FC2ブログ
      ベリーとショーと、待っている犬たち
      2013 / 10 / 22 ( Tue )
      晴れま。

      000073.jpg






      foodpic4103498.jpg






      どこか厳かな空気漂うイエスタデイもーにんぐ@東大
      IMG_2966.jpg

      今朝は銀髪をめされた外国人のおじさまが、
      木の幹に両手をそっと当て、しばしじっと佇んでおられました。
      何かに耳を澄ましていらしたのか、祈りを捧げていらしたのか・・・。






      foodpic4103507.jpg
      くんくんチックちうのフィンちゃん。






      を、待つモフ男。
      foodpic4103514.jpg
      お、ちょいとステイポーズちっく。






      foodpic4103517.jpg
      成犬になってからは、モフ男に一度もステイをさせたことはありません。

      生後8か月で出たショーが、最初で最後となりました。

      その時の記事→「コリー展 in 山中湖 ~トホホなデビュー戦~


      このデビュー戦の後、オーナーハンドリングでのショーイングは
      あきらめ、耳の矯正もやめてしまいました

      「この子と一緒にショーに挑戦したい!がんばりたい!!」

      その強い想いが、私には欠けていました。


      プロハンさんにお願いすることは、考えませんでした。

      かつて、母に問われた言葉が頭に残っていたのだと思います。

      foodpic4105848.jpg
      Maverick at Champion of Champions 2008



      ベリーは3歳で我が家に来たとき既に、JKCのチャンピオン完成まで
      残りカード2枚というところでした。

      でも、彼の同胎のカミュやブランディは、とっくの昔にチャンピオン。


      (この子だって、兄弟と遜色ないはず!
       早くチャンピオンにしてあげたい。)←まぁ私のエゴですね。


      ショー経験も知識も皆無な自分ではとうてい無理と、
      プロの方にお願いし、ショーイングしました。

      foodpic4105844.jpg

      ショー当日の朝、3時前からいそいそ用意をはじめる私に、
      母が尋ねました。


      「チャンピオンになって、ベリーの何が変わるの?」


      その時私は返答に窮し、ただ黙っているしかありませんでした。

      そしてベリーを亡くしてから思いました。
      もし自分がオーナーハンドリングで挑戦していたなら、
      きっとこう答えることができたろう、と。

      「チャンピオン完成は目標。
       でも、一番の目的はベリーと一緒にショーを楽しむこと。」

      foodpic4105839.jpg

      その後、縁あって迎えたモフ男とは、一緒にショーイングするんだ!
      とアツい思いでコリー展にトライしたわけですが・・・。

      不器用でおおざっぱな自分には、ほとほと向いていない世界だと痛感して
      あえなく断念。


      それ以来、オーナーハンドリングで愛犬とショーを楽しまれている方は
      私の憧れです。


      最後に、無知なへっぽこオーナーに代わり、
      ベリーを美しくショーアップしてくださった、
      Sさん、Norikoさん、Iさんとブリーダーさんに心から御礼申し上げます。

      もう5年も前のことですが、私にとっては生涯忘れえぬ思い出です。
      本当にどうもありがとうございました。



      (おまけ)

      foodpic4103520.jpg
      フィンちゃんも、自主ステイちう?





      フィンちゃんは、
      foodpic4105598.jpg






      夜になっても、
      foodpic4105602.jpg





      私がお布団に入るまで
      お付き合いして?そばでぐも~
      foodpic4093995.jpg

      私がお布団に入ると、やっと隣で丸くなって寝ます。



      思えばベリーもそうでした。


      「コトン、コトン・・・・」


      パソコンルームで夜更かししてしまい、
      深夜2階の自室に引き上げる私のあとをきまってついてくる足音。


      愛してやまない犬の、懐かしくいとおしい、忘れえぬ足音。

      いつも、心に。
      maverick.jpg


      余談ですが・・・・

      ベリーが亡くなって間もなく届いたガゼット(JKCの機関紙)に、
      ベリーのお里のブリーダーさんがJKCの「優良犬作出ブリーダー」
      として表彰された記事が載っていました。

      「優良犬作出ブリーダー」と表彰されるためには、対象期間内に
      チャンピオン犬を20頭以上作出しなければなりません。
      ガゼットを母に見せ、私はいいました。

      「この41頭中の1頭はね、ベリーなんだよ。」

      ベリーのショーイングに否定的だった母が、
      じっと記事を眺めていた姿が思い出されます。



      (追伸)

      この文章は胸にぐっときました。

      ドッグトレーナー齋藤美紀さん翻訳による、
      Mary A. Gilbre(ドッグトレーナー兼SMART DOGSオーナー)さん
      のエッセイ「あなたの犬は、待っています…
      ぜひお読みになってみてください。


      にほんブログ村 犬ブログへ
      にほんブログ村



      13 : 30 : 34 | つぶやき | page top
      | ホーム |