ホテルからのお願い
      2017 / 05 / 24 ( Wed )
      いつもチームウィルをご愛顧いただき、誠にありがとうございます!

      従来より、お客様へは口頭にてお伝えしておりましたが、
      改めてブログでもご案内させていただきます。
      お願い理由につきましても併記いたしますので、ご一読いただけますと
      幸いです

      foodpic4078708_201705241907136e9.jpg
      よろしくおねがいしまーす♪ 



      【お願い その1】

      お預かり(デイケア・お泊り)直前・直後のシャンプーや
      予防接種はお控え願います。



      ※とりわけシニア犬、持病を有する子、性格が繊細な子、
      ストレスが胃腸に出やすい子、当ホテルでの滞在に慣れていない子 など


      (理由)
      シャンプーも予防接種も犬の身体には大きな負担がかかります。
      ホテル滞在もまた、大好きな家族、自分の慣れ親しんだテリトリーから
      離れて普段とは違った環境・リズムで暮らすストレスに晒されます。
      ストレス過多により、ワンちゃんが体調を崩す可能性も否めません。
      できるだけストレスが最小限に済むよう、心身に負担がかかるイベントは
      間隔をあけて予定してあげていただきたく存じます。





      【お願い その2】

      ワンちゃんの病歴・病状、注意点(悪癖含む)につきましては、
      できるだけ詳細にお知らせ願います。


      ※拾い食いや盗み食い、ゴミ漁り、オモチャ破壊&誤飲癖、
      その他異物誤飲癖がある場合も必ずお知らせください。


      (理由)

      持病や既往症、留意事項をあらかじめ詳細に伺っておくことで
      ワンちゃんのちょっとした異変に気付きやすくなります。
      中には、早期対処が生死を分ける緊急ケースもありえます。
      (いつもと様子が違うかも・・・)(ちょっとヘンだな・・)と
      気づく有力な手がかりになりますので、ワンちゃんに関する情報は、
      できるだけ詳細にお知らせいただきたいのです。


      また、拾い食いや異物誤飲癖の有無により、注意を要する範囲・
      度合いが違ってまいります。
      予防策の一環としてレイアウト変更を要する場合もあり、
      あらかじめ把握しておきたく存じます。





      【お願い その3】

      24時間ご家族様と必ずご連絡がお取りできるご連絡先を
      お知らせください。



      (理由)
      緊急時をはじめ、気になる点や急ぎご確認したきことが
      あります場合は、ただちにお電話させていただきます。
      海外渡航予定の方は、海外対応の携帯の番号もしくは
      それに代わるご連絡先をお知らせ願います。





      【お願い その4】

      ご予約いただいたお時間(チェックイン・お迎え)に
      変更が生じる際は必ず事前かつ時間的余裕をもってご連絡ください。




      (理由)
      当ホテルは原則的に完全室内フリーです。
      外部からみえる人・犬に興奮し、ひどく吠えて来客を怯えさせたり、
      突進による接触事故なども懸念されます。
      よって、既に室内に他のお預かりの子がいる場合、当ホテルでは
      チェックイン時間の直前に一時的に隣室に移動してもらったり、
      ケージOKの子はケージインもしくはスペース分けをするなどの
      対策を講じております。

      先着組にほんの短時間とはいえ我慢をしてもらうことになりますため、
      その時間をできるだけ最小限としてあげたく存じます。

      もう一点の理由は、「胃捻転」予防です。

      お預かり組の胃捻転リスク軽減のため、当ホテルでは食前1時間、
      食後2時間は安静タイムとしております。

      お迎え・チェックインのお時間から逆算し、お散歩、ごはんの時間を
      決めておりますので、大幅にお迎え時間が前後した場合、
      ごはん時間等を変更する必要が生じます。
      また、食後すぐの移動や興奮は、胃捻転予防の観点からも
      避けたいと考えますので、大幅なお時間変更の際は、
      できましたら3~4時間の余裕をもって(※)ご連絡いただけますと助かります。


