FC2ブログ
      おススメグッズ 「衝撃吸収マット」
      2009 / 11 / 09 ( Mon )
      すっかりご無沙汰してしまいました。
      はっと気づけばはや11月。
      すっかりブログの更新が滞ってしまい猛反省。

      介護グッズや書籍のご紹介、イベントやスタッフが
      受講したリハビリセミナー内容などなどブログでご紹介したいことは
      沢山あるのですが・・・(>_<)
      これはひとえに私の時間管理がダメダメな証拠です。
      時々覗いてくださった方々には、本当に申し訳ない気持ちで
      一杯です、すみません><!

      今年のやり残しを極力少なくできるよう、残る2ヶ月、
      気を入れ直していってみます!

      さて、本日は大変気に入っている滑り止めマットをご紹介します。
      こちらは、世界50カ国以上の製造・流通企業、ホテル、病院
      介護関連施設などにおいて導入されている米国ルドロー社の
      疲労軽減マット「コンフォートキング」。

      このカンガルーマークが目印。
      confortking-logo.gif

      こちらはペット向けの商品ではありません。
      長時間の立ち作業を要する製造現場、サービスカウンターや
      レジ、実験室などにおいて、作業者の疲労に伴う生産性低下を防ぐ
      目的で使用されています。
      (日本でもトヨタをはじめ、多くの大手企業が製造工場などで
      当マットを採用しているそうです。)
      mat1.jpg

      特筆すべきは、一般的なフロアマットと比して3倍の弾力性!
      (労働科学研究所での臨床試験により疲労軽減を実証済)
      ちなみにアメリカでは、ドッグショーにも使用されているとか。
      (納得の使用感です)

      こちらのマットをソファーや踊り場、階段下など段差のあるところに
      敷き、高齢犬や幼犬の骨折防止・衝撃から関節を保護するマット
      として使用するにはとてもスグレものだと感じました。


      例えばこのように、ワンちゃんが上り下りするソファー下に敷いたり
      CIMG0655_convert_20091109123150.jpg


      車から降りる際、降り立つ場所にマットを敷いてあげることで、
      飛び降りた瞬間にかかる脚・腰の負担をやわらげる衝撃吸収マットして。
      CIMG0905_convert_20091109121142.jpg

      使用後は、くるくる丸めて空いたスペースに収納できますので、
      場所をとりません。
      CIMG0902_convert_20091109121109.jpg

      私が独断と偏見で考える当マットのセールスポイントは
      次のとおりです。

      【ポイントその1】
       厚み約1cmながら、さすがの弾力性。

      【ポイントその2】
      フローリングの床にぴったり吸い付き、位置ズレず。
      厚みがないため、段差もできず高齢犬がつまづいたり、
      嫌がることもありません。
       (マット裏面にズレ防止のためのテープを貼る必要なし。)
       ※絨毯やカーペットの上に敷いた場合は当然ズレます

      【ポイントその3】
       表面の細かい凹凸が、滑り止めとなって高齢犬の足腰を支え
       ます。
       
      こちらが表面の拡大写真。(アップにすると、ブツブツがちょっと...)
      CIMG0647_convert_20091109121312.jpg


      【ポイントその4】
       安心の防炎適合品
      CIMG0648_convert_20091109121344.jpg

       
      【ポイントその5】
       室内インテリアにも合うカラーバリエーション
       (黒、ブラウン、ベージュなど )
      ※その他ブルー、グレーもありますが、ちょっと室内には?

      私は、直接輸入販売会社から購入しましたが、東急ハンズでも
      取扱があるそうです。
      (余談ですが、ハンズでは楽器の防音対策として購入される方も
       多いとか。)

      輸入販売会社:エー・エム・プロダクツ株式会社
      サイズは、122cm×46cm(キッチンマットサイズ)
      お値段は、8700円(確か...)
      お値段はちょっとはるのですが、耐久性が高いので、
      かなり長く使用できると思います。

       TEAM WILLの事務所でも使用しておりますので、
       実物をご覧になりたい方は、お気軽にお立ち寄りくださいね。
      12 : 31 : 05 | 介護グッズ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
      <<お知らせ ~ペットとふれあいシンポジウム&セミナーのご案内~ | ホーム | 旅行スナップより(アンドラ公国)>>
      コメント
      --興味があります。--

      台所のマットとして使ってみたいです。^^
      長時間の立ち仕事は、結構キツイですね。
      犬に股関節症が多いのは固い床のせいも
      あるのでしょうか。
      by: nyaaomi * 2009/11/14 03:37 * URL [ 編集 ] | page top
      --No title--

      nyaaomiさん


      こんにちは!コメントありがとうございます♪

      そうなのです。実は、我が家では、台所マットとしても
      重宝しています^^。
      防炎という点と、床からずれにくいため、高齢者が
      ご家族にいらっしゃる家庭は、つまづき防止によいと
      思いました。
      ペットの毛のお手入れも、これですと楽々です(^_-)。
      なーんてまるで、回し者のようですが(笑)、個人的に
      お勧めできる多目的マットです。
      これで、もう少しお値段がお手頃でしたら、言うこと無し
      なのですが・・・(-_-)

      さて、ご質問いただいた「犬に股関節症が多い原因の
      一つに固い床も?」につきまして。
      はい、あくまで私個人の考えですが、「あり」ではない
      かと考えています^^。

      選択繁殖が進まない日本において、股関節形成不全症、
      肘関節異形成症などの遺伝性疾患や「関節がゆるい」と
      いった身体的異常が股関節異常発生の筆頭に挙げられる
      と思います。
      それら遺伝因子に加え、環境的要因(得に住環境)も無視
      できないように感じています。

      肥満はもちろんのこと、アスファルトでの散歩、滑りやすい
      床での生活、階段など段差の上り・下りなどなど、一つ一つ
      の負担・衝撃は小さくとも、長い年月繰り返されることで、
      関節に継続的負担がかかり高齢期に入って、影響が
      出る犬もいるのではないかと思うのです。

      我が家も愛犬(大型犬)がプレシニアの域に入ったため
      「転ばぬ先の杖を」と思いあれこれ考えているのですが、
      家族は「心配しすぎ...」と半ばあきれ顔です(笑)。
      まぁ、確かに私が心配性なのかもしれません。
      でも、やらなかったことを後で後悔するよりも、勇み足を
      後で笑い話にすればいいか、なーんて思っています(^_-)。

      (追伸)
      余談ですが、股関節形成不全をはじめとする遺伝疾患の
      犬を減らすには、私たち愛犬家がブリーダーを選択する
      ことが何より大事ですよね。
      JKCでも2年前から股関節形成不全症をはじめ、遺伝性
      疾患検査結果を血統書に記載し、キャリアーを含め疾患
      要素を持つ犬を交配・繁殖に使用することを避けるよう
      ブリーダーに注意喚起していますが、エンドユーザーで
      ある購入者側(私たち)が、検査結果を記載した血統書
      もしくはOFAなどの検査機関の証明書の提示を
      ブリーダーに迫ることが非常に大事だと考えます。

      自家繁殖を含め、安易なブリーディングをしている
      ブリーダーには毅然と「NO」を表明し、しっかりした
      理念と知識に基づき地道に選択繁殖を続けている
      ブリーダーから愛犬を迎え入れることが、結果として
      疾患に苦しむ犬を増やさないことに繋がるのだと思います。

      またまた長くなってしまってごめんなさい!
      by: だいひょー * 2009/11/15 14:25 * URL [ 編集 ] | page top
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL
      http://teamwill.jp/tb.php/40-c0446c39
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |