おすすめ犬映画
      2009 / 12 / 26 ( Sat )
      クリスマスが過ぎますと、はや気分は
      「もう少し寝るとお正月」。
      皆さん、お正月休みは、どのようにお過ごしですか?
      愛犬とまったりもよし、寝正月もよし、読みたくて
      読めずにいた本やビデオ鑑賞にトライするもまたよし^^

      今日は、「お正月休みは、自宅で映画鑑賞」というビデオ派の
      方に、私が独断と偏見でオススメしたい犬映画(正しくは犬が
      出てくる映画)の3作品をご紹介させていただきます。
      ※あくまで私の個人的な好みですのでご了承ください(^_-)

      まず最初は、ドキュメンタリー派の方に。

      ①狩人と犬、最後の旅
      51zyrc4NoqL__SL500_AA240_.jpg
      原題:The Last Trapper
      2004年
      フランス・カナダ・ドイツ他
      94分(コレクターズエディションは101分)

      こちらの作品をなぜスクリーンで観なかったのか、激しく
      悔やまれます。この映画は、間違いなく大画面で観るべき
      作品でした。
      ロッキー山脈の雄大な自然の中で生きる実在の狩人(トラッパー=
      罠猟師」)ノーマン・ウィンターと犬たちの暮らしを追った
      ドキュメンタリータッチの映画です。

      main40.jpg

      主人公のノーマンは、俳優ではなく正真正銘の狩人。
      実際、ロッキー山中に住み、罠を仕掛けて獲物を捕る狩人は本当に
      彼が最後の一人といっても過言ではない状況だそうです。
      ノーマンの、仕留めた生き物の命に対する敬虔な思いに心打たれます。
      イヌイットやネイティブアメリカンに通じるものがあるように感じ
      ました。
      kanu35.jpg
      ※カヌーに犬も同乗しています!

      厳かなまでの美しさと冷徹さを見せる大自然の中で、
      ノーマンを支える妻、友人そして彼を慕い、心から信頼する
      そり犬たちの絆のなんと強いことか。
      冒険家でもあるニコラス監督は、インタビューでこう述べて
      おられます。「この映画は犬映画ではありません。
      ただ犬が好きだからという理由でご覧になると、その暮らしの
      過酷さに、ちょっぴり驚いてしまうかもしれません。
      だけど、犬たちはノーマンを信じ、与えられた役目をひたすら
      果たしていく。それは言葉を失うほど感動的なものです。」
      sori35.jpg

      ※余談ですが、映画に登場したそり犬はほぼ全頭監督ご自身の
      犬だそうです。そしてDVD特典のメイキングシーンも
      とても興味深いです。

      asa35.jpg

      狩人と犬 映画紹介

      アマゾンDVD


      お次は、ラブロマンスがお好きな方にオススメの作品。

      ②恋愛小説家
      51Mrkb5A07L__SL500_AA240_.jpg
      原題:As Good As It Gets
      1997年 アメリカ 138分

      こちらも犬が主人公の映画ではありませんが、観るたび心がほんわか
      する大好きな作品です。
      ジャック・ニコルソン演じるベストセラー作家は大の人間嫌いで異常
      な程の潔癖症、誰かれ構わず悪態をつく偏屈おじさん!(しかも隣家
      の愛犬をゴミシューターに投げ入れて知らん顔)
      そんな嫌われ者の作家と、バツイチ子持ちのウェイトレスが織りなす
      不器用な恋を、優しくユーモアを交えて描いた作品です。
      ヒロインのヘレン・ハントはもちろん、俳優人がみんな素晴らしい!
      この作品でジャック・ニコルソンとヘレン・ハントは97年アカデミー
      賞の主演男優賞と主演女優書をダブルで受賞したのですが、彼らと
      ともにその演技を絶賛されたのが、主人公に他者への優しさ、思い
      やりを持つことの大切さを気づかせるきっかけとなる隣家の愛犬
      「バーデル」を演じたワンちゃんだったとか。
      (冒頭、主人公にゴミシューターに入れられちゃうんですが・・・)
      ベルギー産のブリュッセル・グリフォンという犬種をこの映画で
      初めて知りました。
      ひょんなことから、バーデルを預かることになった主人公は、
      バーデルに振り回される毎日。でもいつしか彼の顔には優しげな
      笑顔が・・・
      犬好きの方にもきっと満足いただける作品だと思います^^

      私が特に好きなシーンに、主人公がバーデルにピアノを弾きながら
      歌を聞かせる場面があります。その時の歌はモンティ・パイソンの
      映画の挿入歌「Always Look on the Bright Side of Life」
      こちらのYoutubeで「恋愛小説家」のシーンと共に
      「Always Look on the Bright Side of Life」をお聞きいただけ
      ます。

      As Good As It Gets(Youtube)

      この歌、本当にいいなぁ!
      (日本語字幕はありませんが、バーデルの可愛い仕草も
       ご覧いただけます)

      余談ですが、映画の中のバーデルはオスの設定ですが、実際バーデル
      を演じた子はメスだったそうです。冒頭のオシッコシーンも演技
      だったのか!と驚きました。
      アマゾン DVD


      最後は、「やっぱり映画はコメディに限る!」という方向けオススメ作品。

      ③ドッグ・ショウ!
      4_47765.jpg

      原題:BEST IN SHOW
      2000年 アメリカ 90分

      年に1度行われる全米で最も名高いドッグショー“メイ・フラワー・
      ドッグショウ”を巡る人間模様を、ドキュメンタリータッチで
      描いたコメディドラマです。
      愛犬をチャンピオンにするため、個性豊かな「愛犬家」が大奮闘
      する模様は文句なしに面白い!
      凸凹夫婦やゲイのカップル、弁護士夫妻など、各地から集まって
      くる参加者に予想外のアクシデントが襲います。
      この映画を観た、ドッグショーを楽しむ友人曰く、「ちょっと
      誇張されて描かれてはいるが、かなりいいところを突いていて
      面白かった。」とのことでした。
      ドッグショーに興味がない方も、楽しんでいただける作品だと
      思います(^_-)。

      余談ですが、凸凹夫婦で妻を演じた女優さん、どこかで見覚え
      が・・・と思っていましたら、「ホームアローン」でカルキン君
      演じる息子を家に忘れてしまったうっかりママでした!懐かしい!

      すっかり長くなってしまいましたが、いかがでしたでしょうか?
      皆さんのオススメの犬映画情報も私宛にどしどしお寄せくださいね。
      楽しみにお待ちしています^^!

      ちなみに私は、お正月に「マーリー、世界一おバカな犬が教えて
      くれたこと」をレンタルする予定です^^
      marley_convert_20091226165301.gif

      imgd2eba3dezik0zj_convert_20091226161157.jpg

      59fd8a1e_convert_20091226161021.jpg

      2009022001_001_convert_20091226161058.jpg

      トレイラー

      アマゾン DVD


      映画って本当にいいものですね。

      17 : 35 : 01 | 映画 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
      <<温湿布のススメ | ホーム | メリークリスマス!>>
      コメント
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL
      http://teamwill.jp/tb.php/56-5903826f
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |