Forget-me-not
      2013 / 04 / 16 ( Tue )
      お久しぶりの代々木公園で、くうちゃんと。
      IMG_7230 (2)



      IMG_7231 (2)



      IMG_7241 (2)


      ぷりっぷり。
      IMG_7279 (2)



      IMG_7278 (2)


      IMG_7259 (2)



      IMG_7249 (2)



      IMG_7252 (2)



      くうちゃんは、
      IMG_7269 (2)



      本当に絵になるなぁ。
      IMG_7270 (2)



      いつも楽しい時間をありがとさんね。
      IMG_7254 (2)



      帰りしな、道端で目にした忘れな草。
      IMG_7291 (2)
      アスファルトの、ほんのわずかな隙間をぬってコンニチワしていました。



      illust1925_thumb_20130416174140.gif


      DDの初七日にあたる10日、牧場に顔を出しました。

      1週間前のあの日と同じく、ツツジ咲き誇り、ひばりさえずる
      うららかな日でありました。

      DDが毎日放牧されていた放牧場をテクテク歩いてみました。
      牧場の一番高い場所に位置し、大好きな仲間とおじさんが
      一望できる絶好の見晴らし。
      吹き抜ける風が、とても心地よかったです。

      IMG_2714 (2)
                             2012年9月1日 早朝


      DDがいた証、ボロ(馬糞)がそこかしこにありました。
      (おじさんの牧場では、土壌の養分とするため、ボロはあえて
       一部残しておきます。)

      DDのボロを養分として牧草たちがすくすく育っていきます。
      その牧草はいつか他の馬たちの餌になることでしょう。

      CIMG0579 (2)
                            2009年9月24日 昼下がり



      毎年、放牧地の一角に咲くコスモスを、私は「アグネスのコスモス」と
      呼んでいます。
      CIMG0615 (2)
      DDと仲良くしてくれた紅一点のアグネスが旅立った07年の夏はひどい酷暑。
      彼女の厩舎前に植えられていた、牧場でただ一つのコスモスも
      枯れ朽ちてしまいました。

      ところがその翌年、彼女のいた放牧場にひょっこりコスモスが
      咲いたのです。
      どうやら彼女が蹄の裏にコスモスの種をつけ、放牧場に運んだ模様。
      だからこのコスモスは、アグネスの置き土産。
      そしてたぶん、彼女の「忘れな草」。


      昨年この「アグネスのコスモス」を、おじさんが一株
      馬頭観音さんの前に植え替えてくれました。
      たった一株なれど、ピンクの花をたくさん咲かせたのだそうです。

      「今年はその時落ちた種から、たくさんのコスモスが咲くわよ。」
      と、おばさん。

      ふと地面を見ると、はたしてコスモスと思われる小さな小さな
      芽が一つ、二つ顔を出していました。

      私の楽しみが、またひとつ増えました。


      CIMG0536 (2)



      今、この瞬間を十分に生きる - そんな旅を始めましょう、
      馬たちから教わったとおりに。

             クラウス・フェルディナンド・ヘンプフリンク


      画像 046 (5)
      よく生きた30年でした。
      あっぱれな、わたしの自慢の馬。
      ゆっくりおやすみ・・・・。







      23 : 39 : 56 | お馬さんの話題 | page top
      | ホーム |