      (※)交通事情等など時間の予測が立たないケースは
      この限りではありません。





      【お願い その5】

      ワンちゃんのかかりつけ医に
      当ホテルから直接ご連絡を差し上げ、ご指示を仰ぐケースも
      ありえます旨、あらかじめ担当医にご了承を得ておいて
      ただけたますと助かります。



      (理由)

      預かり中ワンちゃんに異変が見られ、急を要すと当ホテルにて判断された
      場合は、当ホテルよりワンちゃんのかかりつけ医もしくは他院に直接
      ご連絡をお取りさせていただくケースが想定されます。

      また、検査・治療を要する際は、ご家族様がお戻りまでの間、
      ご家族様に代わり、当ホテルスタッフが搬送し、担当医に
      病状・状況説明を受けることになります。
      その点も含め、先生にあらかじめご了解をお取り付け
      いただけますと幸いです。
      (中には、患犬のセンシティブ情報を家族以外の者に提供することに
      難色を示す先生もおられますため)

      なお、当然ながら先生より伺った内容はただちにご家族様へお伝えし、
      ご指示を仰ぎます。



      【お願い その6】

      チェックアウト後、ワンちゃんの様子に何か変わった点や
      お気づきになられたことがございましたら、ぜひお知らせください。




      (理由)
      お泊りの疲れやストレスが、後日何らかの形で表れないとも限りません。
      ごはんを食べない、お腹が緩くなった、吐いた、どことなく元気がない
      血尿をした・・・・などなど

      何かお気づきの点がございましたら、遠慮なくお知らせください。
      心当たりや原因を検討し、次回のご預かり時にはより負担が
      少なく済むよう工夫・配慮してあげたいと思います。



      【ホテルからの6つのお願い(まとめ)】

      その1: お預かり(デイケア・お泊り)直前・直後のシャンプーや予防接種はお控え願います。

      その2: ワンちゃんの病歴・病状、注意点(悪癖含む)につきましては、できるだけ詳細にお知らせ願います。

      その3: 24時間ご家族様と必ずご連絡がお取りできるご連絡先をお知らせ願います。
            
      その4: ご予約いただいたお時間(チェックイン・お迎え)に変更が生じる際は必ず事前かつ余裕をもってご連絡ください。

      その5: 緊急時の折は、当ホテルから直接ご連絡差し上げる場合もある旨、ワンちゃんの主治医にあらかじめお伝え願います。

      その6: チェックアウト後、ワンちゃんの様子に何か変わった点やお気づきの点がありましたら、ぜひお知らせください。



      以上、長々と綴ってまいりましたが、ご愛犬の安全とストレス軽減の
      ためにも、ご理解・ご協力いただけますと幸いです。
      どうぞよろしくお願い申し上げます。

      なお、コメント欄を開けておきますので、ご質問等がおありの方は
      遠慮なくご記入くださいませ。
      (もちろん個別にメールやSNSでご照会いただいても結構です



      最後になりましたが、当ホテルをご利用くださるすべてのワンちゃんと
      ご家族様に、心より感謝御礼申し上げます。


                             TEAM WILL 齊藤 五葉

      _gochan556.jpg
      いつもありがとございまーす♪

      20 : 12 : 56 | ホテルについて | コメント(0) | page top
      黒フワちゃんと黒モフちゃん。そして病院のこと。
      2015 / 10 / 05 ( Mon )

      foodpic6455668.jpg

      今日もおべんとつけてデザートプリーズ♪なフィンちゃん





      foodpic6455650.jpg

      その黒フワちゃん、白フワボールで食後の腹ごなし。





      foodpic6455656.jpg




      foodpic6455659.jpg






      foodpic6455655.jpg





      foodpic6455660.jpg

      ん?





