オグリ逝く
      2010 / 07 / 04 ( Sun )
      ‘90年12月23日、有馬記念。
      パドックをゆったりと徘徊するオグリの皮膚は、
      4歳時とは比較にならないほど白かった。
      俺は『あしたのジョー』の最強チャンプ、
      ホセ・メンドーサを連想していた。
      矢吹丈との死闘で、瞬く間に白髪頭になったホセ。
      「オグリキャップ 君の名を永遠に忘れない」
      そんな意味の言葉が書かれた横断幕がぶら下がっていた。
      いつもなら拒絶反応を起こすのだが、この日は違った。
      オグリ、お疲れさん。
      柄にもなく労いの言葉をかけた。
      これが引退レース。
      惨敗を喫して競馬場を去るタフガイへの憐憫の辞だ。
      18万近い人間を呑み込んだスタンドは、圧死寸前の
      混雑だった。誇張ではなく、アバラが軋むほどの凄まじい密度だった。
      「おいっ、押すなっ!」
      あちこちで罵声が聞こえ、ファンファーレでアバラがミシッと
      音を立てた。
      もう、そこから先はどこまでが現実だったのか。

      うわっ、オグリだっ!
      俺の叫びは歓声に呑み込まれ、自分の声さえ聞こえない。
      身体が津波を喰らったように前後に揺れた。
      オグリだっ。また叫ぶ。
      勝つはずのない、燃え尽きた馬が先頭を走っている。
      ぶち壊されて新しく構築した常識が、またこの馬によって
      破壊されてゆく。
      こんな結末は許されない。できすぎだ。
      何だこの馬鹿騒ぎは。どうしてお前が勝つんだ。
      どうして燃え尽きない。なぜお前は走る。
      なぜ突き抜ける必要がある。なぜ常識を壊してまで走る。

      オグリだ!オグリだ!オグリだっ!
      俺はオグリキャップがゴールを過ぎても、絶叫していたような
      気がする。
      それが、祝福の快哉なのか驚嘆の叫びなのかさえ、
      まるでわからなかった。
      10年近い年月が過ぎた今も、よくわからない。
                                   
      (Number誌1999年10月号 畠山直毅「宴は終わらず」より一部転記)

      j14_400.gif



      スターホースがまた1頭旅立ちました。
      オグリキャップ。享年25歳。

      競馬ファンとはいえない私ですが、彼の引退レースの中継を
      テレビで見た時の興奮と驚きと感動は20年近く経った今も
      鮮明に覚えています。
      「オグリは燃え尽きた」
      立て続く敗戦に、限界説が唱えられたオグリ6歳の冬、
      ラストランで見せた「奇跡の復活」に日本中が
      沸きました。
      私は今、オグリと同時代を過ごせた幸運を思います。

      オグリよ、ありがとうそしてお疲れさま。
      安らかにおやすみ。
      oguri_convert_20100704160347.jpg


      (ご参考までに)

      オグリキャップのラストランとなった1990年の有馬記念。




      こちらで、オグリキャップの全戦歴がご覧になれます。
      JRA 時代を駆け抜けた名馬たち
      15 : 56 : 23 | お馬さんの話題 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top
      <<馬と踊ろう (Dancing With Horses) | ホーム | 狼が登場するCM>>
      コメント
      ----

      朝のニュースでみました。
      競馬にはまったく興味ないですが、ニュース見てビックリしました。
      アナウンサーが「オグリキャップは年を取る毎にキレイな馬になって行った」と言ってました。
      最後は白馬になって・・・
      本当にカッコイイ馬ですよね★
      ほんの数分のニュースでも感動しました。(つω≦ )
      by: non☆(@'ω'@)たん * 2010/07/05 11:26 * URL [ 編集 ] | page top
      ----

      オグリのドラマチックな競馬人生に自分の人生を重ねて見たファンも多いのかもしれません。

      どなたの発言か忘れましたが昔「オグリはファンの中でのみ真の姿で生き続ける」とコメントされた方がいらっしゃいました。
      本当にそのとおりかもしれませんね^^。

      晩年のオグリは美しい白馬だったのですね!
      by: だい * 2010/07/05 12:00 * URL [ 編集 ] | page top
      コメントの投稿














      管理者にだけ表示を許可する

      トラックバック
      トラックバック URL
      http://teamwill.jp/tb.php/117-7f8d7661
      この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
      | ホーム |