迷子組、まずは警察へ届け出をm(__)m
      2018 / 01 / 09 ( Tue )
      年末年始にかけて、迷子になったわんこが全国でこんなに
      いるのか・・・と驚いてしまいました💦
      冷えが厳しい時期、本当に胸が痛みます・・・。


      昨日投稿した帯広で保護されたハスキーちゃんですが、
      飼い主さん側から未だ警察へ迷子の届け出は
      なされていないとか・・・・(´;ω;`)ウゥゥ

      届け出の必要性をご存じない飼い主さんも、まだまだおいでになると思われ・・・。
      とりわけ、ネット環境にないご高齢の飼い主さんの中には
      情報が不足しておられる方も少なくないかもです・・・。




      恥を忍んでいいますと、我が家も犬を迷子にしてしまった経験が
      あります・・・・。

      しかも、一度ならず、三度も・・・・。
      本当に幸いなことに、いずれも脱走させて当日中~3日以内に
      ご親切な方のご協力により、無事再会を果たすことができました。

      そのような経緯もあってか、迷子の報を見聞きしますと
      とても他人事とは思えず勝手にやきもきしてしまいます・・・💦

      反面教師としていただけるかわかりませんが、
      我が家が愛犬を脱走させてしまったケースと
      保護に至った流れを簡単にまとめてみました。



      P5JzyPYeaCoHUtV1515467579_1515468077.jpg

      当時はネットに疎く、すぐにチラシを手作成し、
      電柱やスーパーや動物病院の掲示板に貼らせて
      いただき、捜索を続けました。
      (もちろん警察にはすぐに届け出しました)

      目撃情報を含め、なんら手がかりは得られませんでしたが、
      3日目に保護くださった方よりお電話いただくことが
      できました。
      スーパーの掲示板で迷子チラシをご覧になったとのこと。

      迷子になった翌朝、隣り町に近い場所にて
      お散歩中のワンちゃんのあとをついてきたところを
      保護いただけたそうです。


      foodpic8057046.jpg

      当該スーパーは、保護宅さんからけっして近い場所とはいえず、
      幸運に感謝してもしれきれません。
      チラシを掲示させてくださったスーパーにも感謝m(__)m





      xuDpmEpJQnaueGU1515467276_1515467564.jpg

      伯父宅から我が家に引き取られてまもなくの頃。

      お祭りで車通りも普段より少なく、人の出が多かったことも幸いしました。
      来たばかりで土地勘に乏しい場所で、お祭りの待機所となっていた
      神社にふらり現れたところを、お祭りに参加されていた方がお宅に
      連れ帰り保護くださっていました。

      たしか警察から連絡が入り、保護主さん宅にお迎えにあがった
      ように記憶しています。(そちらは偶然にも叔父の旧友のお宅でした。)






      e4xa6p1Qtkd5uZM1515466950_1515467257.jpg

      実はゴンタくんを、二度も脱走させてしまいまして・・・・(恥)

      こちらの脱走事件は、私はのちに両親から聞き知ったのですが、
      ゴンタがかなり高齢になってからの出来事だそうです💦

      わずかに開いた(閉めたつもりでしっかり閉っていなかった)
      玄関ドアから抜け出し、路上でとぼとぼ歩いていたところを
      お優しい方が警察にお連れくださったおかげで、事故に遭うことなく
      済みました。
      家族が警察に連絡をした際、保護の件を知らされ無事
      ゴンタをお迎えに行くことができました。


      foodpic6559051_20180109123020944.jpg

      改めて、優しい方々のご親切、思いやりに救われた命なのだと
      ひたすら感謝・・・・。

      3回とも本当に幸運でした。

      でも、「次はない」と肝に銘じています。


      我が家のように、不注意から愛犬を三度も脱走させて
      しまうお宅はそうそうないのでは・・・と大変恥かしく思います💦


      もし仮に、(ないことに越したことはありませんが)
      我が家のように愛犬を脱走もしくは行方不明にさせてしまった場合は、
      必ず警察に届け出をされてください。

      そして、迷子と思しき犬を一時保護くださった場合も、同じく
      必ず警察に保護届けをお出しください。

      移動能力の高い犬だけに、居住地域とはかなり離れた場所で
      保護されることも大いにあり得ます。

      迷子の届け出と、保護の届け出が異なる管轄の警察署で
      なされた場合も、同一県内であれば遺失物管理システム上
      連携がなされ、どの警察署でも届け出を照会できるケースが
      現在ではほとんどとか。