      foodpic6455662.jpg

      黒フワちゃんの視線の先は・・・・





      foodpic6455663.jpg

      黒モフちゃん。



      実は黒モフくん、昨日突然ケポ&ピーになりましてん・・・

      青空先生に治療いただき、本日はケポもピーも見られずホッ。






      foodpic6455661.jpg

      オラは心配ないから、フィンちゃんもおやすみね。






      その5分後。

      foodpic6455664.jpg

      黒フワちゃんもお昼寝突入。







      その1時間後。

      foodpic6455669.jpg

      あれ、いない。






      foodpic6455670.jpg

      いた。


      深緑色に同化していて一瞬気付かなんだよフィンちゃん・・・。






      foodpic6455672.jpg

      そしてすかさずマネっこするオラ。






      昨日朝4時すぎ、ソワソワしはじめ、トイレスペースに普段ならまずしない
      ウンチをどっさり。そしてケポ3回したオラ・・・。

      私にとってはtraumatic memories 満載な時期なだけに、いつも以上に
      ナーバスに

      や、実はその二日前にも早朝にちょい痛みを感じているそぶりが見られたため、
      青空診療所に出向いて、犬膵特異的リパーゼをスナップ検査
      いただいたばかりでした。

      私の、急性膵炎に対する病的ともいえる怖がりぶりを
      青空先生は一笑にふすことなく、受け止めてくださいます。

      それが、心配性の飼い主にとってどれほどありがたいことか・・・・。




      この日青空診療所で、先日急性膵炎から見事回復して
      元気になったお友達犬とバッタリ一緒になりました。


      実は、この子は青空先生が往診くださった日の前夜、
      かかりつけの病院に夜間搬送されていました。

      血便と痛みを訴える様子に、ママさんが主治医に
      膵炎の可能性はないかとお尋ねになったところ、
      主治医は「違うよ!」と一蹴し、胃腸炎の処置をして
      診察終了だったそうです。
      血液検査も、画像診断も行わず・・・・。

      診察直後から更に具合が悪くなり、再度院長に取り次いで
      いただけないかと看護師さんに訪ねるも、
      「一度診ているので今日はお帰りいただくしかないですね・・・」の一言だったと。



      不安と失望を抱えたままご自宅へ戻られ、
      痛みに激しく苦しむ愛犬と夜を明かし、ほとほと困り切って翌朝青空先生に
      お電話されたとのことでした。



      実は、お友達犬が最初に通院した元かかりつけ病院は、
      私もよく存じ上げている病院でした。

      もしベリーを早いタイミングでこの先生に診察いただけていたなら、
      ひょっとしたら命を落すことはなかったかも・・・・・と思っている
      2名の獣医師のうちのお一人です。



      「内科に強いお勧めの獣医さんは?」とお客様に尋ねられるたび、
      この先生のお名前をまず最初に挙げるほど、治療技術、ご経験を
      高く評価し信頼しておりました。

      今でも、こちらの先生の診察・治療技術は高く、
      「あさってな治療」はけっしてなさらないと思っています。


      でも・・・・・。



      今回は、ご自身のご経験と勘を少々過信されてしまったのかもしれません。


      そして最も致命的なミスは。


      いつしか、こちらのご家族の不安や質問に対し、


      「心配しすぎ。

      そういう目で見るから、そう見えてしまうだけ。」



      この一言で片づけてしまうことが増えました。


      そのうち、看護師さんまで同じことを口にするようになった、と。


      元気に見えても、元々は胃腸が非常にセンシティブな大型シニア犬。

      同時に、さまざまな疾患の好発犬種でもあります。

      この状況で心配しない家族が、果たしているでしょうか??




      こちらのご家族の不安や心配を受け止めきれないのだな、
      お話を伺いながら思いました。

      それでも。

      通院のたび顔を曇らせ意気消沈気味のご家族に、
      私はこう私見をお伝えし続けました。

      「この先生とのコネクションを完全に断ち切ることは、
       得策ではないように思う。
       命に関わる非常事の際は、やはり頼りになる先生のお一人だと思うから。」


      「命に関わる非常時」


      ああ、まさに今回がそうだったのです!


      青空先生の早急で適切な処置がなければ、この子もまた
      (考えたくはないですが)、ベリーと同じ道をたどっていた可能性が
      十分あります。



      ご家族の訴え、不安を疎かにせず、しっかり注意を払い
      それらを手がかりに動物たちの身体の不調に耳を澄まし
      原因を探っていく。


      これは、モノ言わぬ動物の治療に携わる獣医師に
      最も必要とされる心得ではないでしょうか?

