ありがとう、みーちゃん
      2012 / 05 / 06 ( Sun )
      まるで、この季節を選んだかのように
      5月1日の早朝、柴犬の水木ちゃんが静かに旅立ちました。

      生まれた時からずっと一緒に育った双子の大ちゃん、
      大好きなお母さん、お父さんのいるおうちで、眠るように
      17歳と18日の生涯を閉じました。

      みーちゃんもお母さんも、本当によくがんばりぬきました。


      最後の訪問日となった4月26日。
      やっと寝付いてくれた・・・ホッとして側を離れるや、おめめがキョロリ。
      見えない目で私を探す、いつもと違う甘えん坊モードのみーちゃんに
      心がちょっぴりそわつきました。

      トクントクントクントクン

      みーちゃんの小さな体を胸に抱きかかえると、
      早いリズムを刻む心臓の鼓動が伝わってきます。
      私の鼓動もみーちゃんに伝わったのか、
      ほっと体の力を抜いて、静かに抱っこされています。

      みーちゃんは、いい子だね。
      いっちゃん、みーちゃんが大好きだよ。

      腕の中にじっとおさまったみーちゃんに、何度も語りかけました。

      そして、心から祈りました。
      どうか最後の道のりが、穏やかなものでありますように、と。

      みーちゃんは、お母さん、お父さんの愛に包まれて静かに旅立ちました。
      みーちゃんにとっても、お母さんたちにとっても、これ以上ないお別れ
      だったように思います。



      みーちゃんの名前の由来となった「ハナミズキ(英語名:dogwood)。
      花言葉は「私の想いを受けとめて」
      今がちょうど見ごろです。
      dog wood
      [photo by mc559]


      「水木」と名付けられた、一頭の、すこぶるかわいい柴犬さんと出会えた
      幸運に心から感謝せずにはいられません。

      たくさんのことを教えてくれてありがとう。
      思い出をありがとう。
      みーちゃん、本当にありがとう・・・!


      大好きなエルザママと思いっきり駆けっこしているみーちゃんの姿を
      思い描きつつ・・・。


      (おまけ)
      折に触れて、何度も見てしまう くるねこ大和さんの「犬爺」。
      みーちゃんママに贈ります。

      犬爺





      18 : 15 : 04 | つぶやき | page top
      | ホーム |