シャンプー時の注意点
      2010 / 09 / 01 ( Wed )
      今日から9月・・・早いものです。

      サッカー日本代表の新監督が決まりましたね!
      これまで10を超えるイタリアリーグのクラブを
      率いていらしたザッケローニ新監督(愛称ザック)
      代表チームの指揮をとるのは、はじめてとなるそうですが、
      日本代表と同じく、伸びていく気持ちを強くもってあたる
      との言葉に熱い気概を感じました。
      代表監督としての手腕は未知数とのことですが、私は
      ザック・ジャパンは「いける!」予感がします。
      「誠実な人柄」を人選の大きなポイントに挙げて監督
      探しにあたられた原委員長の判断は大正解といえるでしょう。
      母国イタリアとは、言葉や習慣が大きく異なる日本で、
      しかもはじめての海外でのお仕事。
      大変なことにも多々見舞われることでしょうが、4年後の
      ブラジルW杯での「ザック・ジャパン」の活躍が今から
      わくわく楽しみです。
      ようこそ日本へ!ザッケローニ監督。

      ついつい前置きが長くなってしまいました。


      今日は、特にシニア犬のシャンプーの際に特に気をつけている点
      について、ちょっとご紹介させていただきます。
      主なポイントは①心拍チェック②スリップ防止③換気の3つ。

      特に「スリップ防止」と「換気」は、ご自宅でシャンプーされる際
      にも注意していただくとよいかもしれません。

      一般にシャンプーの際、ワンちゃんはシンクでツルッと滑ってしまいがち。
      シャンプーが苦手な子は尚更です。
      床でのスリップ同様、シンクでのスリップは足腰へのダメージが
      大きいとされます。
      そこでオススメは、高齢者(ヒト)向け商品として市販されている
      バスタブに敷く転倒防止用マット!
      値段も種類もいろいろ。
      ちなみにチーム・ウィルで使用しているものは、アマゾンで約1,000円
      (送料込)でした。なかなか重宝しています。

      IMG_1606_convert_20100831232753_20100901142717.jpg
      モデル:悟天ちゃん

      ゴム製で、裏の部分に吸盤がついています。
      使用後は、都度中性洗剤で洗い流す手間はありますが、愛犬の
      安全には変えられません。
      シャンプー時のスリップは、本当に要注意だと思います。
      「転ばぬ先の滑り止め」
      ちょっとしたことですが、足腰に不安があるワンちゃんはもちろん、
      予備軍の子たちもご注意を(^_-)。

      もう一つは、「換気」。
      ヒト同様犬も加齢と共に、心臓に多かれ少なかれ問題が認められる
      ケースが多いといわれています。
      そのようなシニア犬のシャンプー時には、蒸気の充満にも気をつけたい
      ところ。
      30276058_edc076b6c0_20100901142716.jpg
      [photo by RexStJames]


      老年期に後天的に発生し、犬の心臓病では最も多い「僧帽弁閉鎖不全症
      (そうぼうべんへいさふぜんしょう)」
      詳しい説明は割愛しますが、簡単にいいますと、心臓の左心房と
      左心室の間にある「僧帽弁」という弁に異常をきたし、しっかりと
      弁が閉まらなくなるために血液の逆流や左心房の肥大、肺水腫等々を
      引き起こす犬に最も多くみられる心疾患です。

      「僧帽弁閉鎖不全症」は10歳以上の老年期に入ってから症状が
      顕著化するケースが多いそうですが、5~7歳の中年期から疾患は
      進行しているといわれます。

      この疾患が進行すると肺に水が溜まったりしますが、シャンプーの
      蒸気が肺に充満するということは、人為的に「僧帽弁閉鎖不全症」の
      症状を作っているに等しいのでは・・・。
      犬がシャンプー中に具合が悪くなった、フラフラになった・・・という
      話をよく耳にしますが、原因が「蒸気」にあるケースが少なくないと
      聞き及びます。

      心疾患を抱えている犬や老齢犬のシャンプーは、心臓病の状態を把握して
      いるかかりつけの動物病院にお願いするのが安全といわれる所以です。

      もし、諸事情によりご自宅でシャンプーをされる場合は、蒸気が外に
      排出されるよう、窓やお風呂場のドアを開けて換気を良くし、
      できる限り短時間で切り上げることをおすすめします。
      (ちなみに、夏場はお風呂場の窓のある方向に扇風機をかけて蒸気を
       外に逃がす工夫も有効だと思いますが、扇風機の風がワンちゃんに
       直接当たらないようご注意を!)

      シャンプー剤を、すすぎが比較的簡単なものや、リンス不要のものを
      利用することで時短につながりそうですね。

      先日、お会いした獣医さんからいただいたシャンプーの試供品
      「モンシュシュ」は地肌に直接すり込むようにして使うタイプで、
      あまり泡立たず、すすぎ簡単、リンス不要とのふれこみでした。
      (洗浄成分は、大豆の有効成分とヤシを砕いた脂肪酸、ハーブ)
      チーム・ウィルではまだ一度も使用したことがありませんので
      何とも言えませんが、一応ご参考までに製造販売元のリンクを
      貼っておきますね。

      モンシュシュ

      余談ですが、その試供品をくださった動物病院では、シンクのスリップ
      防止をはじめ、天井窓から蒸気を逃がす装置も完備!

      高齢動物への配慮が感じられる病院が今後もっと増えて
      くれると飼い主さん、お預かりする側の病院スタッフ
      双方が安心できますよね。


      最後に、私見ですが、寝たきり、重度の心疾患を抱えている、または
      かなりお年を召したワンちゃんには、全身シャンプーで心身に負担を
      かけ体力を消耗することは極力避けるべきではないかな?と考えています。
      (部分洗いはこの限りではありません)
      蒸しタオルで全身を軽く拭いたり、抗菌水などを軽くスプレーして
      こまめにブラッシングをすることで十分清潔に保ってあげることは
      可能だと思います^^。

      長くなってしまいましたので、今日はこのへんで^^。

      23794583_e296615f41_20100901142717.jpg
      [photo by Daniel Montesino]



      (おまけ)
      我が家の動物3兄弟 「お昼寝タイム」
      IMG_1666_convert_20100901115554.jpg

      オレさま雪じろう、ゴンタをいじめるのだけは
      やめなさい....。

      IMG_1670_convert_20100901145336.jpg
      耳がきこえない猫のしつけは難しいなぁ・・・。
      14 : 52 : 30 | 飼育・介護関連 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
      <<近況とセカンドオピニオン | ホーム | 可愛いゲスト>>
      コメント
      ----

      シャンプーにも注意すべき点がいっぱいあたんですね!
      毎度ながら勉強になります。_ψ(‥ ) カキカキ...
      一応、我が家は全部クリア出来てました。ホッ (´・ω・`)=3

      オマケの写真に(* ̄m ̄)プッっとしちゃいました。(笑)
      オレさまだけフカフカな椅子でおネンネ♪
      雪じろうくんは耳が悪かったんですね・・・(´;ω;`)
      耳がきこえない子のしつけは大変かもしれませんが、
      雪じろうくん頭良いから大丈夫ですよ♪(^_^)v

      by: non☆(@'ω'@)たん * 2010/09/03 12:55 * URL [ 編集 ] | page top
      ----

      nonたんさん

      つたないブログですが、いつもお読みいただき、本当にどうもありがとうございます!

      わぁ、全てクリアとは素晴らしいですね(^o^)!
      チョンくん、愛されてますね~♪(パチパチ)

      そう、またの名を「ちゃっかり雪じろう」とも
      いいますです(^^;)
      雪じろうは、生まれつき耳が聞こえず、そのため生後まもなく野良ママに育児放棄されてしまった可能性が高いそうです(涙)

      はい、オレさま猫のしつけ、諦めずにがんばりまっす!
      by: だい * 2010/09/03 14:58 * URL [ 編集 ] | page top
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL
      http://teamwill.jp/tb.php/154-13d07828
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |