ゆっくりおやすみ・・・・
      2013 / 02 / 24 ( Sun )
      おとといの朝、お客様の愛犬が旅立ったとお知らせをいただきました。

      とっても可愛いキャバリアちゃん。

      キャバリアの宿命ともいわれる重度の心臓病(僧帽弁閉鎖不全症)を
      患いながらも、最後の最後まで咳も見られず、食欲旺盛だったようです。

      TWがお世話させていただいたのは短い期間でしたが、
      そのキュートな性格と容貌に(キャバリアって本当に愛すべき犬種だなぁ・・・)と
      しみじみ納得しました。

      玄関ドアを開けると、いつも尻尾ぶんぶんでお出迎えしてくれました。

      「おやつちょーだい♪」と大きなおめめをキラキラさせて催促に来るのが常でした。

      「ごはんだよー!」声をかけるや、ニコニコ顔でキッチンへ。

      ああ、この子のこの食欲が、ママの元気の源なのだなぁと思いました。


      結局私はお世話の間、この子のしんどそうな表情を一度も目にしませんでした。

      深刻な病状と伺っていましたが、この小さな体のどこに
      そんな力が秘められているのかと、いつも感嘆していました。

      大好きなママがそばにいてくれたからこそ、ここまでがんばれたのだろうな。
      訃報に接した時、改めてそう思いました。


      自分と最愛の人にとって最良のタイミングを見計らって旅立った、
      どうしてもそんな気がしてなりません。

      本当に本当によくがんばり抜いた10歳7ヶ月。

      ピンク色がよく似合う、とっても可愛い女の子でした。

      223475063_71ce8af198.jpg
      [photo by Gertrud K.]



      ほんとうに出会った者に別れはこない
      あなたはまだそこにいる
      目をみはり私をみつめ 繰り返し私に語りかける
      あなたとの思い出が私を生かす
      早すぎたあなたの死すら私を生かす
      初めてあなたを見た日からこんなに時が過ぎた今も


                  谷川 俊太郎 「あなたはそこに」より一部抜粋





      ジャネットちゃん、ゆっくりおやすみね。











      17 : 27 : 06 | つぶやき | page top
      | ホーム |