      どんなに臨床経験を積んでいても、

      高い評価に恵まれていても、

      長い付き合いであっても、

      いつ、いかなる場合でも・・・・。



      これまでに、何度も夜間救急を受け入れてくださり、

      長年苦しんできた症状から改善・解放してくださいました。

      だからこそ本当に本当に残念でなりません。



      この先生は大切な患者さんを一家族、


      そして友達犬のご家族は、検査設備の整った
      内科治療に強いホームドクターをお一人失いました。


      シニア齢の愛犬を抱えて、一からのかかりつけ病院探しは
      どれほど大変なことかと思います。


      私個人としても、一番避けたかった事態ですが、
      幸いにも青空先生、そして夜間搬送先としてTRVAが近くに存在する
      地の利は大きいと感じます。


      ご家族が、いざという時に安心して愛犬を託すことのできる
      信頼できる病院と一日も早くご縁がありますように!!



      ・・・・・・と、病院ジプシーを続けに続けて失敗三昧できた私は、

      心から願う次第です。




      (おまけ)

      foodpic6455647.jpg
      可愛らしい頂き物のクッキー♪





      foodpic6456069.jpg

      お隣さん&スペック家の皆さん、

      どうもありがとうございました!!

      (モデルはフレンドリーで美人さんなポーちゃんです♪)



      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村
      paw red


      18 : 15 : 25 | ホテルについて | page top
      新たな広告塔
      2015 / 05 / 23 ( Sat )
      パソコンからご覧の方はお気づきかもしれませんが、
      トップ画像に、ロゴ名を入れました♪

      犬のキュートな足跡がポイントです

      TEAM WILLロゴ (茶)3FC2



      今回、ポスターを手掛けてくださったデザイナーさんのご厚意で
      ロゴデータもご提供いただけました



      この足跡は、チームウィルのロゴや看板をプロデュースくださった
      イラストレーター永田智子さんの愛犬、アントン君の実際の足型です。

      Antonn.jpg



      実際の足型をぺたぺた載せたら面白いかも!と永田さんに発案いただき
      永田さんのご友人のデザイナーさんが、素敵なポスター(トップ記事参照)
      にまとめてくださいました。

      ちなみにポスターのモデルもアントン君です



      ご自身も愛犬家でいらっしゃる永田さんとデザイナーさん、お二人の
      惜しみないご協力を得て、チームウィルのポスターが完成しました!
      本当に感謝です。


      私のような、個人をクライアントとするケースは、ほぼ皆無であろうお二人。

      今回も、動物たちが取り持ってくれた永田さんとのご縁のお蔭で、
      チームウィルに頼もしい広告塔が増えました。
      馬たち、犬たちのお蔭です本当に。


      今回、お二人を通じて「ブランディング」の重要性を教えていただきました。

      ロゴやキャッチコピーを目にされた方に「あ、あそこね!」とイメージして
      もらえるよう使用するすべての媒体にロゴやキャッチを登場、浸透させ
      周知を図る。それがブランディングだと。


      正直、私はその必要性はこれまで感じていませんでした。

      なぜって、チームウィルは超ローカルな、超スモールビジネスだから。

      事業拡大を目指す企業なら必要でしょうが、うちはこの先もこのまま
      こじんまり路線です。

      そんな、いわば個人商店がブランディング戦略なんて笑止w!
      だったわけですが、今回ちょっと意識が変わりました。


      自分のビジネスに誇りを持って「本気で取り組んでいますよ。」
      を伝えるためのブランディングなのか、と。


      「せっかくしっかりした仕事をやっているんだから。
       それを伝えていかないのはもったいない。」


      (実際に私がしっかりできているかは別として)
      実際にホテルをご利用くださった永田さんにそう評価いただけたことが
      素直にありがたく、心強かったです。



      件のポスターは、私が治療で日頃お世話になっている東海大通りの
      マックス治療院さんのガラス壁に来週から掲示させていただく予定です。


      これから少しずつ、まずはおひざ元の富ヶ谷2丁目で
      じわりじわり浸透できたらいいな。


      看板に続き、素晴らしいポスター(&ロゴ)デザインでエールを
      送ってくださった永田さんとデザイナーさんに心からありがとうございます!