      我が家のように、当時鑑札を首輪につけていなかったケースでも、
      飼い主、保護主さん双方で警察に届け出をしたことで無事
      家に連れ帰ることができました。

      迷子犬を保護くださった方が、「警察に連絡をすると、すぐに保健所に
      連れていかれて数日後には処分されてしまう・・・・」と案じ、
      敢えて警察に届け出をなさらない方もお見受けされます。

      でも、もし保護主さん宅にて一時預かりが可能な旨、
      届け出の際に警察にお伝えいただければ、覚書を取り交わした上で
      おうちにて引き続き保護いただくことが可能です。

      ですので迷子犬(猫も同様)を保護されてから1週間以内に必ず
      警察に保護届けをお出しくださいませ。

      また、飼い主さん側も、愛犬を迷子にして1週間経過しても
      届けを出さない場合、やむを得ないご事情がある場合を除き、
      第三者の心証はあまりよろしくないものになってしまう可能性も
      否めないかと・・・💦


      以上のことから、周囲で迷子を捜しておられる方や
      保護されている方がいらしたら、
      「警察へ届け出されましたか?」とまず伺おうと思います。
      (大部分の方は届け出済みだと思われますが)

      そして、先方がネット環境になかったり、操作に疎い方で
      いらした場合は、代わりにネットで迷子情報をチェックして
      さしあげようと思います^^

      N9rBH3rTgfNek9E1515459869_1515460683.png




      foodpic4106702_20180109123015fff.jpg

      一頭でも多く、一日でも早く、迷子組が無事
      もとのおうちに戻れますように・・・・・。



      14 : 56 : 57 | 飼育・介護関連 | page top
      お腹弱い族の味方!?
      2017 / 03 / 23 ( Thu )
      前記事でも触れましたが、この1か月ほど軟便傾向にあったモフ男くん💦

      フードを変えてから(アーテミス アガリスク→プラチナムのイベリコ&グリーン)
      すこぶる安定していたのでありますが、突然ぐずつきはじめまして・・・。

      元気・食欲共にありありで、下痢というほどの状態ではないものの、
      長引きやすい体質だけに、早々にフラジール(抗生剤)や
      整腸剤などを投入したものの、なかなか・・・・💦

      検便、血液検査の結果も特に問題なく、全身状態も良好。
      ゆえに、軽い腸炎だろうから、1~2週間、処方食(消化器サポート低脂肪)で
      経過をみましょう、ということになり。
      そして処方食投与2日目にはパーフェクトなウンチが遂にお出ましに!!
      やんややんや✨🙌


      ただ一つ失敗が・・・。

      それは、フードとサプリの切り替えを同時に行ってしまい、
      どちらが功を奏したのか、検証できないとふ・・・・💦

      新しいサプリを与える際、チラリそのことが頭をかすめたのでありますが、
      とにかく一日も早い回復を!の一念でエイッとやっちまいました・・・・。


      foodpic7593299.jpg

      なので、長引く軟便から脱出できたのが「消化器サポート」効果なのか、

      はたまた「ビフィコロン」効果なのか、その相乗効果なのかはわかりませぬ・・・・。




      ちなみに、今回初めて試してみたビフィコロン。

      bifSet016.jpg

      同じくお腹弱い族と暮らすお客様が、愛犬の主治医から
      試してみては?と教えていただいたサプリで、ヒト用です。


      bifi_coron12.jpg
      腸で溶ける(腸溶性)カプセルが、胃酸や胆汁に負けず
      しっかりビフィズス菌を腸まで届けてくれる(かも)という点がポイントでした。
      (ただ、犬は人間より胃酸が強いとされていますので実際の効果は
      いかほどかな?という気持ちもあり)

      ※下痢の時には、カプセルが吸収されない可能性大ですので
       あくまで軟便対策に、と考えています。





      これは余談ですが、モフ男君にも毎日投与しているビオラクチス散。
      (※ヒト用整腸剤で要医師の処方)
      bio.jpg
      ビオラクチス散1包(1g)中ビオラクチス原末:500mg(生菌数としてカゼイ菌を15億~210億個)

      カゼイ菌は耐酸性であることから、胃液や胆汁中でもほとんど死滅することなく
      生きたまま腸に届き、プロバイオティクス効果が期待できるとされますが、
      腸内には定着しないため、継続的な摂取が必要となるそうです。

