イラスト入り日誌に想う
      2013 / 08 / 08 ( Thu )
      先日お泊まりに来てくれたガルちんのママさんが、
      ありがたいことにブログでチームウィルをご紹介くださいました!

      お泊まりぎょる

      blog7.jpg
      ガルママさんのブログ「みぽことぎょる」効果で
      その日のアクセス数がすごいことに!!ありがたやありがたや。


      こうしてクチコミいただけるのは、とってもとってもありがたいです
      ガルママさん、どうもありがとうございました



      こちら、山羊ミルクをごくごく飲むガルちん。
      blog6.jpg
      (容器に写ったお顔が可愛くてつい激写



      ガルママさんが、ブログでイラスト入り日誌のお写真をアップ
      くださっていますが、ご覧のとおりチームウィルの日誌は下手っぴな
      イラスト入りです(笑)



      その昔、チームウィル初のお泊り客、メイちゃんの日誌にちょろり書いた
      似顔絵をママが喜んでくださり、それ以来恥ずかしげもなく
      下手なイラストを披露している次第です。


      それでも当初は文章の方が圧倒的に多く、イラストは2、3つ程度でした。

      現在のように、イラストが多くなった背景には、絵入り日誌を
      楽しみにしてくださるお客様の存在がありました。


      特に、前回の記事でご紹介した柴犬のみーちゃん&大ちゃんのお母さんは、
      下手なイラストと小さな文字でぎゅうぎゅうに書かれた読みにくい日誌を
      隅々までじっくり熟読された上ですべて大切にファイリングくださっていました。



      「この子たちの、貴重な記録になります。」


      この言葉をいただいた時、私はつくづく思いました。
      自分にもっと画才があったら、
      貴重な瞬間瞬間を正確に言葉に切り取る才能に恵まれていたなら
      もっともっとよい記録を残すことができるのに・・・!


      残念なことに、私にはそのどちらの才も持ち合わせていませんでした。
      だからせめて、毎回心を込めて、したためました。


      2年半にわたる日誌の写しは、1冊のファイルではとても収まりきらない
      分厚さとなりました。
      私にとっても大切な大切な宝物です。


      みー&大ちゃんママ、似ても似つかない私の稚拙なイラストを、
      「毎回とっても楽しみ!」と喜んでくださって本当にありがとうございました!
      その優しいお言葉と笑顔に励まされ、毎回楽しく書き上げることができました。

      wGprXvHR5puB7FL1375953008_1375953419.jpg
      あちらでは、きっとこんなかんじ?


      大ちゃんとエルザまま、みーちゃんが困るので、ケンカはほどほどに、
      仲良くやってくださいな!


      もし、お母さんからお許しがいただければ、若かりし頃のみんなのお写真を、
      いつかブログでご紹介したいと思っています。


      だってだって、きみたち、本当に可愛いんですもの!!









      19 : 27 : 08 | TW活動日誌 | page top
      春近し
      2013 / 02 / 21 ( Thu )
      日差しに春の兆しを感じる昨日の昼下がり。


      大ちゃん、またまた歩く気マンマン!
      近くの公園に「行くど!」

      IMG_5618 (2)

      (無理はさせたくないなぁ・・・)と思いつつ、
      大ちゃんの「歩きたい!」という意欲が嬉しくて、
      「ゆっくり、ゆっくりね。」と声をかけつつ、いざ公園へ。


      信号のない交差点にさしかかると、親切な運転手さんが、
      私たちに道を譲ってくださいました。

      (ありがとうございます)

      ぺこりおじぎをして横断すると、(どうぞ、どうぞ)と
      運転席から笑顔がかえってきました。

      運転手さんに見守られるようにして、ゆっくりゆっくり横断歩道を
      渡る大ちゃんと私。


      他人様のちょっとした思いやりに触れるたび、じーんとくる今日この頃。


      ありがたいねぇ、大ちゃん!
      Vem5wdikGdP7vzq1361360666_1361361939.jpg
      公園までがんばって遠征した後は、ぐも~王子の大ちゃんでした




      そしてこちらは、今朝のスコッチ兄弟。
      ママ曰く、「シャコタン兄弟」
      IMG_5661 (2)
      左:かい君(兄)        右:れん君(弟)


      IMG_5660 (2)


      遊ぼ♪遊ぼ♪
      IMG_5626 (2)



      IMG_5640 (2)
      いかん、ついお尻ばかり撮ってしまふ・・・
      だって、だって・・・キュートなんですもの~



      お散歩ルートは、毎回かい君が決めます。
      今日は80分コース。
      IMG_5666 (2)
      ご満足いただけた様子で、なによりです


      今春から、れん君も本格的にショーイング予定とか!
      れん君はママと、かいくんはプロハンさんとタッグを組むそうです。
      みんな、楽しくがんばってね!!



