3年
      2013 / 10 / 02 ( Wed )
      FH010003.jpg





      FH010009.jpg





      FH010015.jpg



      3年前の今日のことは、今でも鮮明に覚えています。

      でも、あえて思い出さないようにしています。



      あの日、主治医はおっしゃいました。


      「この子が来てくれて、楽しいこともたくさんあったでしょう。
       この子も、あなたの家に来て楽しいこと、嬉しいことがたくさんあった。
       そこをわかってあげなかったら、この子が可哀想です。

       思い出すなら、辛く苦しい思い出ではなく、
       一緒にいて楽しかったこと、嬉しかったことを思うように
       努めてあげてほしいです。この子のためにも。」


      FH010013.jpg



      主治医の言葉は私の耳に届きませんでした。
      後悔と詫び、ただひたすらそれだけでした。


      3年経った今、ようやくあの日の主治医の言葉を反芻しています。

      FH010023.jpg
      ベリー(2004.01.29-2010.10.02)     
        

      耳を傾けよう、お前の想いに・・・。




      最愛の犬の、3回目の命日に。



      (おまけ)

      朝から雨の東京なれど、陽が射してきました!
      IMG_2314.jpg
      嬉しくて、思わずパシャ。





      こちらもパシャ。
      IMG_2272.jpg
      フォトフレームも一輪挿しも、共にみー&大ちゃんママからの
      いただきものです。

      ママさん、どうもありがとうございます。
      大切に使わせていただいております







      14 : 39 : 00 | つぶやき | page top
      | ホーム |