      モフ男くんに様々な種類の乳酸菌を試してきた中で、ビオラクチス散に
      手ごたえを感じたのは、この耐酸性にあったのかも?しれません。





      ちなみに、こちらモフ男にはとても合っていたプロバイオティクス
      「カニクール・プロ」ですが・・・

      1374913656O1wyBWWj_s1.jpg

      残念ながら、国内では販売終了となっていますた(メーカーに確認済)




      同類製品が、別のメーカー(バイエル)から販売されている模様です。
      imgrc0076632095.jpg

      が、しかし。

      15mlサイズしかない・・・・・。

      モフ男君の一日の投与量は8ml。
      1本で2日も持ちませぬ・・・(涙)

      カニクールの大容量サイズの並行輸入品を取り寄せるか
      悩み中・・・。





      ちょっとウンチが緩めかな?という時は、すぐ青空先生のスペシャル整腸剤を
      投入し、それでも芳しくない場合は絶食+カニクールもしくはビフィコロン投下
      し、改善しない場合は検便を経て処方食/抗生剤投下・・・・となるでしょうか。

      お腹弱い族と暮らす家族には、気の抜けない時期到来です・・・・💦



      最後に、オラお気に入りのフードをご紹介。
      全原料がヒューマングレードで、内7割以上がイベリコ豚の生肉でグレインフリー。
      なのに、租たんぱく質が23%と、コリー飼いにはありがたいドイツ産フードであります✨
      食いつきは、これまでのフードで一番良いですね。
      豚肉にアレルギーのない中型以上の子には、おすすめかもです。

      99422575.jpg
      【プラチナム ナチュラル ドライフード イベリコ+グリーン 】
      粗蛋白質23.0%、粗脂肪14.0%、粗灰分7.8%、粗繊維2.0%、カルシウム1.6%、
      リン1.0%、水分(原料由来の水分)18.0%

      (原材料)
      フレッシュポークミート(70% イベリコ豚のみ 使用)、乾燥ポテト、乾燥フィッシュ、
      乾燥醸造酵母、乾燥リンゴパルプ、アルファルファ、サーモンオイル、
      ユッカ抽出物、コールドプレスアマニオイル、コールドプレスオリーブオイル、
      ミドリイガイエキス、マリアアザミの種子、乾燥ウイキョウ、サルサバリラの根、
      乾燥アーティチョーク、キンレンカ、カモミールティーエキス、タンポポ、
      乾燥リンドウ、塩化カリウム



      あ、うちの子には若干租たんぱく質&租脂肪が高めのため
      あげたことはありませんが、チキンベースのフードもあるようですよ。

      詳しくはショップサイトをご参照ください。
      プラチナムナ チュラルドッグフード



      「うちのお腹弱い族にはこれが効いた!」というサプリや食品情報を
      お持ちの方は、おさしつかえなければコメント欄にお寄せいただけますと
      幸いですm(__)m
      こっそりコメ欄開けておきますので(^_-)
      17 : 20 : 04 | 飼育・介護関連 | コメント(3) | page top
      思い込みはダメ
      2016 / 10 / 11 ( Tue )
      お昼前、ノイ君がおうちにお帰りに。

      そして今回も披露してくれました。

      foodpic7283900.jpg
      お約束の「ぜってー帰らん!」を。




      foodpic7283902.jpg
      ママさんの「お耳つむつむ作戦」が功を奏し・・・・




      foodpic7283903.jpg
      無事捕獲。


      でもノイちゃん・・・・

      いつの間にか、腰のくびれがなくなっている気が・・・・💦




      foodpic7283899.jpg
      ミルクもほどほどにね、ノイちゃん♪(^_-)




      ノイ君をお見送りした直後、一足先におうちに帰ったワンちゃんの
      ママからメッセージが入りました。


      目薬が見当たらない、と。


      ・・・・・・・え

      えええええ!?

      目薬ですと!?



