寄付金送金のご報告(2012年度)とお礼
      2013 / 03 / 25 ( Mon )
      毎年ご報告が遅れてすみません
      3月18日付で北海道盲導犬協会に2012年度分の寄付金を送金いたしました。

      IMG_6968 (2)

      【募金内訳】 対象期間:2012.3.1~2013.2.29

      注文総件数:78件

      当ブログのアマゾンアフィリエイト収入:3,531円
      amazon fee

                              
      店内募金(ミーナの募金箱)     :2,078円
           
                           総額:5,609円

      ご協力くださったみなさま、本当にどうもありがとうございました!

      中には、わざわざ当ブログからアマゾンでお買いものくださる方も
      いらっしゃるようで、本当にありがたいことです!
      直接(募金箱)・間接(アフィリエイトフィー)問わず、みなさまから
      寄付いただいたお金は、1円に至るまで全額、北海道盲導犬協会 老犬ホーム
      宛てに寄付させていただきました


      アマゾンのアフィリエイトフィーがおかげさまで2011年度より倍増した一方、
      店内募金額がはかばかしくなかった要因は、一にも二にも設置場所にあったと
      反省しています

      しばらくは人目につく場所(テーブル上)に置いていたものの・・・・
      IMG_6654 (2)


      スペース的に厳しくなり、結局こんなことに・・・。
      IMG_6972 (2)
      すっかりオブジェと化してしまったミーナ・・・。


      いろいろ考えた末、いったんミーナの募金箱は協会にお返しすることにいたしました。
      今のTWの状況では、募金箱をお預かりしている意味がほとんどないと判断しました。

      もちろん、アフィリエイトフィーの全額募金は引き続き続けていきます。


      ところで先日(3/11)、北海道盲導犬協会 老犬ホームの担当職員の辻さんに
      現在のホームの様子を伺いました。

      その日の時点で、老犬ホームで生活する引退犬は、計8頭。
      内、4頭は老犬ホームが終の住処である子たち。
      残る4頭は、里親さんから短期間お預かりしている
      ショートステイの子たちとのことでした。

      ショートステイは、里親さんのご事情(ご旅行や体調不良)
      や引退犬の病状などにより、ホームでのケアが望ましいと
      判断された場合にお預かりしているそうです。

      ホーム永住組は、持病により里親さんへの譲渡を見合わせた子や、
      ユーザーさんの強い希望を受けてホームで余生を送っている子たちだ
      とのことでした。
      (ホームで余生を送らせたい、というユーザーさんのご心情は、
       わかる気がいたします。
       ホームであればいつでも気兼ねなく元の相棒に会い、様子を伺い
       知ることができますし、なにより気心の知れたスタッフたち
       による24時間態勢の手厚いケアが約束されているので安心できます。)

      ちなみに、ユーザーさんのたっての希望があった場合でも、
      その犬の性質上、他の犬との共同生活に強いストレスを感じてしまうだろうと
      思われる場合は、一般家庭で余生を送ることがその犬にとってより幸せでは?
      とユーザーさんを説得されるのだそうです。

      辻さんによれば盲導犬は、そもそも多頭生活に慣れていないため、
      老犬ホームでの共同生活に馴染みにくい子も多いとのことでした。

      考えてみれば、ほとんどの盲導犬はその生涯で4~5回は大きな環境の
      変化を経験します。
      繁殖犬飼育ボランティア宅⇒パピーウォーカー宅⇒訓練所⇒ユーザー宅⇒
      引退犬里親ボランティア宅(または老犬ホーム)

      だからこそ、引退後は終の住処で生涯を全うしてほしい!と
      願わずにはいられません。

      北海道盲導犬協会の老犬ホームでは、引退犬たちのお世話を
      専任スタッフとボランティアさん、パートさんたちで24時間態勢で
      行っておられます。

      現在、定期的に通われているボランティアさんは1名で、
      週1回ペースでお世話に来てくださっているそうです。
      夜間は3名のパートさんが、3日交代で犬たちについているそうです。

      愛犬の介護と日々向き合っておられるご家族同様、辻さんも決して
      「大変です」という言葉を口にされません。
      が、老犬ホーム運営には、もちろん多々ご苦労がおありのはず。
      わずかながらも感謝と応援の気持ちを募金に乗せてお届けしたいな、と
      思う次第です。

      アマゾンでお買いものをされる時、「あ、そうだ」と引退盲導犬たちと
      彼らを日夜支える方々を思い出していただけると嬉しいです。
      そして、願わくば募金箱に「ちゃりん」と小銭をいれる感覚で、
      ひと手間おかけしてしまいますが、当ブログ経由でお買いものを
      していただけますと、とってもとっても嬉しいです!
      (右サイドバーの「おすすめ書籍」のいずれか、もしくはブログ記事内で
       ご紹介しているアフィリエイト商品をクリックして
       アマゾンに飛び、お目当てのお買いものをしていただけますと助かります。)


      みなさまの善意を、1円たりとも無駄にせず老犬ホームに
      寄付させていただくことをお約束いたします。

      今後とも、TW寄付プログラムにご協力いただけますよう
      なにとぞよろしくお願い申し上げます

      bUxrY_ZeXJwuNdS1364184512_1364184614.jpg


      (追伸)
      4月21日に、北海道盲導犬協会の施設を自由に見学できる
      第15回ガイドドッグオープンデー(入場無料)が開催されるそうです。

      【 日時 】 平成25年4月21日(日) 10:00~15:00 (最終入場:14:30)
      【 会場 】 公益財団法人北海道盲導犬協会 (札幌市南区南30条西8丁目1-1)
      【 イベント内容 】 盲導犬体験歩行 ・ 訓練犬デモンストレーション
                犬舎、老犬ホーム見学 など

      詳しくは、北海道盲導犬協会HPにてご確認くださいね。



      本日のおすすめ商品(アフィリエイト)
      北海道盲導犬協会とのコラボ企画商品シリーズ。

      『ペティオ 老犬介護用持ち手付食器(小~大サイズ)』

            小          中           大

      ペティオ 老犬介護用持ち手付食器小 ペティオ 老犬介護用持ち手付食器中 ペティオ 老犬介護用持ち手付食器大

      TWでも使用しています。確かに軽量で持ち手がついているため、
      食事補助時に便利です(特に中型~大型犬と短頭犬種)
      食器をしっかりホールドできるため、高齢犬の急な動き(むせるなど)で
      食器を落とすこともほとんどありません。






      17 : 30 : 09 | TW 寄付プログラム | page top
      | ホーム |