急性胃炎
      2013 / 02 / 19 ( Tue )
      結局きのう、モフ男は通院コースとあいなりました。
      いったん落ち着いたかに見えた嘔吐が再発(しかも悪化)したため迷わず病院へ。

      IMG_5578 (2)
      今朝のモフ男@東大(ちろちろ小雪が舞っています。)


      熱もなく、食欲・元気共にあり、吐しゃ物の内容からも、内臓疾患に起因
      するものではなく、急性の胃炎であろうとのお見立てでした。

      粘膜保護剤と吐き止めをまずお注射。(経口薬を嘔吐する可能性があったため)
      服用薬(吐き止め、胃腸粘膜保護剤、胃酸分泌抑制剤)を4日分
      処方いただき、帰宅しました。

      IMG_5565 (2)
      ユニクロと簡易レインコートの重ね着が、モフ男の最近の定番です。
      びばユニクロ!!



      先生のお話では、ここ最近急性胃腸炎を患い来院するわんにゃんが激増中
      とのことでした。
      私たちの前に診察されていた猫さんも、モフ男と全く同じ症状でした。
      この7年、病気知らずできた完全室内飼い&健康優良児の愛猫の
      突然の異変に心配顔のママさんでしたが、モフ男共々
      気温の激しい変動&寒さに伴う体調の乱れでは?と先生。


      あ、モフ男は普段と変わらず元気いっぱいです
      嘔吐もお薬が効き昨日の午後からとまってくれてホッ


      しかし、まる24時間絶食した後にもかかわらず、体重が29キロ近く
      あったのにはちとびっくり。
      我が家の歴代コリーの中で一番体高の低い「おちびくん」が、
      一番目方が重いとはこれいかに・・・


      とにもかくにも、しばらく消化のよいごはん&投薬決定です。
      IMG_5597 (2)
      あ、それから大好きな代々ランも、しばらくお預けね。


      それがイヤなら、気合入れて早く治すべし!
      IMG_5600 (2)



      (おまけ)

      IMG_5526 (2)


      IMG_5529 (2)


      厳しい環境の中、自力で生き抜くあっぱれにゃんず@東大。


      逞しいなぁ・・・いや、強くあらねば生きていけないのでしょうけれど。


      たいしたものです、本当に。

      16 : 42 : 48 | 犬の病気関連 | page top
      | ホーム |