盲導犬について思うこと
      2017 / 10 / 22 ( Sun )
      明日、超大型の台風が関東を直撃しそうとか・・・💦
      人的被害への懸念はもちろんのこと、冷えるこの時期
      野生の鳥や動物、放浪生活を続ける迷子動物たちは、
      うまくしのげるのかなぁ・・・と💦



      今日はここ最近気になっていたことにちょっと触れたいと思います。


      SNSをなさっている方はご存じかもしれませんが、ユーザーに体罰を加えられていた
      盲導犬の動画がSNSで拡散されて非難が集まり、提供した育成団体が当該盲導犬を
      ユーザーから引き上げ、ひとまずめでたしめでたし、と報じられた一件がつい最近
      ありました。


      えー、正直な感想を申しますと。

      本当に盲導犬をユーザーから引き揚げたのかなぁ??

      でした(-_-;)

      5555788581_8e8842c4ce_z.jpg
      [photo by smerikal]



      団体により、保護後の当該犬とされる動画が公開されましたが、本当に
      その子であるとの検証はできないわけで・・・。
      (まぁこれぞ、ゲスの勘繰りというものかもしれませんが(-"-;A ...アセアセ)

      なぜそう思ったのか。

      それは、盲導犬育成事業が「福祉事業」であるためです。

      そこにこそ、一度提供(貸与または譲渡)した盲導犬を、
      不適切な飼育管理が強く疑われるユーザーであっても、
      育成団体がその長い歴史の中で実際に完全引き上げに至った事例が
      ほぼ皆無に等しい理由があるのだろうと、協会職員さんからのお話を
      通じて理解していました。
      (※私が以前お話を伺ったのは、今回報じられた育成団体ではなく、
         日本盲導犬協会でありますが。)

      本虐待騒動に関し、全国盲導犬施設連合会(※)が声明文を発表しましたが、
      その中にも以下のとおり明記されていました。
      (※ちなみに、今回引き上げを実行したとされる団体は、こちらの
      連合会には未加盟)

      「盲導犬を適切に飼育管理できないユーザーには、
       盲導犬の貸与はいたしませんし、万一、犬に対する
       暴力行為などがあり、指導によって改善されない場合には、
       貸与後でも犬の引き上げを行います。」


      規定にも同様の内容が記載されています。

      が。

      実際には、ユーザー希望者の「動物と暮らすための資質・適性」を
      多角的に入念に検証することなく、数度の面接を経て、所定の
      共同訓練を受けた希望者にはほぼ「等しく」盲導犬を提供している実態があります。
      (※研修の過程で、提供を断るケースもある旨伺いましたが、
        それはユーザー希望者に歩行障害などが認められ、
        盲導犬との歩行がかえって双方に危険となりかねないケースの模様)


      表だっては報じにくい、視覚障碍者への福祉を優先せざえるを得ない諸々の
      事情、しがらみ、協会のジレンマがそこにあるのを感じます。


      15380674170_366aa80df0_z.jpg
      [photo by smerikal]




      物事にはすべからく明と暗の部分があるように、盲導犬育成事業も
      またしかり。
      個人的には、盲導犬育成事業の「暗」の最大の部分は、
      そもそも動物との暮らしに不適な人にも等しく盲導犬を提供
      してしまっている点にあると考えます。

      カッと激高しやすく、思い通りにならないとイライラ、うっ憤を
      盲導犬にぶつける、罵声、体罰を加える、
      協会から受けた指導に従わず、基本的なお世話すらおなざりにする等々

      なぜ、多くのヒトの善意と努力で育成した大切な盲導犬を、
      簡易な性格適性検査すら実施することなく、数度の面接だけで
      貸与してしまうのか。
      もしくは、なぜそうせざるを得ないのか。

      そこにこそ、国内における盲導犬事業の最大のジレンマ、
      問題点が存在するのではないでしょうか。

      先にも書きましたが、盲導犬事業を取り巻く実情にあまりに無知な
      私たち「部外者」の正論や感情論では到底太刀打ちできない根深い
      センシティブな問題が存在するのだろうな、と感じます。

      でもその一方で、盲導犬への体罰や、明らかに度を越した不適切な
      飼育を目にした場合は、募金する側が強く異を唱え、協会側に毅然と
      説明を求めていく姿勢はとても大切なのだと思いました。

      その積み重ねが、ひいてはより踏み込んだ慎重なユーザー査定に
      繋がることになるかもしれません。


      6060083868_4b51418347_z.jpg
      [photo by smerikal]



