最愛の犬ベリーについて
      2010 / 11 / 25 ( Thu )
      今日は、最愛の犬ベリーについてご報告です。

      気持ちの整理がつかず、ご連絡が遅くなってしまいました。


      ベリーは、10月2日、急性膵炎で亡くなりました。
      6歳8ヶ月の若さでした。

      9月28日から体調を崩していたことを私が聞き知ったのは、
      亡くなる2日前の9月30日。
      私が仕事で事務所に連泊している間の出来事でした。

      主治医も家族も、当初命が危ぶまれる状況とは思わず、
      私に連絡するまでもない、と考えたようです。


      毎日通院して治療を受けましたが、容態は日を追うごとに急激に悪化し、
      5日目、治療中に静かに息を引き取りました。
      最期は痛みなく旅立たせてあげられたことが、せめてもの救いです。


      ほんの1週間前は、牧場でかわりなく嬉しそうに走っていたのです。

      隠れんぼもしました。

      小高い場所に一緒に寝ころび、中秋の名月も見ました。

      秋の風を受け、とても気持ちよさそうに牧草の上に横たわっていたベリー。

      私が「帰ろう」と声をかけ車の方にスタスタ向かっても、
      途中でピタリ止まって、(モットココニイル)アピール。


      いつも私が根負けし、牧場をもう一回りするのが常でした。

      でもこの日はどうだっただろう。
      既にとっぷり暗くなっていたから、ベリーのカラーを軽く持って
      車に連れていったような気がします。
      「また来るから」と言い聞かせながら。

      ベリーと私に「また」は来ませんでした。

      せっかくここのところ元気でとても順調に来ていたのに、
      わずか6歳で死なせてしまいました。
      先代コリーが亡くなったのも6歳。
      今度こそ長生きさせるんだ!と誓って
      自分なりにやってきたつもりなのに、
      結局はまた若死にさせてしまいました。
      私は一体ベリーの何を見、何をしてきたのだろう・・・。


      ベリーは、私にはもったいないほど素晴らしい犬でした。
      この子と、ずっと一緒に暮らしていくのが願いでした。


      ベリーが我が家の家族として暮らした3年半。
      この3年半を短かったと嘆くのはもうやめようと思います。
      心から愛し、愛された年数に、長いも短いもないと思うから。


      生前、ベリーを可愛がってくれた皆さん、お世話になり
      どうもありがとうございました。
      ベリーに代わり、心からお礼申し上げます。

      berry12.jpg
      ベリー(本名マーベリック 2004.1.29~2010.10.2)

      いつも心に。
      16 : 55 : 33 | 未分類 | page top
      | ホーム |