フォーラム、そしてハイジちゃん♪
      2011 / 09 / 18 ( Sun )
      昨日、JBVP主催「どうぶつとの暮らしを考えるフォーラム2011」に
      参加してまいりました。

      私は、今年は残念ながら都合により17日のみの参加(>_<)
      2日目の竹村先生のレクチャーが聞けずにとても残念です。

      今年は著名なダンバー博士のプログラムも用意されていましたが、
      老齢管理の時間帯と重なり、参加できず・・これまた残念!

      今年はシンポジウム形式で一般飼い主も参加できる
      ランチョンセミナー(無料)があり、ほぼ満員でした。
      (サンドイッチ、おいしかったです。)

      昨日のテーマは「犬アトピー性皮膚炎」。
      発表内容ももちろんですが、皮膚疾患専門医として二次診療に携わって
      おられる先生方のコメントが興味深かったです。


      こういったフォーラムに参加する利点の一つに、私たち一般飼い主が、
      専門医(または、特定の分野に力をいれている獣医師)の存在を
      知ることができる、という点があると感じます。

      受付時に手渡されるJBVP年次大会のパンフレットには、
      動物医療従事者(獣医師・動物看護士)対象のプログラムも記載されて
      いますので、どの病院の先生がどんなテーマ・分野でレクチャーされて
      いるのかが見てとれます。
      動物医療もヒト医療同様、今後ますます専門化が進み、各分野の専門医
      (または特定の分野に強い獣医師)とホームドクター、飼い主の
      三者連携で治療に当たるケースが増えることでしょう。

      JBVPのように、一般飼い主にも門戸を開いてくれるフォーラム
      (しかも参加費がとっても良心的!)は、飼い主側にとっても
      有効な情報リサーチの場でもあると常々思う次第です。


      昨日は4つほどプログラムに参加しました。
      注目していた老齢管理については、残念ながらお話の大部分がシニア犬に
      関連しないことでしたので、ご紹介は割合させていただきますね。
      (お話自体は楽しいものでしたが・・・)

      かわりに昨年参加した、日本獣医生命科学大学の竹村教授による心臓疾患に
      ついてのレクチャー内容を明日、ブログでご紹介したいと思います。
      (今日は時間切れですみません)

      循環器科・腎臓科の専門医として、日々臨床の最前線で
      活躍されている竹村先生のセミナーはいつも大変わかりやすく、かつ楽しく
      オススメです!

      来年も竹村先生のレクチャーが企画されたら、ふるって参加してみてく
      ださいね(^_-)


      そして、昨日、会場でおひさしぶりにハイジママさんとお会いできました♪
      ハイジちゃん、ひとまわり大きくなって、元気でお勉強がんばっている
      そうです!
      訓練所の受付でお客様をお迎えすることもあるのだとか♪
      かわいい受付嬢さんの登場に、お客様もにっこりでしょうね^^

      ハイジちゃん、元気でよかった~(*^_^*)
      再会できる日を心待ちにしているね♪
      _heidi4_20110918092242.jpg
      こちらは、留学前(4月)に撮った一枚。
      だいぶお姉さんになっただろうなぁ♪


      留学先にて、笑顔のハイジちゃん♪
      IMG_0613.jpg
      とってもよいお顔ですね!


      09 : 43 : 49 | 感想あれこれ | page top
      | ホーム |