      現状を考えれば導入は非常に難しいでしょうが、
      個人的にはぜひユーザー希望者には性格適正検査の実施を前向きに検討いただきたいと
      切に願います。(運転免許試験の際に受けるようなアレです)

      適性検査にて、攻撃性や自己中心性、反社会性などの
      傾向が強くみられた希望者には、盲導犬のハーネスを渡さないとの
      英断を協会側が下せる環境作りに向けたサポートも必要かもしれません。
      虐待の発見・認定や引き上げが実際には難しい現状を踏まえると
      「入口」での入念なユーザーの適性判断は不可欠かと。

      アニマルウェルフェアの観点からモノ申す人々と、
      社会的弱者の福祉、権利についてモノ申す人々との狭間に立ち
      協会も諸々難しい立場にあろうことは推察されますが、
      使役動物たる盲導犬もまた庇護されるべき「弱者」の立場である以上、
      アニマルウェルフェアの観点からいっそう入念なユーザー査定の実践を
      強く望みます。

      最後に。

      一般にユーザーさんとパートナー犬は、貸与後、半年から1年かけて
      トライ&エラーを繰り返しつつ、深い愛情と信頼で結びつく相棒になるとの
      お話を職員さんから以前伺いました。
      その過程で、ユーザーさんも私たち同様、上手く指示が伝わらない時
      などは、少々イライラすることもあるかもしれません。
      体罰はもちろん言語同断ですが、あたたかい視点でペアの姿を
      見守っていけたらいいな、と思う次第です^^


      6062847692_f06bc9df8e_z.jpg
      [photo by smerikal]

      ※コメント欄を開けておきますので、本記事についてご意見がおありの方は
       どうぞコメントお入れくださいませm(__)m
       
      17 : 57 : 45 | 犬の話題 | コメント(0) | page top
      ひざ掛け王子
      2017 / 03 / 23 ( Thu )
      季節の変わり目、お腹の調子がいまひとつなワンちゃんも
      いるようですね。


      かく申す我が家のボクちゃんも、この1か月、どうもお腹の調子が
      ぐずついていまして、なかなかウンチがぴしっとしない日々が続きました💦
      (幸い、フードを消化器サポートに変えて現在は快調に♪)

      foodpic7593296.jpg
      防寒用に、腹巻やコートを着てお散歩に出ていたのですが・・・。




      foodpic7593302_20170323132204719.jpg
      母が、より保温性のあるマントを作ってくれました✨

      ひざ掛けでw




      foodpic7593321_20170323132207d88.jpg

      こちらのマントを着て父とお散歩中のこと。

      「何犬ですか?」

      そばを車で通りがかった男性が、わざわざ窓を開けて父にお尋ねになったそうです。

      コリー犬ですよ、とお伝えしますと、コリー犬かぁ、マントを着ていて
      わからなかった、と。

      その後も、後続の車がなかったこともあり、父とモフ男君に徐行で
      しばらく並走してくださったのだとか。

      その方はずっと大型犬と暮らしておられ、先代の子は
      グランドチャンピオンにも輝いたのだそう。
      運動能力が高く、ご自宅のお庭に背丈の高いフェンスを設置していたこと、
      本当に気立ての優しい子で、子供のよいお守り役だったこと、などなど
      父に語ってくださったと。

      先代のワンちゃんが亡くなった当時、ご本人も80歳を過ぎて
      おられたこともあり、以降犬とは暮らしておられないとの
      お話だったそうです。

      モフ男くんをご覧になって、懐かしく思い出されたのだろうな・・・。

      すると、愛犬は長毛種の大型犬だったのかしら?と父に犬種を尋ねますと、
      伺ったものの、ど忘れしてしまった・・・と。

      片っ端から、犬種名を挙げていきました。

      ピレネー、ニューファン、バーニーズ、レオンベルガー、ボルゾイ、
      セントバナード、シェパード、アフガン、ゴールデン、フラット、
      サルーキーetc...

      短毛犬種も挙げていきましたが、そのどれも違う。
      身近でよく耳にする犬種名だった、と。

      朝の食卓で、思わず私に尋問を受ける形になってしまった父でしたが、
      最終的に「ボクサー」だったことが判明しました。


      ボクサーとラフコリーでは外見も毛色も全く異なりますが、
      それでも、男性には愛犬を懐かしむに十分だったのでしょう。

      どんなに犬との暮らしを望んでも、
      叶わなくなる時が、誰しもいつか来るものだ、と思いました。
      それが大型犬であれば、なおさらに・・・・。

      だから共にいられる今をいとおしみ、感謝して過ごそう、そう思いました。



      (おまけ)

