セミ
      2016 / 08 / 03 ( Wed )
      今朝、東大をお散歩中、セミが止まりました。

      長手袋をした、私の二の腕に。

      何やら前方からぶうーんと羽ばたくものが接近してきたな、と
      思った瞬間、我が太ましい腕にすちゃっとランディング。

      よくよく見れば、ソフトな薄緑色のボディにみずみずしさを感じる羽。
      どうやら羽化してまださほど日数は経っていない模様です。

      これほど至近距離からセミを眺めたのは久しぶり。
      しげしげ見入っていますと、さすがにセミのほうも(ん??)と
      気づいたのかじりじり後ずさり。
      そして「じっ!」と飛び立っていきました。

      (捕食されずに寿命を全うできるといいな。
      わずか数週間の命なんだし・・・・・)

      今を盛りと鳴き競うセミたちの大合唱の中を
      わんずとお散歩しながら、(あれ?待てよ・・・)


      私はセミの寿命を短いと感じ、それに哀れみを感じている。

      でも、今を必死に生きているものに憐憫を感じる自分こそ
      哀れで傲慢で滑稽な存在なのではあるまいか!?

      そもそも自然の前では、寿命の「長短」なんぞ存在しない気が・・・。

      生きて、生きて、ひたすら今を生きて、生を終える。

      That's it.


      IMGP1992.jpg
      だから、自らの至らなさを生涯悔いても、
      最愛の犬が生き抜いた6年10ヵ月を短かったと嘆き憐れむことは
      もうすまい、と改めて。

      21 : 03 : 37 | つぶやき | page top
      | ホーム |