はじめてのお泊り(ピュアセーブルのケリーちゃん)
      2013 / 12 / 20 ( Fri )
      今日も、ほぼ一日雨でした。

      foodpic4357567.jpg
      やる気のでないオラ。







      こんなかんじで、一日ぐだぐだしておりました。
      foodpic4357577.jpg
      エネチャージして、明日パワー全開しそうだなぁ・・・。






      遅ればせながら、先日はじめてのお泊りにきてくれてたコリーちゃんの
      お写真をご紹介。

      foodpic4341928.jpg
      生後半年のまだあどけないケリーちゃん。ピュアセーブルのとっても可愛い女の子

      はるばる愛知県からやってきたそうです。






      最初こそ、大きなおにーさんたちに気おくれしていたケリーちゃんですが・・・





      foodpic4341970.jpg







      さすが好奇心旺盛なパピー。
      すぐオモチャで遊び始めました。
      foodpic4341959.jpg






      ゲット♪
      foodpic4341978.jpg







      フィンちゃんにも興味津々。
      foodpic4341982_20131220232328610.jpg







      フィンちゃんのオモチャもゲット♪
      foodpic4341990.jpg







      エヘ♪
      foodpic4341966.jpg







      フィンちゃんは絶賛爆睡ちう。
      foodpic4341975.jpg







      あ、起きた。
      foodpic4341996.jpg





      さらにフィンちゃんがお水を飲みに外したすきに・・・・






      お布団拝借(笑)
      foodpic4342002.jpg







      3ショット。
      foodpic4341944.jpg
      すっかりなじんでいるケリーちゃんでした






      foodpic4342016.jpg
      ケリーちゃんは、三代目のコリー。
      ケリーちゃん家では、ペットホテルに愛犬を預けるのは、はじめてのご経験だそうです。







      お知り合いのデュークくんのママからチームウィルのことをお聞きになって、
      今回はじめてご利用いただけることになりました。

      foodpic4357751.jpg
      このようなご縁ほど、嬉しいものはありません。

      デュークママさん、デューちゃん、本当にどうもありがとうございます
      (私信:デューちゃんのお腹の具合が良くなって本当によかったです!)





      foodpic4342008.jpg

      今回は初めてづくしで、ご家族もケリーちゃんもドキドキだったことと
      思われますが、ケリーちゃん本当によくがんばりました!






      foodpic4341940.jpg
      また会える日を、楽しみに






      (おまけ)

      お客様用としては、はじめてケージを出しました。
      foodpic4341918.jpg
      普段から「ケージで寝る派」のケリーちゃん用に出したケージに、
      ちゃっかり入って寝入るオラ。






      しかもぎゅうぎゅう。(ちなみにコチラでLサイズ)
      foodpic4341922.jpg
      結局ケリーちゃんにも小さすぎることがわかり、XLサイズを出動。






      まだパピーのケリーちゃん用に、シーツを敷き詰めると・・・・





      ソッコーでコテン寝

      foodpic4341926.jpg

      いや、どうでもいいけれどキミ、最近の写真は寝姿ばっかりだな・・・・。





      ちなみに、チームウィルは、完全室内フリーのペットホテルです。

      おうちにいるように過ごしてほしいとの考えから、ソファーや、マイベッド、
      私と一緒のお布団などなど、夜間も各々好きな場所で寝てもらいます。
      (ただし、万が一の異変にすぐに気づくよう、必ずスタッフが同室します)



      が、今回のようにクレートトレーニングや安全確保の観点から、
      ご自宅でも夜間ケージで休ませている子の場合は、
      ケージをご用意いたしますのでお申し付けください。





      (余談)

      見学におみえになるお客様から時々このようなお言葉をいただきます。


      「ケージに入れっぱなしのホテルより、
       ケージレスのホテルの方が安心できますね。」



      ありがとうございます、と言いつつ、内心(一概にそうとも言い切れないのでは・・・)
      という思いがぬぐえません。


      愛犬に、短期間とはいえ、ケージに閉じ込めっぱなしの生活を
      強いることなど考えられない、というのは私も同じ。


      でも、命あるものをお預かりする上で、一番大切なことは安全管理」です。


      私がもしモフ男を他のホテルに預けるとしたら、安全性に不安が残る環境下で
      フリーにされるよりは、ケージに入れてもらうことを希望すると思います。


      一人のスタッフの目の行き届く頭数には限りがあります。


      チームウィルにて、1日のお預かり頭数を原則3頭までとしているのはこの理由からです。
      (※あくまでTWの環境下において妥当な頭数、という意味です)


      すべてのお預かりに、室内を開放していますが、
      もし、災害時やその他犬たちの安全確保に不安が残る状況となった場合は、
      ためらわずにサークルやケージを使用するつもりでおります。


      お預かり犬の安全性(safety)と心地よさ・快適さ(comfort)を両立
      させるべく努めていますが、万が一両立が難しいと判断した場合は、
      迷わず犬の安全を優先します。


      咬傷や脱走事故に犬たちを巻き込むことは絶対あってはなりません。

      犬たちを、それらの危険から守り、無事家族の元にお返しすることは
      ホテル側の第一の責務です。


      経営者が自分たちのキャパシティーを熟知した上で「ケージインタイプ」のホテルを
      選択しているとしたら、そうでない「ケージレス」タイプのホテルより
      ある意味安全性は高いといえるのではないでしょうか。
      少なくとも、私はそう考えます。



      「ケージレスだからよいホテル」「ケージイン式だから悪い」といった
      先入観は、時に危険をはらんでいる気がしてなりません。



      もちろん、安全性に細心の注意を払って運営されているケージレスホテルは
      全国にたくさんあるはずですので、愛犬のホテル選びも妥協したくない!
      という愛あるパパ、ママさんは、ぜひ情報収集をがんばっていただきたいと思います。
      (ネットや口コミの評判だけに頼らず、実際にホテルに足を運び
       環境や経営者、スタッフの「人となり」などを確認されることをおすすめします。)


      大事な大事な愛犬の命を託す先です。

      厳しい目でチェックし、おめがねにかなったホテルを見つけてあげてください。


      「求めよ、さらば与えられん」

      がんばってください!



      にほんブログ村 犬ブログへ
      にほんブログ


      23 : 55 : 57 | ホテル日記 | page top
      | ホーム |