FC2ブログ
      ひさしぶりの代々木ランで
      2012 / 11 / 01 ( Thu )
      昨日はハロウィン。

      ゲーリーから復活し、ひさしぶりのおやつに舌鼓を打つモフ男。
      IMG_3237 (2)
      ご近所でオープンした動物病院「Rire(リール)」さんから
      いただいた、ドットわんのスティックラスクをあげました。



      ただし、復活間もないお腹ゆえ、一本のみ。
      IMG_3233 (2)
      そんな顔してもあかんあかん。



      今朝からドッグランも解禁です。
      IMG_3261 (2)
      落葉と木漏れ日、そして犬たちのエネルギッシュな走りに秋を体感する
      ひととき。



      ランではおひさしぶり!なアニキくうちゃん。
      IMG_3247 (2)
      こう見えてもモフ男と同じ1歳児(驚)
      そしてたぶんエスパー。


      空ちゃんは、今日も切り株に乗ってひと休憩。
      IMG_3290 (2)




      黄昏れトンちゃん。
      IMG_3273 (2)



      転がるトンちゃん。
      IMG_3241 (2)



      ちょいワル顔のトンちゃん。
      IMG_3252 (2)



      ホントはこんなにカワイイど!のトンちゃん。
      IMG_3258 (2)



      はじけるコルトくん。
      IMG_3293 (2)
      動きの速さにシャッター追いつかず・・・。



      生後6か月のGパピーちゃん。
      よい笑顔
      IMG_3286 (2)



      モフ男もご満悦。
      IMG_3285 (2)
      よかったのう。





      今日、ひさしぶりにランでお会いしたワンパパさん、
      聞けば、緊急入院されていたとか。


      「正直に言うと、犬の存在が支えでしたね。家族には言えないけど。」


      こうしてまた愛犬とラン詣でができるようになって、本当によかった。


      そして今入院されている、あるお客様のお気持ちを思いました。


      どれだけ愛犬を心配されているだろう、

      どんなに愛犬の顔をご覧になりたいことだろう・・・。

      ご自身のお体より、愛犬の体調を気にかけておられるのではないだろうか?


      お預かりする子たちは、みなお客様のこの上ない大切な存在
      「命」であり、とても強い愛情で結ばれているという事実。


      命をお預かりする者の端くれとして、その責任の重さとお寄せいただいた
      信頼へのありがたさに改めて身の引き締まる思いがいたしました。


      私たちのできることなど、本当にごく僅かなものですが、
      ママ・パパたちの「目」の代役を果たし、心配、ご不安を和らげる
      仕事ぶりができないのであれば、TWの存在意義はないなぁと思います。


      そうならないためにも、常に慢心せず、気を抜かず、日々精進せねば


      そんなことを、しみじみ思った今朝のランでのひとこまでした。




      (おまけ)

      ランの帰り道、突如住宅街で出くわしたカモ?さん。
      置物かと思ったら・・・本物でした。
      IMG_3297 (2)
      おうちの外に置かれたマイプールで水浴びした後、ドアが開くのを
      待っている様子。

      ほどなく、中からワンちゃんをだっこしたママがお目見え。
      その後一人と一匹+一羽で何事もなくお散歩に行かれました。

      いやいやカモちゃんもすごいけど、ママもすごい!!













      19 : 12 : 40 | つぶやき | page top
      | ホーム |