ホワイトシェパードのさくらちゃんとTWホテル考
      2013 / 03 / 31 ( Sun )
      お散歩仲間のさくらちゃんが、ママとホテル見学にきてくれました。


      「スキスキ攻撃」をあびせまくるモフ男。
      m6USeKY4HcFfcfB1364712229_1364712389.jpg
      あんまりしつこいので、お縄になりました。



      お部屋チェックが無事終了した模様。
      IMG_7053 (2)



      さくらちゃんは、いつも笑顔。
      IMG_7060 (2)



      見ているこちらも、ほんわか幸せな気持ちになります
      IMG_7064 (2)



      でもキリッ顔もステキ!
      IMG_7066 (2)



      _45pbRMmv4ZEXSk1364713295_1364713392.jpg



      とうとうウトウト・・・
      IMG_7051 (2)



      さくらちゃん、モフ男と来月のお泊りを楽しみに待ってるね!





      さくらちゃんたちとは東大でよくお会いするものの、ホテルにお越し
      いただくのは今日がはじめてでした。


      「ここなら、おうちにいるのと変わらないですね。」


      部屋をご覧になったママさんの第一声に、じーん


      そう、まさにそれこそが、チームウィルの「こだわり」。

      お預かりの子たちに、おうちにいる時とそう変わらない生活を送ってもらいたい!
      そのために重視しているのが「ヒトの日常生活と切り離さない」
      であります。

      ヒトが日常生活を送る空間の中で一緒にすごす。
      完全室内フリーとしているのは、そのため。


      キッチンに立って何やらコトコト始める人を期待のまなざしで見上げたり、
      電話に出るや、傍らにやって来て「撫でれ♪」したり、
      「朝だよ、ごはんだヨー」とお顔をペロリして知らせてくれたり・・・(笑) 

      そんなもろもろの、普段おうちでフツーにしている行為が
      できる環境であること。

      そう、一言でいえば「知り合いの家にお泊りに行く」感覚ですね。


      もちろんおうちが一番。でも、ココで過ごすのもけっこう楽しいカモ。
      そうお泊りワンずに感じてもらえるよう、精進精進
      IMG_7075 (2)



      (おまけ)
      FH000026_1 (2)
      [photo by S.Shibata]

      我が家の初代コリー「ルイ」。両親が最も可愛がった子です。
      信じられないほど優しく、穏やかで可愛い甘えん坊、でも
      ちょっとした環境の変化がストレスとなり、すぐ血便になってしまう
      大変デリケートな子でした。


      そんなルイをペットホテルに預けることなど、どだい無理な話でした。
      (検査・治療のため入院した病院でも、ストレス反応が強かったため、
       主治医判断により予定よりだいぶ早く退院しました。)
       

      ルイのような子も、安心してお預けいただけるホテルにするのが
      私の目標です。

      まだまだ道遠し、ですけれど。




      21 : 25 : 13 | ホテル日記 | page top
      | ホーム |