      多々お世話する機会に恵まれていたのに・・・・。

      ベリーで関節保護の重要性が身に沁みていながら、注意力が足りませんでした。
      経験を活かすことができませんでした。

      ほんとに残念でなりません。


      なんとかオペせずに済むといいなぁ。

      22 : 05 : 16 | つぶやき | page top
      | ホーム |