      foodpic7593304_20170323132206619.jpg

      「貴婦人みたい」 「どこぞの国の王様みたい」ともったいない
      お褒め言葉を頂戴した、オラのマント姿でありますが。

      私には「ひざ掛け王子」と呼ばれておりますw
      14 : 17 : 07 | 犬の話題 | page top
      小谷流の里ドギーズアイランドはゴルファー向き!?
      2015 / 11 / 08 ( Sun )
      帰省中、以前から気になっていたドッグランにモフ男と行ってみました。

      foodpic6543895.jpg
      小谷流の里 ドギーズアイランド

      ※小谷流(こやる)と読むそうな。





      foodpic6543871.jpg




      foodpic6543872.jpg




      foodpic6543876.jpg





      foodpic6543870.jpg
      貸切状態で大はしゃぎ。





      foodpic6543873.jpg
      わーい。





      foodpic6543874.jpg

      今回の帰省では、いつもよりちょいと窮屈な思いを強いられたオラ。





      foodpic6543877.jpg
      そんなモフ男のストレス発散にと、綺麗な芝生で思い切り走り回れる
      こちらのランに出向いたのでありました。





      foodpic6543875_20151108115702fd3.jpg

      私自身、ドッグランの利用に関してはかなりの慎重派ゆえ、
      見知らぬワンちゃんと遊ばせることが怖くてできないのでありますが、
      (すまん、モフ男・・・)
      平日の朝一番とあって、貸切り状態で遊ぶことができました♪





      foodpic6543885.jpg
      ランで遊んだ後は、散策コースをてくてくてく。





      foodpic6543882.jpg
      隣接するゴルフ場を眺めながら歩きます。





      foodpic6543887.jpg

      と、言うより。

      ゴルフ場の中を抜けていきます。


      「ファーッ!!」の叫び声が聞こえてきたら、
      飛んでくるゴルフボールに要注意か!?




      foodpic6543888.jpg
      ゴルフ場の中を進むと・・・・・





      IMGP7710.jpg
      眼前に池。






      IMGP7709.jpg
      アヒルさんが日光浴してはりました。


      ゴルフ場(18ホール)を作り、余った敷地に犬と泊まれる施設を
      建てたと思われ。

      東京から車で1時間ちょっとで来れますし、
      ゴルフをなさるご家族は、プレー中愛犬をドギーズアイランドで
      預かっていただき、プレー後は一緒に食事をしてお帰りになれる、と。
      愛犬家のゴルファーさんたちにはなかなか魅力ある施設かもしれません。




      foodpic6543878.jpg

      散策後、もう一度ランでひとっ走りして満足げなオラ。

      よかったよかった。





      ちなみにこちらのドッグラン。

      IMGP7693.jpg

      小型犬エリアが一番広い・・・・・。






      あと・・・・・

      IMGP7737.jpg
      割とお高め。

      ちなみにこちらは平日料金で、休日でしたら4,000円になるのだそう・・・。







      foodpic6543896_20151108201446b05.jpg

      と、いうわけで。

      庶民の我が家は、翌朝はボス君家のご厚意で
      テニスコートで遊ばせていただきました。






      foodpic6543897_201511082014466f6.jpg

      ボスパパさん、どうもありがとうございました!!

      おかげでオラ、楽しくガス抜きできました♪





      が、しかし。



      その帰り道、オラまさかのゲーリー・・・・。

      しかも頻回+血便


      な・・・なんじゃこりゃぁぁぁ!!!




      唯一の心当たりは・・・。

      foodpic6543881.jpg

      前日ドギーズアイランドで水遊びした際、
      池のお水を一口飲んでしまったこと・・・・。


      幸いにも、数年前のドッグラン・ゲーリー事件(※)より
      軽症で済み、アスゾール+整腸剤でだいぶ回復しました。
      (※施設内を流れる川の水をごくごく飲んで翌日ピー)



      モフ男くんに、水遊び禁止例が発動されたのは
      いうまでもありません・・・・。



      せっかくビオラクチス散のお蔭で、やっとこさ10点満点に近いウンチに
      なった矢先だったというに・・・・無念(>_<)





      foodpic6544724.jpg
      本日ホテルに戻るないなや、定位置におさまるオラ。






      foodpic6544722.jpg
      フィン子薬ちゃん、お世話になります。





      foodpic6544726.jpg
      ルビ薬ちゃんもよろしくです♪




      (おまけ)

      foodpic6544728.jpg
      ボス家の大ママさんお手製栗入りお赤飯♪

      早速美味しくいただいております





      (おまけ2)

      foodpic6544730.jpg

      お馬さんのクッキー。可愛い




      今日もお読みいただき、ありがとうございました。
      にほんブログ村 犬ブログ 犬のいる暮らしへ
      にほんブログ村
      paw red

      21 : 05 : 52 | 犬の話題 | page top
      めぐちゃん署名最終報告
      2015 / 10 / 30 ( Fri )
      都内の公園に二度に渡り遺棄されていためぐちゃん裁判に関し、
      全国より2,007通、計64,537名もの署名が寄せられたそうです。

