願うこと
      2016 / 04 / 30 ( Sat )
      read_pic.jpg
      毎夜交代でゴンタ君の介護にあたっている両親のピンチヒッターとして
      先日急遽お休みをいただき、数日だけ実家に戻りました。





      foodpic6942123.jpg
      あれ以降、ひどい癲癇発作は起きていません。
      お薬で、うまく抑えられているようです。

      でも、ここ数日ぴくぴく軽い痙攣(?)が増え、ちょっとあやしい雰囲気。
      主治医にご相談の上、お薬(コンセーブ)の量を3/4錠から1錠に増やすことに
      しました。
      これが、このお薬の限度量だとのこと。


      私はゴンタの酷い癲癇発作を一度も目にしていません。
      両親曰く、ラクにしてあげなければゴンタが可哀想だ、と思うほどの激しさだったと。

      今のお薬でも発作が抑えられなくなったその時は、決断しなければいけません。
      すみやかに、ゴンタのために。




      read_pic5.jpg
      願わくば、そんな日がきませんように。

      いつものように、ごはんをうまうま平らげ、すやすや寝、
      オシッコしたようーとクンクン鳴いて教えてくれて、またスヤスヤスヤ。

      よく寝ているなぁー。

      ・・・・ん?息していない!?

      そんなさいごがゴンタ君にはふさわしいのではないかと
      願わくばそうあってほしいと、私は切に願います。


      この日、ごはんもお水もオシッコも氷枕も場所替えもすべて
      済んだ後もなお、ゴンタのきゅんきゅんがなかなか治まらないため、
      万策尽きた私は、ゴンタのすぐ隣でごろんと横になりました。
      そのうちうとうと寝入ってしまい、ハッと目覚めた時、
      私をじーっと正面から黙って見つめるゴンタの顔が近くにありました。
      私が寝入る前は、こちらにお尻をむけ反対側を向いていたはず。
      その瞬間の気持ちは、上手く表現できません。

      イライラしてごめんよ、ゴンちゃん・・・。


      今の自分のありかたを、ゴンタ自身はどう感じているだろう。

      薬漬けで生かしているのは家族のエゴだ、と誰かに言われれば
      私は頭を垂れるしかありません。
      反論することなど到底できません。

      以前、引退馬の養老牧場を経営されていた方から伺ったお話を思い出されます。

      どうやっても自力で起き上がることができなくなった高齢馬の最後の
      処置に駆けつけてくださった獣医さんがつぶやかれた言葉だそうです。

      願わくば、馬たちの目に(もういいよ、十分だ・・・)という色を見てとって
      最後の処置をしたいものだ、と。


      私も、愛する動物たちが発する(もう十分だ・・・)というサインを
      しっかりキャッチできる家族でありたいと思います。

      でも。

      大きな喪失感と悲しみ、動揺を前にして自分が容易にゆらぎ、
      自分に都合のよい解釈・可能性にすがりがちだということも、
      自覚しています。


      真の強さって、どうやったら備わるんだろうね、ゴンちゃん・・・。




      (おまけ)

      13081661_886056571505414_2064868648_n (1)
      昨日突然具合が悪くなったおじーちゃん馬(御年29歳)

      疝痛が疑われましたが、どうやら結石が邪魔してオシッコが出なかった模様。
      獣医さんに利尿剤と輸液をたくさんしていただき、たっぷりオシッコをだし
      今朝は昨日の不調が嘘のようにいつもどおり元気だそうです。

      心配くださった皆様そして駆けつけてくださった獣医さんに感謝。

      馬の29歳といえば、ヒトに換算すると95歳相当とか。
      いつ、何が起こってもおかしくないと心しておくべし、と
      お世話になっている馬のプロフェッショナルの方よりお言葉を
      いただきました。

      この年齢まで元気でいること自体たいしたものだ、とも。

      おじーちゃん馬に頂戴したねぎらいの言葉が、素直に嬉しく
      愛馬を誇らしく思いました。

      私の願いは、ただただ痛まず苦しまずにいてほしい。
      その一言に尽きます。

      17 : 16 : 52 | つぶやき | page top
      | ホーム |