      実は今回、お持ちいただいた中に目薬が見当たらず、
      目ヤニも見られないことから、てっきり点眼不要になったものとばかり・・・。

      そう、四日間一度も点眼しなかったのです(>_<)💦

      その旨慌ててママにお返事したところ、
      目薬はおうちに置き忘れていらしたとのこと。

      が、四日間点眼しなかったばかりに、その子はいつもより涙が
      酷くなってしまった模様です・・・(>_<)

      私のほうで目薬が見当たらないことに気づいた時点で、
      勝手に早合点せず、念のためママさんにご照会していれば、
      お近くの動物病院で同じ目薬を処方いただくことができたのになぁ・・・・。

      あらかじめ、その子の目の症状、点眼理由もしっかり伺っておくべきでした。
      もう大反省です💦

      せっかくドライアイが治まりつつあったのに、本当に可哀想なことを
      してしまいました・・・・。
      早く元に戻ってくれますように!

      何事も然りですが、とりわけ投薬関連については、少しでも「おや?」と
      感じたことは逐一ご家族にご照会するべし!と改めて
      肝に銘じた次第です。




      foodpic7284254.jpg
      かってなおもいこみ、ダメ ぜったい。  by のいちゃん



      13 : 35 : 45 | 飼育・介護関連 | page top
      安楽死について
      2016 / 09 / 28 ( Wed )
      私は、過去に愛馬を2頭安楽死させました。

      共に人間年齢に換算すれば90歳以上の高齢馬。
      最後は、自力で起立不能となり、延命はせず逝かせました。


      2頭目の馬を送ったのは、ちょうど1か月前のこと。
      彼は、晩年かなりトモ(後肢)の筋肉がやせ衰えてしまいました。

      その様子を見知っていらしたある方(仮にAさんとします)は、
      こうおっしゃったとか。

      自分だったら、あそこまで老いる前にラクにしてあげた、と。


      なるほどな、と思いました。
      それも一つの愛情だ、と。
      イギリス生活が長くていらしたその方がそうお考えになるのも納得ですし、
      ヒトそれぞれ、ものの考え方、価値観は違います。
      動物のQOLを考えた末、よかれと下した判断に、正解も不正解もないと
      私は考えています。


      ある知人(仮にBさんとします)は、自力で立ち上がれなくなった愛馬の
      体を天井から吊るしたワイヤーで支え、2か月間厩舎内で闘病生活を
      共にがんばり通しました。

      (これは本当に馬のためなのか?)
      (自分のエゴで延命しているだけではないのか??)

      おそらくは、常に自問自答しながら・・・・。

      もし、彼女たちの闘病姿を目の当たりにしなかったならば、
      私も似た行動をとっていた可能性は高いです。


      愛馬が老いて自力で立てなくなる状態まで頑張らせたことを
      私は後悔していません。
      倒れる直前まで、彼らは放牧地で仲間と普段どおりのんびり草を食んで
      過ごし、深刻な疾患・ケガ、痛みとは無縁だった(と思う)から。

      でも、一方でAさんのような考えもアリだと思います。
      肝心なのは、オーナーである「自分(たち)」がどうしたいのか、
      どこに重きを置くのかをしっかり考えておくことなのかな、と。


      今、この記事をお読みくださっている皆さまは、愛する動物の安楽死について
      考えたことはおありでしょうか?
      Aさんタイプか、Bさんタイプか、それとも私と同じタイプ??
      繰り返しますが、そこに正誤はないと思います。


      今日は、動物の安楽死について書かれた非常に興味深い記事を
      シェアいたします。
      動物と暮らしておられるすべての方にご一読いただきたい記事です。

      とりわけ筆者(獣医さん)が考える安楽死決定の以下のパターン分けは、
      非常に的を得ていると感じました。


      1、安楽死は許容しない、自然死を絶対的に望む

      2、死病の際、苦痛を一切感じさせないよう、まだ症状が出ないうちに
        積極的安楽死を行う

      3、死病の際、苦痛(疼痛、呼吸困難、摂食不可能、自力起立不可能、不快感など)を
        少しでも感じたら、積極的安楽死を行う

      4、死病の際、苦痛が投薬等によって改善不可能だと判断した場合、安楽死を行う

      5、死病の際、多少の苦痛はあるが、可能な限り自然死を望み、
        人道的とは言えない苦痛が生じた場合は安楽死を行う



      私の考えに最も近いのは「4」。
      でも、いざそのときになると逡巡し、延ばし延ばしで結果「5」と
      なってしまう可能性が否めない気もしています・・・・💦


      『動物は飼主が全てです。飼主が命を握っているため、
       飼主の選択あるいは行動一つ一つが、
       動物の生命の分岐点を複雑にさせています。』




      肝に銘じなければ・・・・。


      ではではぜひ、ご一読ください。

      動物の安楽死

      IMGP4633.jpg



      学生時代、ある先生がよくおっしゃっていました。

      「よりよい死を考えることは、よりよく生きることでもある。」

      この言葉が今、頻繁に思い出されます。



      (最後に)

