FC2ブログ
      コレは必読!『犬の行動シュミレーションガイド』
      2011 / 09 / 03 ( Sat )
      愛犬家待望の本がついに出ました!

      デンマークの動物行動コンサルタント、ヴィベケ・リーセ女史による
      犬のボディランゲージ解釈本、その名もズバリ

      『ドッグ・トレーナーに必要な深読み・先読みテクニック:
       犬の行動シュミレーションガイド』


      デンマーク在住の写真家でdog actuallyのコラムでもおなじみ、
      藤田りかこさんが、写真・編集・構成を手掛けられた
      (これだけでも十分魅力的!)いわばお二人の共同作品。

      「ドッグ・トレーナーに必要な」と題打っていますが、愛犬の言葉と
      気持ちを知りたい一般飼い主にもオススメ!だそうです。

      藤田さんの素晴らしい写真満載の191ページの大型本。
      いや~これほど「待ってました!!」な本の存在にコーフンしたのは、
      「馬と踊ろう」以来かも・・・。
      なんと、本国デンマークに先駆けて、日本で世界初のリリース。
      (近い将来、デンマーク語版、英語版も出版される予定だそう。)
      これは絶対絶対買うべし!な一冊だと私のセンサー、ウーウー作動中。

      dog actuallyのコメント欄に、著書のヴィベケさんが日本の愛犬家に
      向けたメッセージを寄せておられます。簡約しますと・・・。


      「愛犬家のみなさんに学んでいただきたいことは、
       犬が飼い主の助けを求めている、または必要としている時に、
       いち早くそのシグナルに気づき、最悪な状況になる前に、
       飼い主が適切に対処してあげられるようになること。
       そして、そのために飼い主がどう反応し、どのように
       自らのボディランゲージを使ったらよいのか、ということです。

       犬と飼い主間のコミュニケーションは、飼い主側の、
       犬のボディランゲージを読み取り、正しく理解し、
       正しい方法で反応する能力にかかっていると、
       私は心の底から信じています。」


      本を読んで、もし質問がある場合は遠慮なく問い合わせて、とも。
      (ただし英語のみ)

      ヴィベケさんのお人柄がしのばれますな。

      こちらがヴィベケさん。

      vibeke20med20ulve.jpg
      The North Jutland Animal Behavior Clinic より転載

      軍用犬、セラピードッグをはじめ、トラ、ライオン、オランウータンの
      訓練経験をお持ちで、アニマルトレーナー・犬行動セラピストとして
      活躍されているそうです。


      ご参考までに、dog actuallyで紹介されたヴィベケさん関連記事を
      リンクします。
      いずれも、とっても興味深いので未読の方は、ぜひご一読ください♪


      ボディランゲージによる犬語を人間語に完全翻訳!

      北欧のアニマルトレーナーに聞く (1)

      北欧のアニマルトレーナーに聞く (2)


      ちなみに、私の手元には、まだ本がありません。
      今朝速攻でアマゾンをチェックしたら、なぜか値段の高い中古品のみ。
      一日も早く読みたくて、dog actuallyの抽選(1名の方にプレセント)に
      思わず応募しました。が、先ほど再度チェックしたらアマゾンで
      購入できるようになってる~!!
      当選する確率は低いだろうけれど、応募してしまったからには
      少し待つしかないかぁ・・(涙)。

      アマゾンをリンクしておきますね。

      ドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイドドッグ・トレーナーに必要な「深読み・先読み」テクニック: 犬の行動シミュレーション・ガイド
      ヴィベケ・S. リーセ 藤田 りか子

      誠文堂新光社 2011-08-19
      売り上げランキング : 230

      Amazonで詳しく見る
      by G-Tools



      いや~よくぞリリースしてくれました、ヴィベケさん、藤田さん!!
      深く感謝。


      余談ですが、先に触れた「馬と踊ろう」の著者、
      クラウス・フェルディナンド・ヘンプフリンク氏もボディランゲージの
      重要性を説き、「学ぶべきは人」というスタンスです。

      馬のボディランゲージをヒトが用いることで馬は人間の
      世界で「理解されている」と感じる。
      問題があるのは馬ではなく、むしろ人間のほう。
      精神を集中して意識的にボディランゲージを用いること、
      さらにサインのしぐさから無駄を省き簡素化することの重要性を
      強調しています。

      「馬とのかかわりで最も重視するのは、馬と一緒に過ごす時間
       そのもの。
       馬の言葉に耳を澄まし、馬の性質をきちんと把握する、
       馬から学ぶ時間である。
       馬に何かを教えてやろうなんて、ひどく傲慢な考えだ。」



      犬とのコミュニケーションにおいても、おおいに当てはまるような
      気がしませんか?


      ヴィベケさんの本、本当に楽しみです!!

      後日、読書感想をアップしますね!!






      00 : 00 : 40 | おすすめ書籍・DVD | page top
      | ホーム |