      がんばるぞー

      _logowp.jpg


      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



      人気ブログランキングへ
      16 : 24 : 16 | ホテルについて | page top
      完全個室制ホテルではありません
      2015 / 04 / 21 ( Tue )
      そうそう、先日ホテル見学にお運びくださった方が、
      当ホテルに置かれたケージをご覧になって少し心配顔で
      お尋ねくださいました。


      「ワンちゃんをケージに入れることがあるのですか?」


      なるほどそうか。


      『完全ケージレス』『室内フリー』を謳っていながら、
      入ってすぐ目につく場所に大きなケージがどどーんと設置されていれば
      疑問にお感じなって当然だ、とハッとしました。

      6a9078_bff89925e67c47edab9a9385211daabf_jpg_srb_p_600_389_75_22_0_50_1_20_0.jpg

      当ホテルには、特大サイズのケージが一つ常設してございます。

      これは、主に私の愛犬(看板犬)のためです。

      彼はぐっすり寝たい時、どうやらケージの中が安心するらしく、
      このように自分から入ってやすんでいます。

      以前は隣のお部屋に置いていましたが、日よけになってくれていた
      木々が切られて夏場は暑いため、手前のお部屋に移動いたしました。

      お預かりのワンちゃんを、ケージに入れることはございませんので、
      その点はご安心くださいませ(※)

      (※ ご家族から「夜はケージで休ませてほしい」とのご要望をいただいた
      場合を除く)





      また、まれにトイレサークルとして利用することはあります。
      vBFwYTD7QfH0xj81429574883_1429575078.png

      ノイ君のように、トイレトレーニングの関係上、おうちと同じ状況と
      するため、ケージの中にトイレを置いてトイレスペースとすることも。




      基本、これ以外のケースでお預かりの子にケージを利用したことは
      これまで一度もありません。
      おうちでのように、室内で自由にのびのび過ごしていただくことが
      当ホテルのモットーです^^♪


      ただし、災害時などの非常時の際、ワンちゃんの安全確保上やむなしと
      判断された場合に限り、ケージを利用させていただく可能性はございます。
      この点は、何卒ご了承いただきたく存じます




      チームウィルでは快適性と安全性の両立を追及しておりますが、もし万が一、
      一時的にせよどちらかを犠牲にせねばらないない非常事態に
      見舞われた際は、迷わず安全確保を優先いたします。





      そしてもう一つ。

      当ホテルは「完全個室制」ではありません。


      どうしても相性が悪かったり、他犬との接触が苦手な子の場合は
      お部屋を分け、一つのお部屋を個室のようにお使いいただくことはございます。

      ただし、お預かりする側の立場としては、常に目と耳が行き届く場所で
      ワンちゃんの様子を把握していたい、というのが本音です。
      完全個室とすることもできますが、周囲と完全に隔絶された環境を
      ご希望のご家族様には、完全個室制のペットホテルをあたっていただく方が
      よろしいかもしれません。


      ペットホテルも、本当にいろいろだと思います。

      幸い、この周辺(渋谷区、世田谷区、目黒区)にはたくさんのペットホテルが
      存在します。

      ホテルの方針、環境、サービス内容、料金等々をじっくり精査、比較し、
      ご自身とワンちゃんにベストマッチするペットホテルをお探しくださいね^^。


      foodpic6026258.jpg

      もちろん、当ホテルに関するご質問、お問合せはいつでも大歓迎です♪


      【お問合せ先】

       03-5790-9270  (10:00 - 21:00)

        mail★team-will.net (24時間受付)
      またはお問合せフォームまで




      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村



      人気ブログランキングへ

      10 : 34 : 34 | ホテルについて | page top
      一律料金のワケ
      2015 / 01 / 23 ( Fri )

