ベリーとベニー
      2016 / 11 / 21 ( Mon )
      昨夜(早朝かな?)、実に久しぶりに、ベリーの夢を見ました!
      何年ぶりだろう、夢に登場したのは。

      夢の中で、ベリーはすっかりおじいちゃんになっていました。
      コートはかなりボサッ&しょぼっ。毛色もだいぶ退色していました。
      歯、特に犬歯は今にも抜けそうにグラグラで、笑うとにょきっと
      歯がコンニチワしていました。
      優しかった目は、いっそう優しくタレ目さんに^^
      もう、なんともいえない可愛さがありました。


      夢の中でベリーはまだ存命で、私たち家族&モフ男と一緒に
      今も暮らしていました。(ちなみに、モフ男はリアルでベリーの甥っ子)

      と、突然母がとっぴょうしもないことを言い出しました。

      「(犬が)昨日、毒を口にしちゃったかも。」


      ええっ、どっちが!?


      思わず声を荒げて母を詰問する私。

      どうしよう、ベリーだったらどうしよう、ベリーだったら・・・・!!

      確かに夢の中の私は、とっさにそう思ったのです。
      もし、体力・免疫の落ちた高齢のベリーだったら
      たとえごく低用量の毒物でも、きっと肝臓が持ちこたえられない・・・
      おそらくそう思って焦ったのだろうと思います。

      でも、目覚めてあまりに酷すぎる自分に涙・・・。

      すまん、モフ男・・・・。
      本当にすまん・・・・。


      私がなぜこんな夢を見たのか、なんとなく察しはつきます。

      昨日ホテルに遊びに来てくれた友人が、私のFB、ブログ、HPすべての
      カバー写真が先代ベリーと知ると、とても驚き、つぶやきました。
      モフ男が可哀想だ・・・と。


      私は即答しました。
      「いやいや、そもそもベリーがいなければこの仕事は始めなかった。
      ベリーあってのTWだから!」


      そう、確かにベリーがTW開業の立役者。
      でも今、看板犬として共にTWを盛り立ててくれているのはモフ男君だよな・・・。
      どこか後ろめたい気持ちが、あんな夢を見させたのかなぁ・・・と。


      もっともっと、めいっぱい可愛がろう。
      お前が大事だよ、いい子だね、大好きだよ、と沢山伝えよう。

      改めて、そう心に決めた朝でした。


      a6f35d_8823051143a94310a3b8f6cb325e676b~mv2_d_3933_2594_s_4_2
      Illustrated by Ikumi Ishibashi

      「てか、はよ東京に連れ帰れニャ!」  by雪じろう


      ※こちらのポートレイトは、ミック動物診療所の患者特典として、
       動物の絵を専門に手がけられている石橋郁美氏に
       描いていただきました。
       詳しくはコチラ → http://micvet.wixsite.com/micvet/portrait

      12 : 03 : 13 | つぶやき | page top
      | ホーム |