      (おまけ)

      モフ男は、おかげさまでほぼ完全復活いたしました。
      IMG_5687 (2)
      明日は久しぶりにランに連れていってあげられそうです










      19 : 43 : 43 | TW活動日誌 | page top
      お散歩with黒柴ちゃんず そして雪に寄せて
      2013 / 02 / 05 ( Tue )
      ここ数日、小春日和が続いています。
      IMG_5194 (2)



      シニアわんこに優しい日差しが注がれる朝。
      IMG_5163 (2)



      駒場東大キャンパスを颯爽と歩くガウス君
      IMG_5156 (2)



      そしてりんちゃん。
      IMG_5148 (2)



      IMG_5143 (2)



      先月降り積もった雪は、ほぼ完全に溶けました。
      IMG_5178 (2)




      IMG_5186 (2)



      IMG_5189 (2)



      IMG_5165 (2)



      IMG_5167 (2)



      IMG_5164 (2)



      IMG_5152 (2)



      IMG_5174 (2)



      IMG_5177 (2)

      明日未明から、降雪予報・・・。

      ぽかぽか陽気に誘われて、うっかり顔を出したスミレたちには受難だなぁ。



      そうそう「雪」といえば、今朝代々木公園で会った一頭のコーギー君。

      元保護犬で、お名前は「ソル」くん。
      太陽の「ソル」と、韓国語の「雪(ソル)」にちなんで名づけられたとか。

      初対面のお見合い日や、トライアルでおうちにはじめてやってきた日など
      節目節目の日にはいつも雪が降っていたそうです。
      ご家族みなさんが韓流ドラマファンということもあり、
      「雪の日にやってきた、わたしたちの太陽」
      そんな意味を込めて、「ソル」と命名されたエピソードを伺い、
      朝からじーん

      そして、このソル君、一時預かりさん宅で、同じく愛護センターから
      引き出されたラフコリー君(しかもモフ男と同じトライカラー)と
      共同生活した経験から、コリー好きなのだとか!


      しかもそのコリー君は、偶然にも私がかつて連日拝見していた、ある
      一時預かりさんのブログに登場していた子だということがわかりました。

      ベリーを亡くして間もない頃、偶然目に留まった非常に珍しい
      コリー幼犬の保護記事。
      まだ生後3、4ヵ月の齢で動物愛護センターに収容されたという
      あどけないコリー君のことが気になり、たびたびブログをチェック
      しておりました。

      まだ次の犬を迎え入れる気持ちには到底なれず、ROM専でしたが、
      どうか温かい家族とのご縁に恵まれますように!と祈る気持ちで
      拝見していたのを覚えています。

      その時、一緒にブログに登場していたコーギー君が、ソルくんだった
      わけですね!

      2頭とも、終生慈しみ、愛情をたっぷり注いでくれる家族との
      良縁に恵まれ、幸せな犬生を謳歌している様子

      本当によかったなぁ!!


      思わぬ偶然に、ちょっと心が踊った今朝の出来事でありました♪























      16 : 45 : 41 | TW活動日誌 | page top
      おひさしぶり♪ ホワイトシェパードのハイジちゃん
      2012 / 11 / 13 ( Tue )
      またまたお久しぶりのブログです(タハッ)

      ここしばらくカワイイわんちゃんたちのお泊りが続き、
      ラブリーショットいただきっとグフフしておりましたら、
      なんとデジカメのバッテリーがとうとう寿命尽きてしまったらしく、
      結局1枚も残せずブルー入りまくりな私です・・・・



      さ、気を取り直してまいりましょう。

      今日は先日久しぶりに再会したカワイイホワイトシェパードの
      ハイジちゃんのお写真をぺったん♪

      MIL_3628 (2)
      (こちらは2012年7月の蓼科にて、ハイジパパ撮影)