      馬のオーナーとして、最も恐れていたことは愛馬が疝痛(腹痛)に
      見舞われることでした。
      助かる見込みがあるのかないのか、その見極めが難しく、
      痛み・苦しみをどこまで耐えさせるか、
      どこで安楽死を決断してあげるべきか、「馬にとって最適なタイミング」
      の見極めは難しいと考えていました。

      幸いにも、2頭ともに疝痛のあの惨い苦しみを味わうことなく
      旅立てたことは本当に幸運でした。

      馬たちをお世話くださった方々、見守り続けてくださった方々
      そしてがんばってくれた馬たちに深く感謝・・・・。


      02 : 11 : 43 | 飼育・介護関連 | page top
      オラに良さげなレインコート発見
      2016 / 09 / 25 ( Sun )
      レストランの店員さんがうっかりカッチャーン!と大きな音を
      立ててしまった時、すぐさま「失礼いたしました!」とお詫びくださいますよね。

      あれ、私もホテルで同じことをしているなぁ、と昨夜外食先で思いました。



      お預かり組がすやすや~とねんねしている間、私は極力静かにするように
      しています。
      そんなとき、うっかりカトラリーなどを床に落としてかっちゃーん!
      鳴り響かせてしまった時、思わず「ごめんねー💦」が口をついて出るのですが。


      foodpic7254856.jpg
      まれに、まったく起きない子もいてはります。

      ホッ♪


      アレちゃんが爆睡街道ひたはしりちうに、もうひとつ記事をば。


      今日はレインコートのお話し。


      実はこの数年、モフ男くんのレインコートをずっと探し続けておりました。

      一応、フルレインコートを持ってはいるのですが、
      着るのを嫌がり、逃げ回るため、毎度四苦八苦💦


      foodpic4037005.jpg
      どうにか着せるも、「オラ行かね」

      (どうやら材質の問題ではなく、四肢を入れるタイプはとにかく
       嫌がります・・・・💦股関節の痛みも関係しているのかな??)
       



      手軽に着せられるハーフ丈の簡易コートも何枚かあるにはあるのですが、
      強風時などはピラピラめくれてあまり役に立たず・・・・。



      で、目下最も活用されているのがコチラ。
      apE9k__drUkGA9h1398825229_1398825344.jpg
      まさかのビニールエプロン・・・・。

      着脱が簡単でモフ男くんもあまり嫌がらず、体躯は濡れません。

      が、あまりにも恥ずかしい・・・・。


      ブログにお写真は載せられても、
      実際にこの姿を見られるのはヒジョーに恥ずかしいものがあり・・・・(私が)


      それで、いろいろリサーチしていたのですが、
      今回オラに良さげなタイプを発見しました!


      14424956_292651474453027_5875728166319375214_o.jpg
      それは、アレックス先生がお召しのこちらのコート

      犬のレインコート専門 atelier Nokaさんの商品とか。




      Labrador1.jpg
      photo from atelier Noka

      とにかく着脱がラクで軽量でありながら、腹下を通る2本のベルトで
      体にフィットさせられるため強風でもコートが煽られずに済みそう♪
      なにより撥水、防水機能が凄いです!!
      立ち襟になる点もコリーにはちょいポイント高し?
      毎度毎度のあのストレスを考えれば、この際ハーフ丈でもよしとします(キリッ)


      モフ男君のように、ハーネスを愛用しているコには、リードの通し穴を
      別途加工くださるとか。
      (※リード穴の場所がそれぞれ違うため、一旦納品いただいたコートに
      ユーザー側で穴の位置を印し、ショップに返送し加工→再納品の流れ)


      目下、カラーをどちらにするか迷い中です。

      私の好みは断然ライムグリーン。

      でも、黒族のオラに似合うのは赤かなぁ・・・・うーむむ・・・・。



      foodpic7252748.jpg

      赤を選んだ場合は、完全にアレックス君の真似っ子になってしまいますが、
      アレ家の皆さま、お許しを・・・・m(__)m



      お、アレちゃんがおっきしてきましたので、
      これから夕方のお散歩に行ってまいります。

      16 : 33 : 16 | 飼育・介護関連 | page top
      | ホーム | 次のページ>>