This too shall pass 「辛いことも悲しいことも、必ず終わりはくる」
      2011 / 11 / 16 ( Wed )
      またまたすっかりごぶさたしてしまいました・・・。

      寒暖の差が激しい今日この頃、みなさま、そして愛する動物たちに
      お変わりありませんか?


      かくいうベニーは先日、動物病院のお世話になりました。
      代々木公園でたっぷり遊んだ後、自宅に戻るとやおらカハッカハッ。
      喉にものがつかえたような咳が続き、だんだんひどくなる一方・・・。
      も、もしや、ケンネルコフ!?と青ざめましたが、冷気で喉を痛めた
      のだろう、との診断結果にホッ。
      念のため小児用の抗生物質と痰切りシロップを処方いただき、
      加湿器+室内をあたたかくして一晩様子を見ますと、翌朝にはケロッ!

      ご心配いただいたお客様、お騒がせいたしましたm(__)m
      現在は、無事完全復活いたしました!

      体は大きくなってもまだまだ子犬。
      寒い時期の朝のドッグラン詣ではほどほどにせねば・・・と
      反省しました。


      さて、おひさしぶりのブログ、アップしたい記事は溜まりに溜まって
      地殻変動を起こしつつありますが、今日は、ちょっとした応援歌(?)
      をご紹介。(といっても、直接犬とは関連ありません)


      またまたOK Goのナンバーから、「This too shall pass」。

      This too shall passの意味は、「これもまた、過ぎ去るもの」

      時は流れ、移ろう。
      辛いこと、悲しいことにも必ず終わりはくるよ、という意味合いで
      使われることが多いようです。


      ここ最近、友人・知人の最愛の動物たちの訃報が続きました。
      どれほど深い愛情を注いでいたか、見知っているだけに、
      彼らの胸中を思うと、かける言葉が見当たらず・・・・。
      こんな時、自身と言葉の無力さを痛感します。


      愛する存在を亡くし、悲しみのただ中にいる人の姿が、
      イソップ寓話に登場する、旅人の姿と重なります。

      執拗に吹き付ける北風に吹き飛ばされまいと、上着を押さえ
      一人じっと強風に耐える旅人。

      ああ、大きな悲しみに見舞われた私達もおんなじだぁ、
      いつも、そう思ってしまいます。

      今この時も、押し寄せる喪失感と悲しみに耐えている旅人たちに、
      心和らぐ日が一日も早く訪れますように・・・。

      (This too shall passより サビ部分)


         朝になれば

         朝が来れば

         これでいいのさ、物事には必ず終わりがある

         これでいいんだ、辛いことも悲しいことも必ず終わりは来る

         ずっと塞ぎこんでいなくていいんだよ

         前を向いていこうよ、これもいつかきっと過ぎ去るから。


         When the morning comes.
         When the morning comes.

         Let it go, this too shall pass.
         Let it go, this too shall pass.

         Let it go, this too shall pass.
         (You know you can't keep lettin' it get you down.
          No, you can't keep lettin' it get you down.)



      ぜひ彼らのPVもご覧ください。



      このPVで共演しているのは、スポーツの名門ノートルダム大学の
      マーチングバンド。



      こちらは、OK Goとの共演のきっかけとなったビデオ。



      400名ものノートルダム・マーチング・バンドメンバーが、OK Goの
      「Here It Goes Again」をフットボール試合のハーフタイムで演奏。
      トレッドミル上で踊るPVシーンを見事に再現し圧巻です。

      わずかな瞬間でも、気晴らしになってくれたら・・・いいな。


      今日は、丸ビルでひょっこり出会ったスマイリー・ハートを
      ぺったんしてお別れです。
      NEC_0251 (2)




      22 : 23 : 31 | つぶやき | page top
      | ホーム |