      MIL_3691 (2)
      どうです、美人さんでしょう


      生後4ヶ月のパピー時代のお写真と比べると、成長ぶりがよく
      わかりますね♪
      _heidi_20121113184157.jpg
      (2011年4月 駒場東大の土手にて)


      実は、今回はハイジちゃんのお世話ではなく、ハイジ家にしばらく
      ホームステイしていたキュートなキャバリア、ジャネットちゃんの
      お世話で5日ほどお邪魔いたしました。
      が、当のジャネットちゃん、カメラを構えたとたんプイッと逃げてしまい、
      上手に撮れず・・・(涙)今度ママにお写真いただけたらいいな♪

      (11/14追記 ジャネットちゃんのお写真を、ハイジパパさんから
       いただきました~♪)


      2011年12月の蓼科にて。
      MIL_3072 (2)


      MIL_3074 (2)


      MIL_3086 (3)
      ピンクのフリースがとっても似合うキュートなジャネットちゃん
      ママにとーっても愛されています

      -------------------------------------------------------


      日誌をしたためている私の足元に、コロコロンと何かが転がってきます。

      私が拾わずにいると、今度は日誌の上にポトン。

      金太郎さん柄のおもちゃを投げたのは、この御方。
      IMG_3425 (framed)


      目をキラキラさせながらこちらを見つめるハイジちゃん。
      xC0751xjL8GiRmd1352709679_1352709776.jpg


      これが投げずにいられましょうや!?


      私がぽーんとベッドの上に投げると大ジャンプしてダイレクトキャッチ!

      くわえた金太郎さんをまた私の前にコロコロン。
      これをだいたい5~6セット。

      でも、今回はゆっくりハイジちゃんと遊んであげる時間もなく、
      再び日誌に向かい始めた私の背中にじぃっっとアツイ視線を
      送りつつも諦め顔・・・・。

      IMG_3374 (2)


      こころねが心底優しいおっとりハイジちゃん。
      この子には、愛すべき点しか見つかりませんです・・・・。
      ひたすらカワイイ、私にとっても特別な子です
      foodpic2887896.jpg
      いつかベニーと駆けっこしようね!


      (おまけ)
      ハイジちゃんの缶詰をベニーにおすそ分けいただきました
      ハイジパパさん、どうもありがとうございました
      IMG_3439 (2)
      ドイツGrau社(グラウ)の自然素材のウェットフード。
      (左)七面鳥&玄米         (右)ラム&玄米

      ヒューマングレードであることはもちろん、自然飼育・無農薬有機栽培の
      原材料を使用し、合成添加物、化学薬品は一切未使用なのだそうです。
      私はGrauをはじめて知りました!
      ハイジちゃんとベニーは食が細めで、お腹を壊しやすい点が似ています
      ので、とても参考になります♪


      一緒にいただいた、ペットの介護用品のレンタル&販売サービス
      愛犬サポート 犬ともクラブ」のパンフレット。
      IMG_3447 (2)
      カート・バギー、床ずれマット、サークルなどが短期から長期まで
      レンタル可能のようです。
      K-9社製の車いすのお試しレンタルもあるようですよ。

      動物の介護用品のレンタルニーズは今後ますます高まってくるように思います。

      レンタル対象となりにくい介護グッズ(ハーネスやブーツ、保護クッション
      マナーベルトなど)については、動物病院の待合室に見本の展示コーナーが
      あると、飼い主さんが実物を目にし、手に取る機会が身近に得られて
      参考になろうだろうになぁ・・・と常々感じます。
      (カートや床ずれ用マットのように展示スペースもとりませんし)


      あっ、これを書きながら今思い出しました・・・
      以前、「TWの介護グッズ無料レンタルのラインナップをブログで
      ご紹介しますね♪」と宣言したことを・・・・。
      すっかり忘れ去っておりました

      TW会員限定サービスですので、どれだけの方が興味をお持ちか
      わかりませんが、宣言したからには近々アップしたいと思います!

