くもりなく
      2016 / 09 / 29 ( Thu )
      最近みた夢のお話しなのですが。

      馬たちを可愛がってくださった牧場主のおじさんが、
      なにやらせっせと敷地内に穴を掘っていました。

      お孫さんのために、小さな池を作ってあげている模様。

      掘った穴に、いざ水を注水すると、みるみる間に小さな池が
      出来上がりました!

      でも、そのうちどんどん池が拡大し、ちょっと心配になってきた私は、
      おじさんを呼びました。

      「おじさーん、池がどんどん大きくなってますー。」


      駆け付けたおじさん、突如池の中にざぶざぶ入っていく
      ではありませんか!


      ・・・・え、ええっ!?


      呆気に取られて眺めていますと、
      じきに、おじさんはぐったり状態の男の子を抱えて池から
      上がってきました。

      なんと、池の中には溺れた子供がいたのです。

      かなりの間、池に沈んでいたとおぼしき男の子でしたが、
      そのうちお口からピュッと水を吹き出し、息を吹き返しました。

      おおおーっ!!よかったよかったぁ!!

      しかしおじさん、やっぱり凄いやー!!
      やんややんや。



      そんな、夢でした。


      夢でおじさんが姿を見せてくれたのは、実にひさしぶり。


      その前日の夢も、牧場がらみ。

      おじさんの奥様に馬たちの預託料をお支払いしますと、
      こう言われました。

      「預託料は、一頭分でいいのよ?」


      ハッ、そうだった!

      DDは亡くなったから、エルの分だけでよかったんだ・・・。



      夢の中でなんともいえない思いに襲われましたが、
      目を覚まし、もう預託料自体、支払う必要がなくなったことを
      思い出しました。




      foodpic6191378.jpg
      今日は、エルのはじめての月命日。





      foodpic6191376.jpg
      そして、この牧場が大好きでいらしたUさんの
      7回目の命日でもあります。






      CIMG0536 (2)

      曇りなく 咲くをよろこび 散る桜

      こちらは、そのUさんの辞世の句。






      foodpic4896259.jpg

      みんな、あちらでまた一緒かしら。

      そうだといいな。


      22 : 00 : 13 | お馬さんの話題 | page top
      | ホーム |