      1926706_1041486269224656_1795252345686886213_n.jpg


      ご家族のフェイスブックに御礼とご報告がアップされましたので、
      以下に全文転載させていただきます。



      〜めぐの署名にご協力ありがとうございました〜

      ご報告が遅れ、ご心配をおかけしていた事と思います。大変申し訳ございません。
      皆様より、2007通・64,537名ものご署名を頂きました。
      北海道から沖縄まで全国の皆様から、また海外からも、多くの方に
      ご署名のご協力を頂きました。
      励ましのお手紙、アドバイス、お気遣いのお言葉など、
      お手紙を読んで沢山涙しました。
      見ず知らずの私、そしてめぐの為に、こんなに親身になり、考えてくださる方々が
      いらっしゃる事、本当に励みになり、心強く感じました。
      また、切手のご支援や、御守り、めぐへのプレゼントも本当にありがとうございます。
      皆様からのあたたかいお気持ちは、めぐの為に、有意義に大切に使わせて頂きます。

      頂いた署名は、嘆願書として先日の期日にて無事に裁判官へ提出させて頂きました。
      『当事者への提出という事は、原告にも署名した名前や住所を
      知られてしまうのでしょうか。それは避けて頂きたい』という声もあり、
      嘆願書は裁判官に確認して頂く、という提出方法をとらせて頂きました。
      簡単に申しますと、原告がご署名頂いたお名前やご住所を確認したり、
      コピーしたりする事はないという事になりますので、同じように
      ご心配頂いていた方がいらっしゃいましたら、どうぞご安心くださいませ。

      裁判は、東京簡易裁判所にて今年の4月から始まっており、数回の期日を経ております。
      そして、私も当初より弁護士を立てております。
      先日の期日では、私の気持ち、考えを裁判官へ直接お話する機会を設けて頂きました。
      今後はこれまでの簡易裁判所での審議ではなく、
      地方裁判所にて審議されていく事が決定し、判決まではまだ時間を要する事となりました。
      今後益々、慎重な裁判になっていく事が予想されます。
      弁護士と相談した結果、こういった形で、私がFacebookに記事を投稿する事は、
      今後差し控えさせて頂く事となりました。
      裁判の結果を出来るだけお伝え出来る様にしたいとは思いますが、
      必ずの約束は出来ません事をご了承くださいませ。
      応援してくださる方や、励まし、ご協力くださる方がいらっしゃる一方で、
      私への誹謗中傷が増えてきた事も事実であり、これ以上の記事の投稿は
      控えるべきと判断せざるを得ませんでした。
      また、事件番号や今後の傍聴可能な期日についても、私から第三者の方へ
      お伝えする事は原告の実名や住所、プライバシーを開示する事にもなり、
      トラブルとなる恐れがあります為、差し控えさせて頂きたく存じます。
      ご心配頂いております皆様へは、大変申し訳なく、心苦しい所ではありますが、
      裁判中である為なお一層、慎重な行動が必要であります事をご理解頂けますと幸いです。
      私事ではありますが、現在私は妊娠中で出産を控えております。
      上記の事をご考慮頂き、私の知人や関係者への問い合わせ等も、
      お控えくださいます様重ねてお願い申し上げます。

      初めは、めぐが遺棄されていた所を目撃した方を捜す目的で、
      Facebookに記事を投稿しました。
      28,000件を越えるシェアと、他SNSやブログでも拡散して頂いたお陰で
      数名の目撃者の方と繋がる事が出来、そして皆様に背中を押して頂く形で、
      嘆願書・署名を集めさせて頂く事となりました。
      今回の裁判がめぐ(犬)が法律上、物であるという事が論点で、
      所有権を争うような内容である為に、皆様からこれをキッカケに(判例として)
      法律が変わって欲しいとのご意見を沢山頂きました。
      私も、本当に本当にそう思います。
      今回の件に、64,537名の方がご賛同頂き、ご署名くださった事実が、
      皆様の想いを、気持ちを物語っています。
      めぐだけではなく、現在の日本では法律上犬が物として扱われており
      先進国として恥ずかしく思います。
      毎日どこかで、人間の身勝手によって犬や猫の命が失われています。
      こんな非情な現実は、続いてはいけません。
      私は皆様に応援して頂き、励まして頂き、ご協力頂きました。
      めぐの件は、裁判ですから、勝訴のお約束は出来ませんし、私も分かりません。
      ですが、私は今後、皆様に頂いた気持ちを、世の中へ恩返ししていきたいと思っています。
      めぐの事がどうなったとしても、小さな命を守る為に、日々一つでも、
      少しでも力になっていきたいと考えています。
      どうかどうか、人間の身勝手で失われる命が一日でも早くなくなりますように
      願ってやみません。