      ※TWでは介護グッズの有料レンタル・販売は行っておりません。
       ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承願います。




      23 : 33 : 14 | TW活動日誌 | page top
      大ちゃんとのお散歩に想う
      2012 / 11 / 04 ( Sun )
      ぽかぽか陽気の昼下がり、柴犬の大地くんと近くの原っぱにお散歩へ。

      ずんずん進むと奥は行き止まり。
      写真で見るとフツーの公園ですが、あにはからんや、
      とっても静かで厳かな雰囲気さえ漂う、ちょいと不思議な空間であります。

      IMG_3314 (2)

      いつもはひとっこひとりいないのですが、この日はオナガ?に似た
      白い小鳥が段差のへりにちょこんと降り立ち、こちらをじっ。

      私と大ちゃんが近づくと、ぴょいぴょいっと跳ねて一定の距離を
      保ちつつ、やっぱりじぃっっ

      か・・・かわええ


      手にしていたデジカメでパシャ
      すると、可愛らしい羽根をはばたかせて目の前を飛び去って
      行ってしまいました。

      その時羽根の内側がよーく見えたのですが、ディテール、動作の
      完璧な調和・美しさにびっくり
      知らなかったなぁ・・・鳥の羽根がこんなに美しいものだとは・・・。


      「自然のいちばん繊細な手仕事は、小さなもののなかに見られる。」

      ふと、海洋学者レイチェル・カールソンの言葉を思い出しました。

      そういえば「神は細部に宿り給う」との名言を残した建築家も
      いたような・・・・。


      ふうーむ、なんだか深くないかい、大ちゃん?

      と傍らの相棒を見やると、いつものごとくクンクンチェックに
      余念がないご様子。
      sgiUWfFAZ6r9lNF_1351849645_mj.jpg
      「大地 on 大地」

      ちなみに大ちゃんが身につけているのは、病院で採寸、オーダーした
      「S2(エスツー)コルセット」。
      このコルセットのおかげで、こうして大ちゃんと原っぱ散策が楽しめると
      思うと、コルセットに感謝感謝です
      お母さんは、車イスとどちらにするか迷われたそうですが、
      大ちゃんの場合はこちらにして大正解だったと思われます
      細いワイヤーで胸椎部が、股からしっぽにかけて通す伸縮性のベルトで
      後躯のバランスが安定し、ぐっと歩行しやすくなったようです。
      排泄にも考慮した作りで、オス、メス共にコルセットを装着したまま
      排泄可能な点もナイス




      そして帰り道、信号待ちしていますと、お隣にいらした
      奥様に声をかけられました。

      「いくつですか?」

      17歳半です、とお答えしますと、柔和なお顔をいっそう優しくほころばせて
      おっしゃいました。

      「立派ね!」

      そしてパチパチパチと、そっと手を叩いてくださいました。
      その両腕に、ずっしり重そうなスーパーのお買いもの袋下がって
      いることに気付いた時、熱いものがこみあげてきました。
      その方のお気持ちが、とっても嬉しかったです。


      最近、シニア犬を連れてお散歩していますと、通りすがりの方から、
      「がんばってるね!」「えらいね!」とあたたかいお言葉を頂戴する
      ことも増えました。
      その中には、愛犬の介護経験がおありの方も少なくありません。

      が、ごくごく稀に、ゆっくりゆっくり歩くシニア犬の姿に
      「かわいそう・・」とつぶやく方もいらっしゃいます。

      そんな時、私はいつも谷口ジローの漫画「犬を飼う」のこの一説を
      ぐっと飲み込みます。


      「かわいそうじゃない、
       歩けなくなる方が、よっぽどかわいそうだ。」



      最後まで立ち上がり、歩こうとする犬に力を貸すことは、
      彼らの伴侶である、わたしたちの責任だと考えます。
      犬が自分の足で散歩できること、これは「犬の尊厳」の
      非常に大きなファクターではないでしょうか。

      愛犬が一日でも長く自分の足で歩けるよう、少しでも筋肉低下を
      食い止めたい!
      その一念で、毎日シニア犬とお散歩に出かける全国の飼い主さんに、
      心からエールを送ります!


      願わくば、そんな飼い主さんとシニア犬の姿に「かわいそう」ではなく、
      「おお、がんばってるなぁ!」と感じてくださる方が増えますように・・・。

      my friend Daichi
      お散歩後のぐっすり王子もうすぐ17歳と7か月
      今日もいっぱいがんばりました







































       
      22 : 00 : 54 | TW活動日誌 | page top
      | ホーム | 次のページ>>