女の子と風
      2016 / 07 / 13 ( Wed )
      昨日、所用で出かけた帰りに、山手通りに差し掛かったときのこと。

      前方から、小さな女の子が歩いてきました。

      つと、女の子は私のすぐ目前で足を止めると、

      両腕でふんわり優美な曲線を描き始めました。

      まるで、オーケストラの指揮をしているみたいに。

      (あら、おゆうぎ会の練習でもしているのかしら?)と微笑ましく眺めていますと、

      ふわーっと風が女の子の長い髪の毛を吹き上げました。

      夕陽に照らされ亜麻色に輝く髪の毛に、風が愉快そうに戯れている

      なんだかそんな光景にも見えました。


      先を歩いていらしたママさんが女の子を振り返り、声を掛けました。

      ママぁー!と、まるで何か重大事実を発見したかのように女の子は

      興奮気味にママに向かって走っていきました。


      少したってふと思ったのですが。


      あの時、女の子は風を全身で感じ、風との対話(?)を
      エンジョイしていたのかな、と

      ホントのところは女の子にしかわかりませんけれど。




      foodpic7115366.jpg
      ちなみにこちら、今朝のガウス先生。





      foodpic7115368.jpg
      オヤツは出てきませんよ。

      13 : 04 : 50 | つぶやき | page top
      | ホーム |