ビバ野いちご摘み&市民公開講座(大阪)のお知らせ
      2013 / 05 / 26 ( Sun )
      野イチゴ。東大にて収穫。
      大変おいしゅうございました。
      IMG_8329 (2)
      (モフ男にあげたら、あむあむペッ


      野山に自生するベリー摘みは、何を隠そう子供の頃からのマイ・ロマン。

      きっかけは、↓この子たち。
      Peter-Rabbit-6_20130526145348.gif  Peter-Rabbit-27_20130526145348.gif
      ご存じ「ピーターラビットのおはなし」。

      ピーターの姉妹(フロプシー、モプシー、カトンテール)がブラックベリーを
      摘んでいるシーンと、収穫したブラックべリーを夕ごはんにいただくシーン

      子供ごころに、「黒いちご」なるイチゴはとっても甘いに違いない!
      私も摘みたい!食べたい!!ストーリーそっちのけで、もうそればかり。

      それ以降も、「大草原の小さな家」をはじめ、欧米のドラマや映画で
      籠片手に子供たちがベリー摘みに興じるシーンを羨望のまなざしで
      眺めておりました。

      そして、この日めでたく近場で野イチゴ摘みを
      体験できたわけですが、もうあまりの愉しさに
      やみつきになりそうな予感・・・。
      IMG_8343 (2)



      付き合わされるこの方は、迷惑千万のようですが。
      IMG_7752 (2)

      そうそう、野イチゴは塩水に30分~1時間ほど浸しておくとよいのだそーです。
      そうすることで野イチゴの甘みが増し、また塩分の浸透圧で実に付着している
      小さい虫などを取り除くことができるのだとか。


      ・・・ということを、水洗いした野イチゴを平らげたあとに知りました。
      んがんぐ



      illust4156_thumb.gif



      今日は、大阪で開催される無料の市民公開講座のお知らせです。
      (東京は9月開催 ※有料)

      WJVF第4回大会 市民公開講座
      主催:JAHA/日本臨床獣医学フォーラム(JBVP)
      開催日:2013年6月22日(土)、23日(日)
      会場:ホテルニューオータニ大阪
      参加費:無料
      詳細はコチラ⇒http://www.wjvf.net/


      【主なセミナー内容】

      6月22日(土)
      「犬との生活をより楽しくするために~パピーケアのすすめ~」
      講師:村田香里(もみの木動物病院)

      「高齢動物のケア」
      講師:戸塚裕久(ダクタリ動物病院焼津センター病院)

      「石田卓夫が語る猫の病気の“真実”」
      講師:石田卓夫(赤坂動物病院)

      「シニアにとって伴侶動物は最後の家族
       ~最後の家族も幸せであるために~」
      講師:柴内裕子(赤坂動物病院)
         田中亜紀(カリフォルニア大学デービス校)



      6月23日(日)
      うちの子(犬と猫)のストレスを解ってあげよう」
      講師:大谷伸代(麻布大学)
          加隈良枝(帝京科学大学)

      「人も犬も幸せになる楽しいしつけ」
      講師:水越美奈(日本獣医生命科学大学)
         矢崎潤(JAHA認定家庭犬しつけインストラクター)



      ちなみに、東京では、第15回日本臨床獣医学フォーラム年次大会が
      9月27(金)、28(土)、29(日)の3日間 、ホテルニューオータニ東京にて
      開催される予定です。

      詳細なプログラム内容がアナウンスされましたら、
      またお知らせいたします。


      余談ですが、JBVP年次大会では、アンケートに協力した参加者へ
      抽選で翌年の無料参加券が贈呈されます。

      私も参加券が当選しました。
      アンケートに書いた内容は、主に次の2点。
      1.ハンドアウト(スライドを縮小コピーしたもの)の配布希望。
      2.展示会場のブースにおける、モデル犬同伴の見直し提案。

      JAHA、盲導犬協会、聴導犬協会などのブースでは、
      モデル犬の姿が認められました。 
      私が通りがかったとき、みな一様にげんなり疲れた表情で伏せたり
      寝転がったり。
      いつも思うのですが、どうにかならんものかいな、と。
      モデル犬の存在意義を否定するつもりはありませんが、
      日に何千人もの人が出入りする会場の一角で、うつろな目を
      した犬を見るのは本当に忍びないです・・・。


      『モデル犬の身心の負担を考慮し、当フォーラムでは、
       犬の同伴は見合わせ、活動紹介の際は極力ビデオを用いるよう
       各団体に推奨しております。』なーんて一文が謳われたら、
       拍手喝采する参加者は少なくないはず(と思いたい)




      そうそう、以前当ブログでご紹介した、ファシリティードッグに関する
      トークショーが東京(三田)で開催されるようですので、こちらも併せて
      ご案内しますね。 (本日現在、残席4。お早めに!)


      「シャイン・オン!トークショー 
       -日本の医療現場におけるファシリティドッグの役割-」

      開催日:2013年6年9 日(日曜)
      時間:13:30 – 15:00
      会場:イデアインターナショナル
         (東京都港区芝5丁目13番18号 M.T.Cビルディング7階)
      参加費:2,000円(収益金はファシリティドッグの活動費用に充当)
      主催: 認定NPO法人シャイン・オン・キッズ

      詳細はコチラ⇒http://peatix.com/event/12943



      セミナーの類は、行ける時に行っておかれることをおススメします!

      18 : 45 : 30 | 外部イベントのご案内 | page top
      | ホーム |