      ありがたいことに、最近お預かりに関する
      お問い合わせを頂戴する機会が増えてまいりました^^♪

      中でも一番多いお問い合わせが「料金」について。


      当店では、

      犬種、サイズ一切問わず、
      一律料金とさせていただいております。

      (別途消費税を頂戴いたします。)


      お泊り(24時間)料金は、どの子も1泊10,000円
      (※4泊以上は8,500円。ただし10歳未満の子に限ります)
       ※24時間経過後は、一時預かりの料金が加算されます。

      一時預かり(デイケア)は、30分毎に500円


      その他の料金につきましては 料金をご参照願います。



      犬種や大きさによって料金が異なるペットホテルが一般的なところに、
      「なぜに一律料金?」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

      それは、ごくごく単純な理由から。

      「お世話や手間は、犬種や大きさでは測れない」ためです。



      お世話内容、配慮すべきことは当然ながらその子その子によって
      全く違ってきます。


      ・ごはんを日に何回も分けてもらっている子

      ・お薬を何種類も飲んでいる子

      ・持病の発作を抱えている子

      ・お腹が敏感で食事、ストレスに細心の注意が必要な子

      ・お散歩の他にも何度かオシッコに連れ出してもらっている子

      ・人や他犬への攻撃性が若干みられる子

      ・拾い食いや誤飲しがちの子、

      ・満足するまで一緒に遊んであげる必要のある子

      ・オシッコを粗相しがちな子

      ・高齢で足腰が弱っている子、または
       若齢でも、骨関節系の病気を抱えている子 

                                などなど・・・.



      お世話内容、頻度は、犬種やサイズではなく、
      個体差によって決まるもの。


      かといって、個体に応じた料金設定は運用が煩雑、
      かつ私情が入る余地も否めず、なかなか公平性が保ちにくい・・・。


      いろいろ検討した結果、当店では開業当初より
      一律料金体系を採用させていただくことにした次第です。

      foodpic5040771.jpg
      こちらの仲良し二人も、お預かり料金は同じです。





      超小型犬と超大型犬が同じ料金・・・・。

      確かに一風変わった料金設定だと思います。


      でも。

      私自身、なぜペットホテルで、犬のサイズによって料金にかくも差が
      設けられるのか、以前から不思議で仕方ありませんでした。

      ごはんは持参いただくケースが多いはずですし、
      お散歩やお手入れに時間を要す、という点は確かにあるでしょうが、
      それらはお世話のほんの一部に過ぎないわけで・・・。


      以前、モフ男を連れて見学に伺ったホテルでは、
      個室とフリースペースの大型犬の使用料が、小型犬の倍ちかくなると伺い、
      (全く同じ場所を利用するのになぜ料金が違ってくるのだろう???)
      と腑に落ちませんでした。

      これがペット業界の常識、といわれればそれまでですが、
      自分がホテルを始めるにあたり、どうにも腑に落ちないことを
      踏襲する気にはなれなかった、というだけの話であります。


      「サイズ問わず一律料金」は、けっして万人に受け入れられる
      料金体系ではないかもしれません。


      でも。


      小柄な子であれ、大柄な子であれ、

      ご家族に「チームウィルに預けてよかったぁ!」とご満足いただけるよう、

      お留守中、みなさまの「目」と「手」の代役をしっかり務めることを

      お約束いたします。


      とりわけ。


      年齢(※)や投薬、持病を理由に他所でお預かりをお断りされた子の
      ご家族からのお問い合わせもお待ちしております。
      (※痴呆が進行したシニアの子はすみませんが対象外とさせていただきます。)





      料金その他、ご不明な点につきましては、
      どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

      最後までお読みいただき、ありがとうございました。

                   
                                    TEAM WILL
                                    齊藤 五葉

      foodpic5759142_20150123163810399.jpg
      「お問い合わせ、待ってまーす!」

      by 看板犬(私の愛犬)&お客様のフィンちゃん


      【お問い合わせ先】

        03-5790-9270

        または

       お問い合わせフォーム までどうぞ♪

      16 : 55 : 24 | ホテルについて | page top
      | ホーム | 次のページ>>