      今回、嘆願書にご協力頂き、ご署名くださった皆様、貴重であたたかいお気持ちを、
      本当にありがとうございました。心から感謝申し上げます。
      皆様からのお気持ちを胸一杯に受け止め、めぐにとって最良の結果となるよう、
      私も家族も最善を尽くしていきたいと思っております。本当にありがとうございました。

      最後に、多数のお友達申請やメッセージを頂いておりますが、
      承認や返信の出来ない状況です。どうぞご理解くださいます様、お願い申し上げます。

      2015年10月28日
       

      12011193_1041486312557985_7758635414619438954_n.jpg



      ご家族は、これからが勝負ですね。

      めぐちゃんとご家族にとって最良の決着がもたらされるよう祈念しつつ、
      今後は静かに見守っていきたいと思います。



      最後に、署名の呼びかけに快く応じ、めぐちゃんとご家族のため、
      惜しみなく協力・ご尽力くださった皆様、本当にどうもありがとうございました!


      07 : 05 : 57 | 犬の話題 | page top
      こんぴら狗にじーん・・・・・
      2015 / 10 / 27 ( Tue )
      foodpic6512367_201510271344384eb.jpg
      昨夜、おやすみ前のフィンちゃん。

      明日の朝は、いつもより早起きしてお散歩ね♪





      foodpic6513771.jpg
      今朝6時。


      お、起こしにくい・・・・。





      foodpic6513773.jpg
      やっと特設ベッドを使っていただけました。

      お泊り8日目にして。





      foodpic6513776.jpg
      まだねむねむバビたん。




      foodpic6513777.jpg
      ショボショボ・・・・。




      foodpic6513779.jpg
      起きて―、そろそろお散歩行きますよー。




      ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


      金毘羅さんのお土産を頂戴しました。

      foodpic6513780.jpg
      開封すると・・・・・




      foodpic6513781.jpg
      可愛いお犬さんつきの御守りが


      「こんぴら狗(いぬ)」という、マスコット的存在なのだとか。



      「こんぴら狗」の存在を初めて知りましたが、その由来にじーん。


      江戸時代、こんぴら参りは「お伊勢参り」と並び庶民の夢の一大イベント。
      どうしても行けない人に代わってお参りする人もいたというほど。
      そして代理参拝を請け負うのは人のみにあらず、ナント
      ご主人様に代わって長旅をして参拝する犬までいたのだとか!

      飼い主は愛犬の首に「こんぴら参り」と書いた袋をさげ、
      中に飼い主の住所氏名を記した木札、初穂料(お賽銭)、犬のエサ代などを
      入れて、讃岐方面へ向かう旅人に預けたのだそうです。

      foodpic6513783.jpg
      根付のこんぴら狗も袋さげてます!





      _H2D1572_L.jpg
      掛軸「金毘羅狗図」より 昭和13年 作者:平林春一 所蔵:金刀比羅宮


      大命を仰せつかった犬は、長い長い道のりを、旅人から旅人へと連れられ、
      街道や宿場の人々にお世話になって目的地である金毘羅宮へたどり着き、
      お参りをすると「御神札」を袋に入れてもらい、再び旅をして飼い主の元へ戻ったのだとか。



      い、いい話やー!!!


      詳しい史料は残っていないようですが、心温まる逸話です。
      江戸時代の庶民の人情、助け合い精神に胸熱・・・・。

      日本、いい国だなぁ・・・。



      しかし、1368段もの階段をのぼって金毘羅宮にお参りした犬たち、
      本当にようがんばったなぁ・・・・とまたもや胸熱。




      foodpic6508034.jpg
      キミは途中リタイア間違いなし。


      ま、それ以前に代参なんぞさせませんな。


      ママさん、どうもありがとうございました!
      ご利益たっぷり詰まった御守り、大切にいたしますね



      (追記)

      金毘羅宮では現在でもペット同伴の参拝が許されているそうな!

      14 : 30 : 49 | 犬の話題 | page top
      | ホーム | 次のページ>>