この場所が好き
      2016 / 08 / 28 ( Sun )
      私はお散歩に行く気マンマンなれど、
      お泊り組、起きる気配なし・・・・


      では、その間にもう一つ記事をば・・・・。


      先日、ある方とテナント探しの話題をしていた際、尋ねられました。

      これまで一度も店舗のお引越しを考えたことはないのですか?と。


      即座に「ありません。」と私。


      そう、ただの一度もないのです。

      確かに今の場所は、立地的に恵まれているとはいいがたいですし
      駐車スペースもお庭もなし。
      なにより、10段の階段は少々ネックかもしれません。

      _nonno-chan.jpg

      でも私は、ここがとても気に入っています。

      一番の理由、それは動物好きで理解ある大家さんや入居者の方々に
      恵まれているから。

      大家さんは、私と賃貸契約を結ぶ前に、マンションにお住まいの
      ご家族一件、一件回って、当マンションの一室で犬のホテルを
      営業することの了解を取り付けてくださったことを後で知りました。

      お隣りや階下にお住まいのご家族は、みなさん動物と暮らしたご経験が
      おありだったこともあり、快く了解くださったそうです。




      foodpic6908786.jpg

      ときどき、見学にお運びくださったお客様から、
      「しかしよく、ここでペットホテルを営業する理解が得られましたね!」と
      驚かれることがあります。

      もっともな感想だと私も思います。

      一にも二にも、大家さんとマンション住人の方々のご理解あってのこと。

      本当にありがたい気持ちでいっぱいです。

      実は先ほども、お目にかかったお隣さんにご迷惑をおかけしている
      のでは・・・と申し上げると、こんなお言葉をくださいました。

      自分たちも動物が大好きですので、何かお手伝いできることが
      あれが遠慮なく言ってくださいね。


      な、なんてお優しい・・・・(感涙)


      お預かり組が、TWで多少なりとも寛いで過ごしてくれるとしたら
      それは、大家さんやマンションにお住まいの方々の動物に対する
      優しい目線やご理解が多分に影響している気がしています。

      確かに築年数の古い建物(でも造りはとても頑丈!)ですが
      私はここでチームウィルを開業できたことは
      本当に本当に幸運だったと考えています。


      foodpic6862542.jpg
      これからも、穏やかに、平和に、こじんまり♪




      foodpic6688640.jpg
      しかし問題はコヤツ。

      実家での、のびのび生活を満喫しすぎて、
      確実に吠え声がパワーアップしている気が・・・・・
      最初が肝心、ガツンといきますよガツンと!



      (おまけ)


      foodpic7201069.jpg

      思い起こせば、開業してまもなくの頃。
      まだ目も開かない乳飲み子の雪じろうを拾ってしまい、
      やむなくカゴごと雪じろうを助手席に乗せ、
      しばらく車で一緒に通勤していました、こっそりと。

      大家さんとの賃貸契約上、飼育動物は「犬」に限定されていました。
      が、当時雪じろうは里親募集するつもりでしたので、
      里親さんが見つかるまでの間、私が面倒をみるしかないと
      大家さんに見つからないよう、こっそりホテルで世話をしていたわけですが。

      見つかりました、あっさり。

      雪じろうを病院に連れていった帰りに、ホテル前で大家さんとバッタリ・・・。

      あの、その、この子は拾った子でして、すぐ里親さんを探しますんで!
      しどろもどろに弁明する私をよそに、大家さんはカゴを覗いて「まぁ可愛い

      そしておっしゃいました。

      「ぜひ飼って差し上げて!!」


      えっ、いや、猫は壁板やドアをバリバリ傷つけちゃいますし・・・・
      いっそうしどろもどろになる私に

      「大丈夫よ!爪とぎ用のグッズを置いてあげれば猫ちゃんは
       そこでするから!」



      foodpic7201072.jpg
      大家さんも、雪じろうの恩人の一人であります。




      foodpic7201071.jpg
      そういえば、雪ちゃんの生まれてはじめてのオモチャも・・・・



      foodpic7201073.jpg
      当時お隣にお住まいだったKさんのお嬢様が
      お持ちくださったものでした。




      foodpic7201075.jpg
      Kさん、赤ちゃんだった雪じろうも今年7歳になりました。

      雪じろうがもし女の子だったら、今頃Kさん家で可愛がられて
      ぬくぬく過ごしていたことでしょう!
      その節はオモチャ、どうもありがとうございました!!
      18 : 55 : 11 | ホテル日記 | page top
      | ホーム |