雪じろうとベッド
      2014 / 05 / 20 ( Tue )
      GWのあと、実家に数日帰省しました。

      foodpic4903479.jpg
      階段を陣取る猫組。





      foodpic4903482.jpg
      お?




      foodpic4903484.jpg
      おお?




      foodpic4903487.jpg
      近い近い!




      foodpic4903489.jpg
      やりなおし。




      foodpic4903495.jpg
      いいかい雪じろう、距離感というものがだね、




      foodpic4903492.jpg
      聞いてくれない・・・・。





      foodpic4903497.jpg
      そばに人がいなくとも、一人寝できるようになった雪じろう氏(もうじき5歳)。




      foodpic4903501.jpg
      ずいぶんお兄ちゃんになりました。





      foodpic4903504.jpg
      あ、起きた。




      foodpic4903505.jpg
      驚いとるw。




      foodpic4903509.jpg
      怒っとる・・・・。





      foodpic4903513.jpg

      え、や・・・・ここ私の部屋・・・・。




      両親によれば、かつてベリーも、出勤する私を玄関でお見送りしたあとは、
      トコトコ階段をあがって、私のベッドにまっしぐらだったとか。


      帰宅後、掛け布団にできた大きなくぼみを見るたび、ほっこりしつつ
      少し切なくなったのを覚えています。

      ここは私とベリーの部屋でした。

      私の中では、今もそれは変わりません。





      最後に懐かしいお写真をぺったん。

      雪じろう VS. チビモフ男

      foodpic4843623.jpg




      foodpic4843624.jpg




      foodpic4843626.jpg




      foodpic4843627.jpg




      foodpic4843629.jpg





      foodpic4843634_20140520104225559.jpg





      foodpic4843636.jpg
      よくよく見たら雪じろう、ハンターの目だ・・・・。



      ちなみに、モフ男の体重が3倍近く増えた現在も、
      変わらず相手してあげる雪じろうは、やっぱりお兄ちゃんだと思います





      (おまけ)

      foodpic4843582.jpg



      foodpic4843590.jpg



      foodpic4843645.jpg




      foodpic4843642.jpg

      時が経つのは早いなぁ・・・・。




      今日もお読みいただき、ありがとうございました
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村

      テーマ:我が家の猫 - ジャンル:ペット

      11 : 46 : 14 | 猫の話題 | page top
      | ホーム |