お盆の入り日に
      2013 / 08 / 13 ( Tue )
      ぶぅ~ん、ゴツっ!


      朝の東大をお散歩中、私の日傘に小さな飛行物体が衝突しました。

      と、そのまま日傘に着地。

      日傘を陽にかざし、傘の内側から相手の影を確認しますと、
      ボディからすらり伸びた涼しげな羽の透かしが見えました。

      おお、蝉か!

      そろーり傘を下げ、ご対面しようとしたその瞬間、

      ジェッ!!と飛び去って行きました。


      (がんばれよ、蝉!

       その短い命、無事全うできますように。)


      そんなおもいで見送りました。

      IMG_8542.jpg




      そのしばらく後、帰り道で今度はスズメのヒナを発見。

      巣から落下したのでしょうか、残念ながら電柱の下で息絶えていました。

      わずかに羽らしきものがちょこんと見られる、生後まもない
      とても可愛いおチビちゃん。


      マンションが増え、木造住宅がめっきり少なくなった都市部では、
      巣作りに適した場所が減り、暑さや外敵から身を守るに十分とは
      いえない場所に巣を設けるケースが増えてきたと聞きます。
      このヒナも、酷暑で巣から抜け出そうとして落ちてしまったのかもしれません。


      ちょうど事務所に、この子にぴったりな箱がありました。
      先日大ちゃんママから頂戴した、金魚のイラストが描かれた可愛いお菓子箱。
      箱の中に敷かれた茶の紙パッキンがちょうど鳥の巣のよう。
      大ちゃんママに感謝です。


      事務所に連れ帰り、おチビちゃんの体を拭いてお線香を手向けてから、
      誰にも掘り起こされる心配のない一角に埋葬しました。

      もし亡き祖母が生きていたら、間違いなく叱られたことでしょう。

      「いい加減にしなさい!!なんでもかんでも家に持ち帰って!!!」



      動物嫌いの祖母でした。

      でも、動物に対する憐みの気持ちは持ち合わせていた人でした。

      私は知っています。

      犬たちの水を一番こまめに取り換えてくれていたのは、
      祖母だったこと。


      「生き物は、かわいそう。」が口癖で、

      初代コリーのルイが亡くなった時、

      「これだから動物を飼うのはいやだ。」と言っていました。


      今年は、TW開業以来はじめてお盆に祖母たちを送ることができ、
      うれしく思う不精の孫でありました。




      (おまけ)

      ちなみに、この方も巣から落下した(と思われる)ところを私が発見。
      Image132_convert_20090920210736_2013081317511365c.jpg
      チュパぞう時代。(※保護して10日目くらいのお写真)



      馬屋の上に置かれた干し草の中から落下して、数時間は経過していたハズ・・・。
      暑さと鳴き疲れ?でぐったりしていました。

      親指サイズのうごうご動く物体が、生後間もない赤ちゃんネコとわかり、
      ぐひゃ~!!!したのはちょうど4年前の今頃。


      もし当時、祖母(大の猫嫌い)が存命だったなら、
      まず間違いなく里子に出されていたであろう雪じろう氏。


      今や、雪じろうのいない生活は、考えられない我が家です。
      blog9.jpg




      それでもやっぱり、私はおばあちゃんに生きていてほしかったなぁ。



      (おまけ)

      実はこの方も、我が家に来ていたかどうか怪しいところ・・・。
      0IQrpdM6oB9Xztt1376382272_1376382383.jpg



      我が家の歴代犬の中で、おそらく父の最良の相棒、ゴン太。
      blog2.jpg

      元気に長生きするんだよ。




      18 : 25 : 01 | つぶやき | page top
      | ホーム |